2017/07← 12345678910111213141516171819202122232425262728293031→2017/09
 +MESSAGE FOR YOU+


いつも,拍手とかブログランキングのクリックとかコメントとかいただきまして,本当にありがとうございます!!大爆笑の記事は大いに笑ってクリック,そうでもない日は温かい気持ちでクリックしていただけると幸いです(笑)


* 更新が途切れ途切れでスミマセン。訪問も途切れ途切れでスミマセン。


*主な登場人物*

長女→高2 長男→中3 末っ子→小6
 
スポンサーサイト  
--/--/--/--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 + トラックバック(-) + コメント(-) + Page top↑
香りの正体  
2013/11/22/21:09
とある朝,長男(反抗期)がリビングに入って来た途端,ものすごいフローラルな香りが漂った。ヘアムースからデオドラントスプレー,ファンデーションに至るまで,我が家のオシャレ番長は常に色んな香りを放っている。・・・が,今回のはなんだか放っておけないくらい濃厚な香り。



私 「なんか臭いよ?何をつけたらこんなニオイになるん?」

長男「ハァ?オレは何もつけてないよ



一旦,末っ子を送り出すがてらゴミ出しをするために家の外に出た。しばらくして玄関を入ると,入った途端に強烈な香りがした。



ちなみに私はアレルギーがあるので,決して鼻はいい方ではない。でも,料理とか末っ子の足のニオイとか芳香剤の香りくらいになるとわかる。



私 「今,玄関入ったら,強烈に臭ったんやけど?何もつけてなくてこんなニオイになるわけないじゃん」

長男「ハ?オレは何もつけてないって。お母様の鼻が腐ってらっしゃるんじゃないですか?」


可能な限り汚い言葉に置き換えて読んでください。


私 「え~?じゃ,玄関の芳香剤の香りかねぇ・・・。ちょっと確かめて来る」


私 「ホラ!コレ,匂ってみーや。違うやろ?玄関の芳香剤の香りを超えて来るって,ものすごいニオイってことよ」


私 「こんなニオイさせて,私立の面接受けに行ったら,確実に落ちるよ。面接のときに『僕は,毛穴からフローラルな香りが噴き出す体質なので』って言わんといけんくなるよ」


長男「オレは何もつけてない



絶対に認めない男。



そして,その香りの正体はわからないまま,何をつけているのか白状しないまま,長男は学校へ行ってしまった。



その日の夕方。末っ子とリビングでテレビを見ていたら,長男が学校から帰って来た。その途端,例の香りが漂い始めた。



私 「ねぇ末っ子?何か匂わん?」

末っ子「う・・・ん。あ!匂う!!オレ,このニオイ好き」

私 「長男が帰って来るまではしてなかったよね」

末っ子「多分」



私 「あんたやっぱりすごいニオイがするって!」

長男「メリットでシャンプーしたけぇよ




だったら家族みんな同じ匂いになるだろ!!



長男は翌日もまた同じニオイを漂わせていた。今まで長男が放っていた香りに比べると,今回の香りはちょっと違う。コロン?香水?高級感さえ感じるような・・・。




なんか私の中で,ピーーーーンと来た。



寝室に置いているドレッサーの引き出しに,20年以上前にだんなからもらった「シャネルの5番」の香水が入れてあったのを思い出した。私は香水なんてつけないので,箱に入れたままほぼ減ることもなく残っていた。




コレか~~!!??



香水の場所を変えて(隠して)みたところ,昨日の朝,長男は何のニオイもさせていなかった。



私 「アラ?長男,今日はメリットで髪洗わんかったん?

長男「・・・・・」



「シャネルの5番」のニオイをプンプン漂わせる中学生男子ってどうなんだろう(爆)



多分,長男は香水の付け方なんて知らないから,た~~~っぷりとつけたんだろうね~。我が家の香水王子は,ホント次から次へと余計なことばかりやってくれる。



 
↑すっかり忘れられた頃に更新(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
スポンサーサイト
子育て + Trackback(0) + Comment(6) + Page top↑
スーパーにて  
2013/11/14/21:56
先日,近くのスーパーへ買い物に行ったときの話。おそらく人手が足りなくて,調理の方からヘルプで若い男の子がレジに入っている列に並んだ。私が商品をピッピッと打ってもらっている間に,すぐ側の通路をおばちゃんが「もう少し待ってね」と言いながら通り過ぎた。この男の子と交代するようだ。



男の子が私のカゴの後ろに「レジ休止」を立てた。



清算を終えて,レジを背にしてバッグに商品を入れていたので,この短い間に何があったのかはわからない。



が,私が並んでいた列の「レジ休止」がなくなっていて,おそらく私の後ろに並んだであろうおじさんの大声が響き渡った。



おじ「何をやっとるんか!!



思わず振り返ると,1人の年配?の男性がレジのおばちゃんに向かって激怒していた。周りのお客さんも何事が起こったのかと遠巻きに様子を見ていた。



おじ「よくこんなババァをレジに置いとるよのぅ!!



おじ「仕事辞めさせたろうか!!



何があったか知らないけれど,たかだかレジでそんな激怒して暴言を吐くような事態に陥ることってある?順番を抜かされたおかげで親の死に目に会えなくなったとか,ガム1個買って「100万円です」と言われたとか,はたまたプライベートで何か猛烈に腹の立つことがあったとか・・・



でも,例えそんなことがあったとしても,「ババァ」は言っちゃダメだろう。



レジで激怒されたおばちゃんなのか,別のおばちゃんなのかはわからないけど,その怒り心頭のおじさんの側でひたすら・・・



おば「申し訳ございません」



と謝罪していた。



おばちゃんが紙袋を渡していたようなので,サービスカウンターで購入した同じ商品を二重にレジで打ってしまったのか。「『こちらへどうぞ』って言われたから,移動したんじゃボケェ」みたいな言葉も聞こえたので,やっぱりレジの順番で怒っているのか。



おめぇのせいで,空気が凍りついとるんじゃボケェ!!



ものすごく気まずい雰囲気。ものすごく重い空気。1秒でも早くこの場から逃げ出したい。この後,どうなったのか見届けることなく,私はスーパーを後にした。ここに斎藤さんがいたら・・・



斎藤「そんな言い方はないでしょう!」



なんておじさんに意見するのかな・・・なんて思いながら。




この後,1日中あのおじさんの「ババァ」「辞めさせたろうか」が頭を離れなかった。第3者の私がそうなんだから,きっと怒鳴られた本人は一生忘れられない記憶になるだろう。



このスーパー,いつも「パート募集」が出ていて,我が家が明日の食事に困るようになったら,最終的にお世話になろうかと思っていたのに,こんな暴言おじさんに「ババァ」なんて罵られた日には・・・



一瞬でメマイが起きて倒れられそう。



よくこんなババァをレジに置いとるよのぅ!!




自分だってジジィのくせに!!



仕事辞めさせたろうか!!




店長か!!



このスーパー,新しくレジを開放する際に,2番目で待っている人・・・には声をかけず,列の後ろの方の人に声をかけるのが前々から気になっていた。野菜もときおり傷んでいることがあるし,お肉を使おうと思ったら,見えない部分に脂身が隠されていることもある。こういう姿勢も社員教育も店長さん次第。



スーパーの方にも改善の余地はたくさんあると思うし,あってはならないようなミスがあったのかもしれないけど,今回のこのおじさんの暴言は許せない。ババァに向かってババァって言ったらおしまいだっつうの。私もババァなだけにジジィの暴言は許せない。



でも,このおじさん・・・



友達も家族も離れて行って1人で寂しいのかも。

認知症が始まって被害妄想があるのかも。

最愛の人を亡くして心がすさんでいるのかも。




いくつになっても,周りの人から嫌われるような生き方はしたくない。NGの人が結構いて,すでに家族から嫌われてアウェー感バリバリの私が言うのもアレだけど,誰だって20年後はどうなっているかわからない。



20年後・・・


私 「今99円ってレジ打ったやろ?98円なんじゃボケが!!店長呼んで来いや~!!」


なんて喚き散らして,周りのお客さんをドン引きさせてたらごめんなさい。




色々考えるうちに,怒りが同情へ変わっていった。



 
↑このとき関わっていたレジのおばちゃん2人,いつも見かけるのに今日はどちらもレジにいなかった・・・。今回,笑う要素ゼロ(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
ひとりごと + Trackback(0) + Comment(10) + Page top↑
紅葉の季節  
2013/11/12/20:44
先週の月曜日。毎年恒例の三段峡へ紅葉を見に行くことになった。いつもは外出を拒否る長女も,秋のこのイベントだけは積極的に参加してくれる。試験期間中の長男(反抗期)が「行かない」と言うのは想定内だったけど,なんと!!出る直前になって末っ子まで「行かない」と言い出した。



だんなは,「行きたくない」子を無理矢理連れて行くのには反対派。一方私は,「行きたくない」と言っても無理矢理連れて行きたい派。やっぱ楽しい家族の思い出作りは大切だから。



とりあえず,車に乗っただんなと長女と私。末っ子にもう1度だけ声をかけようという話になり,私と長女にけしかけられてだんなが声をかけに行った。が,そもそも無理矢理連れて行く気のない人の声かけなんてたかが知れている。案の定,


だんな「『行かん』って



諦めが早すぎる。



私 「もう!!お母さんが行って来る!!」

私 「末っ子~?行こうや~?鶏肉やら団子やら食べられるよ?」

末っ子「別にいい」

私 「面白いって!!行こうや~!!」

末っ子「オレは,自主勉強してゲームしとった方がいい」

私 「じゃ,もし一緒に行ってくれたら,夜にデュエマ30回,人生ゲーム10回,花札10回でどう?

末っ子「行こっかなぁ~」




帰ったら地獄(爆)


で,結局4人で行くことになった。いつも行く水梨駐車場へ向かっていると,「土砂災害による全面通行止め」という看板が出ているのを何回か見かけた。正面入り口からだと三段峡まで途方もなく歩く羽目になるので,正面入り口の駐車場に行くという選択肢はなかった。


途中,トイレ休憩をした深入山グリーンシャワーで,グランドゴルフができるのを発見!!とりあえず,寒いし,疲れるし,深入山も紅葉がとてもキレイだったので,三段峡まで歩くのはまた来年にして,グランドゴルフで遊ぶことにした。



長女「うち,やりたくない」

私 「え~!!みんなでやろうや」

長女「じゃ~,やったら文庫本1冊買ってくれる?

私 「ええよ,ええよ」




「○○したら××する」という交換条件を使うととっても便利だけど,交換条件ナシでは動かない子に育つ(爆)


20131112-1.jpg
「落ちる~~」ってやっている陽気な3人(笑)


打つのは小さい順。物理的にじゃなくて年齢的に。打つ前に「○打目~」と言いながら打つのが我が家のルールなのだけど・・・


私 「あら?お母さん,何打目だったっけ?」

だんな「10打目?」

長女「14打目じゃない?」

末っ子「もう,ギブアップでええじゃん」

私 「違うー!!3打目よ,お母3(おかあさん)打目!!


だんな「ウザ
末っ子「ウザ
長女「ウザ




このアウェー感がたまらない(爆)



この後,深入山に登るとか登らないとかいう話になったけど,遥か山の上の方に見える人たちは下から見たら豆粒のよう。あそこに到達しようと思ったら,どんな地獄を味わうことになるのだろうか・・・考えただけで恐ろしい。100mくらい登ったところで引き返すことにした。



最後は,戸河内インター近くの道の駅で,お楽しみの炭火焼鶏肉とお団子とコロッケを食べて帰った。


20131112-2.jpg
鶏肉。


20131112-3.jpg
団子。


毎年,三段峡まで歩いたご褒美として食べるのだけど,この日はほとんど歩いてもないのに,食べるだけしっかり食べてしまった。最後に食べた脂が滴り落ちていたコロッケは,味は美味しかったけど確実に私のどろどろ血となり肉となったに違いない。



このイベントが終わると,やっと我が家に秋が来る。



 
↑人生ゲーム地獄が続いている。回数を重ねるうちに,「ゴッホの絵を買う(20万ドル)」,「月へ旅行する(24万ドル)」のマスがもっとも危険だと気付く(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
子育て + Trackback(0) + Comment(5) + Page top↑
iPod touch騒動  
2013/11/07/20:25
長男(反抗期)と長女は中学生になってから,iPod touchを購入した。長女の使い方には特に問題がなかったので,長男にも持たせたところ,中2の頃にLINEでテストの答えを教えてしまい,家庭訪問される事態に陥った。そのとき,担任の先生と約束したのが,


リビングでは使わない


後でよくよく考えたら,『リビングでしか使わない』の方がよかった気がしたけど,先生の前で約束したのだから,本人もきちんとこの約束を守るかに思われた。



・・・が,直後にその約束は破られた。



あれから,時が経ち長男も受験生になった。ちょいちょいリビングで隠れて使っていることが発覚する度に,ちょいちょい母子バトルになった。その繰り返しで現在に至っている。



そして,先週の木曜日。事件は起こった。学校から帰って来た長男が,コタツに入って頭からすっぽりコタツ布団をかぶって何かしている。「iPod touchだ」とピンと来た。



私 「ここでやるなっつっとるだろ!!ルールを守れ!!」

長男「ハァ?オレやってないし。温まっとったんだろうが!勝手に決めんな!!」



いきなりブチ切れた長男が,コタツを足でガンッと蹴った。内心「本当にやってなかったとしたら悪かったな」と後悔しかけたけど,口から出て来た言葉は・・・



私 「あんたがいつも疑われるようなことばっかやっとるけぇだろうが!!」

長男「やってもないのにやったって決めつけたのはそっちだろうが!!謝れ!!」

私 「疑われるのは,普段の態度が悪いけぇだろうが!!そっちこそいつもの態度を謝れ!!」




大喧嘩に発展。


そして,しばらくテレビに集中しているフリをしていた。数分後,今度は長男が手を隠すようにコタツ布団の中に入れて,視線がそちらに向いていることに気付いた。おもむろにコタツ布団をはぐった。




やっとるじゃねぇか!!!


今度という今度は,私も頭に来た。「謝れ」まで言って,コタツまで蹴とばして,結局やっていたという。一瞬でも悪かったと思った自分に同情する。今度という今度は,長男が学校に行っている間に,iPod touchを踏みつけて壊してやろうかと本気で考えた。



で,夜にだんなと仮面夫婦会議。ルールを破ったのは初めてではないし,注意しても全然懲りないし,受験生だし,ここはひとつ本気で取り上げた方がいいという結論に。その日の夜のうちに,だんなが長男からiPod touchを取り上げた。



ちょうど中間試験期間に入ったこともあり,文句も言わずに受け入れたように見えた長男。バトルから4日が経った夜のこと。私が先に電気を消して寝ていたところに長男が入って来た。そして,いきなり部屋の電気をつけた。



長男「ハイ!」



長男が投げて来たものは・・・


20131107.jpg
羊毛フェルトの『パンダ』



先日,長男が手芸で『ニワトリ』を作ったときに,『お母さんにも作って』と言ったら,『母さんが一番暇なんじゃん。自分で作れや』とあっさり言われてしまったのだけど・・・



長男「オレ,今すげぇ集中して,1時間で作った」

私 「コレくれるん?」

長男「おぅ・・・」

私 「ありがとう・・・」

長男「・・・ところで,オレのiPod touchはいつ返してもらえるん?




目的が見えた(爆)


試験期間中は返す予定はない。でも,その試験も明日終わる。本人のためにも3月まで渡さない方がいいような気もするが,果たして長男が納得するだろうか。


今日,試験の1日目が終わり・・・


私 「テストどうだった?」

長男「数学がヤバイ。100点かもしれん!!」

私 「スゴイじゃん」

長男「座標の問題が出たんよ。グラフ見て目分量で書いたらビンゴ!!




アホか!!!(爆)



 
↑かわいいパンダに騙されてはいけない(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
子育て + Trackback(0) + Comment(9) + Page top↑
忙しい土曜日  
2013/11/06/21:23
長男(反抗期)たちサッカー部母10名が焼き鳥屋さんで盛り上がった翌日は,とても忙しい1日だった。まず,いつもより早い時間のバスで長女は模試を受けに高校へ。学習発表会の末っ子は,いつも通りの時間に小学校へ。そして長男は,いつも末っ子と一緒に遊びに行っているスポーツセンターの真ん前にある私立高校のオープンスクールへ。


だんなと私は,末っ子の学習発表会を見に行くことにした。春に運動会が終わり,秋に修学旅行が終わり,この学習発表会が6年生にとっては最後の大きなイベントとなる。リコーダーが上手に吹けないのを気にして,前日ギリギリまで練習をしたと言っていた末っ子。



私 「末っ子はステージのどの辺?」

末っ子「紙に書こうか?」

私 「うん」


20131106.jpg
鼻くそみたいな黒い点が末っ子の立ち位置(笑)


私 「向かって右側の方なんじゃね~。アラ??この下の方,体育館の・・・なんて書いとるん?」

末っ子「入口(いりぐち)に決まっとるじゃん!!




『人口』(じんこう)って書いてあるけどね(爆)



だいたい10時55分くらいから6年生の発表があると言っていた。少し早目に行って,場所を確保しなければ。10時半頃体育館に入ると,まだ4年生の発表が行われていた。そして,次は5年生。学年が変わるとき,保護者が入れ替わるので,少しずつ前に出て場所を確保する作戦。


保護者席は,半分から前が観覧席。半分から後ろが撮影席となっていた。私がカメラを持っていたので撮影席に,だんなは観覧席の方に行った。やっと6年生の番!と思って,予定では1番前に躍り出る予定が,他の6年生の保護者も考えることは同じらしく,思ったほど前が空かなかった。



しかも,末っ子の図面に従って,右側の端っこを陣取ったものの,すぐ前にいるおばさんが邪魔~。更に,発表が始まると観覧席の一番後ろのおばあちゃん2人が立って見てるもんだから,写真を撮ると・・・




2人の頭がもれなく写る(爆)



確かに,観覧席では一番後ろかもしれないけど,更に後ろにある撮影席の存在は完全無視。




どいつもこいつも邪魔(爆)



末っ子は,リコーダーは指の動きに怪しい部分があったけど,最初の方に・・・


末っ子「2011年3月11日に起こった


と1人で言う台詞があった。これは,堂々と大きな声で言えていた。合奏曲が『運命』(ベートーベン)で,合唱曲は『それでも生きてゆく』。


夢がなくても
希望がなくても
生きがいがなくても
いつか見つかる・・・




どんな歌詞だ(爆)


悲しい事でも
つらい事でも
報われる日がくる
そう信じている・・・




暗すぎるっっっ(爆)


リコーダーで『運命』を吹くのもどうかと思ったけど,この合唱曲・・・きっととってもいい曲なんだろうけど,後で改めて歌詞を読んで曲を聴いてみると,確かにいい曲なんだけど,聴いた後にものすごく悲しい気持ちになってしまった。もっと未来に向かってハツラツとした元気いっぱいの曲の方がよかった気がする。



 
↑夢も希望も生きがいもない私が聴いたから悲しくなったんだろうか。ちょっと最近メマイとは別の意味で病み気味(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
子育て + Trackback(0) + Comment(4) + Page top↑
+ home + next →
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。