2017/10← 123456789101112131415161718192021222324252627282930→2017/12
 +MESSAGE FOR YOU+


いつも,拍手とかブログランキングのクリックとかコメントとかいただきまして,本当にありがとうございます!!大爆笑の記事は大いに笑ってクリック,そうでもない日は温かい気持ちでクリックしていただけると幸いです(笑)


* 更新が途切れ途切れでスミマセン。訪問も途切れ途切れでスミマセン。


*主な登場人物*

長女→高2 長男→中3 末っ子→小6
 
スポンサーサイト  
--/--/--/--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 + トラックバック(-) + コメント(-) + Page top↑
香りの正体  
2013/11/22/21:09
とある朝,長男(反抗期)がリビングに入って来た途端,ものすごいフローラルな香りが漂った。ヘアムースからデオドラントスプレー,ファンデーションに至るまで,我が家のオシャレ番長は常に色んな香りを放っている。・・・が,今回のはなんだか放っておけないくらい濃厚な香り。



私 「なんか臭いよ?何をつけたらこんなニオイになるん?」

長男「ハァ?オレは何もつけてないよ



一旦,末っ子を送り出すがてらゴミ出しをするために家の外に出た。しばらくして玄関を入ると,入った途端に強烈な香りがした。



ちなみに私はアレルギーがあるので,決して鼻はいい方ではない。でも,料理とか末っ子の足のニオイとか芳香剤の香りくらいになるとわかる。



私 「今,玄関入ったら,強烈に臭ったんやけど?何もつけてなくてこんなニオイになるわけないじゃん」

長男「ハ?オレは何もつけてないって。お母様の鼻が腐ってらっしゃるんじゃないですか?」


可能な限り汚い言葉に置き換えて読んでください。


私 「え~?じゃ,玄関の芳香剤の香りかねぇ・・・。ちょっと確かめて来る」


私 「ホラ!コレ,匂ってみーや。違うやろ?玄関の芳香剤の香りを超えて来るって,ものすごいニオイってことよ」


私 「こんなニオイさせて,私立の面接受けに行ったら,確実に落ちるよ。面接のときに『僕は,毛穴からフローラルな香りが噴き出す体質なので』って言わんといけんくなるよ」


長男「オレは何もつけてない



絶対に認めない男。



そして,その香りの正体はわからないまま,何をつけているのか白状しないまま,長男は学校へ行ってしまった。



その日の夕方。末っ子とリビングでテレビを見ていたら,長男が学校から帰って来た。その途端,例の香りが漂い始めた。



私 「ねぇ末っ子?何か匂わん?」

末っ子「う・・・ん。あ!匂う!!オレ,このニオイ好き」

私 「長男が帰って来るまではしてなかったよね」

末っ子「多分」



私 「あんたやっぱりすごいニオイがするって!」

長男「メリットでシャンプーしたけぇよ




だったら家族みんな同じ匂いになるだろ!!



長男は翌日もまた同じニオイを漂わせていた。今まで長男が放っていた香りに比べると,今回の香りはちょっと違う。コロン?香水?高級感さえ感じるような・・・。




なんか私の中で,ピーーーーンと来た。



寝室に置いているドレッサーの引き出しに,20年以上前にだんなからもらった「シャネルの5番」の香水が入れてあったのを思い出した。私は香水なんてつけないので,箱に入れたままほぼ減ることもなく残っていた。




コレか~~!!??



香水の場所を変えて(隠して)みたところ,昨日の朝,長男は何のニオイもさせていなかった。



私 「アラ?長男,今日はメリットで髪洗わんかったん?

長男「・・・・・」



「シャネルの5番」のニオイをプンプン漂わせる中学生男子ってどうなんだろう(爆)



多分,長男は香水の付け方なんて知らないから,た~~~っぷりとつけたんだろうね~。我が家の香水王子は,ホント次から次へと余計なことばかりやってくれる。



 
↑すっかり忘れられた頃に更新(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
スポンサーサイト
子育て + Trackback(0) + Comment(6) + Page top↑
紅葉の季節  
2013/11/12/20:44
先週の月曜日。毎年恒例の三段峡へ紅葉を見に行くことになった。いつもは外出を拒否る長女も,秋のこのイベントだけは積極的に参加してくれる。試験期間中の長男(反抗期)が「行かない」と言うのは想定内だったけど,なんと!!出る直前になって末っ子まで「行かない」と言い出した。



だんなは,「行きたくない」子を無理矢理連れて行くのには反対派。一方私は,「行きたくない」と言っても無理矢理連れて行きたい派。やっぱ楽しい家族の思い出作りは大切だから。



とりあえず,車に乗っただんなと長女と私。末っ子にもう1度だけ声をかけようという話になり,私と長女にけしかけられてだんなが声をかけに行った。が,そもそも無理矢理連れて行く気のない人の声かけなんてたかが知れている。案の定,


だんな「『行かん』って



諦めが早すぎる。



私 「もう!!お母さんが行って来る!!」

私 「末っ子~?行こうや~?鶏肉やら団子やら食べられるよ?」

末っ子「別にいい」

私 「面白いって!!行こうや~!!」

末っ子「オレは,自主勉強してゲームしとった方がいい」

私 「じゃ,もし一緒に行ってくれたら,夜にデュエマ30回,人生ゲーム10回,花札10回でどう?

末っ子「行こっかなぁ~」




帰ったら地獄(爆)


で,結局4人で行くことになった。いつも行く水梨駐車場へ向かっていると,「土砂災害による全面通行止め」という看板が出ているのを何回か見かけた。正面入り口からだと三段峡まで途方もなく歩く羽目になるので,正面入り口の駐車場に行くという選択肢はなかった。


途中,トイレ休憩をした深入山グリーンシャワーで,グランドゴルフができるのを発見!!とりあえず,寒いし,疲れるし,深入山も紅葉がとてもキレイだったので,三段峡まで歩くのはまた来年にして,グランドゴルフで遊ぶことにした。



長女「うち,やりたくない」

私 「え~!!みんなでやろうや」

長女「じゃ~,やったら文庫本1冊買ってくれる?

私 「ええよ,ええよ」




「○○したら××する」という交換条件を使うととっても便利だけど,交換条件ナシでは動かない子に育つ(爆)


20131112-1.jpg
「落ちる~~」ってやっている陽気な3人(笑)


打つのは小さい順。物理的にじゃなくて年齢的に。打つ前に「○打目~」と言いながら打つのが我が家のルールなのだけど・・・


私 「あら?お母さん,何打目だったっけ?」

だんな「10打目?」

長女「14打目じゃない?」

末っ子「もう,ギブアップでええじゃん」

私 「違うー!!3打目よ,お母3(おかあさん)打目!!


だんな「ウザ
末っ子「ウザ
長女「ウザ




このアウェー感がたまらない(爆)



この後,深入山に登るとか登らないとかいう話になったけど,遥か山の上の方に見える人たちは下から見たら豆粒のよう。あそこに到達しようと思ったら,どんな地獄を味わうことになるのだろうか・・・考えただけで恐ろしい。100mくらい登ったところで引き返すことにした。



最後は,戸河内インター近くの道の駅で,お楽しみの炭火焼鶏肉とお団子とコロッケを食べて帰った。


20131112-2.jpg
鶏肉。


20131112-3.jpg
団子。


毎年,三段峡まで歩いたご褒美として食べるのだけど,この日はほとんど歩いてもないのに,食べるだけしっかり食べてしまった。最後に食べた脂が滴り落ちていたコロッケは,味は美味しかったけど確実に私のどろどろ血となり肉となったに違いない。



このイベントが終わると,やっと我が家に秋が来る。



 
↑人生ゲーム地獄が続いている。回数を重ねるうちに,「ゴッホの絵を買う(20万ドル)」,「月へ旅行する(24万ドル)」のマスがもっとも危険だと気付く(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
子育て + Trackback(0) + Comment(5) + Page top↑
iPod touch騒動  
2013/11/07/20:25
長男(反抗期)と長女は中学生になってから,iPod touchを購入した。長女の使い方には特に問題がなかったので,長男にも持たせたところ,中2の頃にLINEでテストの答えを教えてしまい,家庭訪問される事態に陥った。そのとき,担任の先生と約束したのが,


リビングでは使わない


後でよくよく考えたら,『リビングでしか使わない』の方がよかった気がしたけど,先生の前で約束したのだから,本人もきちんとこの約束を守るかに思われた。



・・・が,直後にその約束は破られた。



あれから,時が経ち長男も受験生になった。ちょいちょいリビングで隠れて使っていることが発覚する度に,ちょいちょい母子バトルになった。その繰り返しで現在に至っている。



そして,先週の木曜日。事件は起こった。学校から帰って来た長男が,コタツに入って頭からすっぽりコタツ布団をかぶって何かしている。「iPod touchだ」とピンと来た。



私 「ここでやるなっつっとるだろ!!ルールを守れ!!」

長男「ハァ?オレやってないし。温まっとったんだろうが!勝手に決めんな!!」



いきなりブチ切れた長男が,コタツを足でガンッと蹴った。内心「本当にやってなかったとしたら悪かったな」と後悔しかけたけど,口から出て来た言葉は・・・



私 「あんたがいつも疑われるようなことばっかやっとるけぇだろうが!!」

長男「やってもないのにやったって決めつけたのはそっちだろうが!!謝れ!!」

私 「疑われるのは,普段の態度が悪いけぇだろうが!!そっちこそいつもの態度を謝れ!!」




大喧嘩に発展。


そして,しばらくテレビに集中しているフリをしていた。数分後,今度は長男が手を隠すようにコタツ布団の中に入れて,視線がそちらに向いていることに気付いた。おもむろにコタツ布団をはぐった。




やっとるじゃねぇか!!!


今度という今度は,私も頭に来た。「謝れ」まで言って,コタツまで蹴とばして,結局やっていたという。一瞬でも悪かったと思った自分に同情する。今度という今度は,長男が学校に行っている間に,iPod touchを踏みつけて壊してやろうかと本気で考えた。



で,夜にだんなと仮面夫婦会議。ルールを破ったのは初めてではないし,注意しても全然懲りないし,受験生だし,ここはひとつ本気で取り上げた方がいいという結論に。その日の夜のうちに,だんなが長男からiPod touchを取り上げた。



ちょうど中間試験期間に入ったこともあり,文句も言わずに受け入れたように見えた長男。バトルから4日が経った夜のこと。私が先に電気を消して寝ていたところに長男が入って来た。そして,いきなり部屋の電気をつけた。



長男「ハイ!」



長男が投げて来たものは・・・


20131107.jpg
羊毛フェルトの『パンダ』



先日,長男が手芸で『ニワトリ』を作ったときに,『お母さんにも作って』と言ったら,『母さんが一番暇なんじゃん。自分で作れや』とあっさり言われてしまったのだけど・・・



長男「オレ,今すげぇ集中して,1時間で作った」

私 「コレくれるん?」

長男「おぅ・・・」

私 「ありがとう・・・」

長男「・・・ところで,オレのiPod touchはいつ返してもらえるん?




目的が見えた(爆)


試験期間中は返す予定はない。でも,その試験も明日終わる。本人のためにも3月まで渡さない方がいいような気もするが,果たして長男が納得するだろうか。


今日,試験の1日目が終わり・・・


私 「テストどうだった?」

長男「数学がヤバイ。100点かもしれん!!」

私 「スゴイじゃん」

長男「座標の問題が出たんよ。グラフ見て目分量で書いたらビンゴ!!




アホか!!!(爆)



 
↑かわいいパンダに騙されてはいけない(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
子育て + Trackback(0) + Comment(9) + Page top↑
忙しい土曜日  
2013/11/06/21:23
長男(反抗期)たちサッカー部母10名が焼き鳥屋さんで盛り上がった翌日は,とても忙しい1日だった。まず,いつもより早い時間のバスで長女は模試を受けに高校へ。学習発表会の末っ子は,いつも通りの時間に小学校へ。そして長男は,いつも末っ子と一緒に遊びに行っているスポーツセンターの真ん前にある私立高校のオープンスクールへ。


だんなと私は,末っ子の学習発表会を見に行くことにした。春に運動会が終わり,秋に修学旅行が終わり,この学習発表会が6年生にとっては最後の大きなイベントとなる。リコーダーが上手に吹けないのを気にして,前日ギリギリまで練習をしたと言っていた末っ子。



私 「末っ子はステージのどの辺?」

末っ子「紙に書こうか?」

私 「うん」


20131106.jpg
鼻くそみたいな黒い点が末っ子の立ち位置(笑)


私 「向かって右側の方なんじゃね~。アラ??この下の方,体育館の・・・なんて書いとるん?」

末っ子「入口(いりぐち)に決まっとるじゃん!!




『人口』(じんこう)って書いてあるけどね(爆)



だいたい10時55分くらいから6年生の発表があると言っていた。少し早目に行って,場所を確保しなければ。10時半頃体育館に入ると,まだ4年生の発表が行われていた。そして,次は5年生。学年が変わるとき,保護者が入れ替わるので,少しずつ前に出て場所を確保する作戦。


保護者席は,半分から前が観覧席。半分から後ろが撮影席となっていた。私がカメラを持っていたので撮影席に,だんなは観覧席の方に行った。やっと6年生の番!と思って,予定では1番前に躍り出る予定が,他の6年生の保護者も考えることは同じらしく,思ったほど前が空かなかった。



しかも,末っ子の図面に従って,右側の端っこを陣取ったものの,すぐ前にいるおばさんが邪魔~。更に,発表が始まると観覧席の一番後ろのおばあちゃん2人が立って見てるもんだから,写真を撮ると・・・




2人の頭がもれなく写る(爆)



確かに,観覧席では一番後ろかもしれないけど,更に後ろにある撮影席の存在は完全無視。




どいつもこいつも邪魔(爆)



末っ子は,リコーダーは指の動きに怪しい部分があったけど,最初の方に・・・


末っ子「2011年3月11日に起こった


と1人で言う台詞があった。これは,堂々と大きな声で言えていた。合奏曲が『運命』(ベートーベン)で,合唱曲は『それでも生きてゆく』。


夢がなくても
希望がなくても
生きがいがなくても
いつか見つかる・・・




どんな歌詞だ(爆)


悲しい事でも
つらい事でも
報われる日がくる
そう信じている・・・




暗すぎるっっっ(爆)


リコーダーで『運命』を吹くのもどうかと思ったけど,この合唱曲・・・きっととってもいい曲なんだろうけど,後で改めて歌詞を読んで曲を聴いてみると,確かにいい曲なんだけど,聴いた後にものすごく悲しい気持ちになってしまった。もっと未来に向かってハツラツとした元気いっぱいの曲の方がよかった気がする。



 
↑夢も希望も生きがいもない私が聴いたから悲しくなったんだろうか。ちょっと最近メマイとは別の意味で病み気味(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
子育て + Trackback(0) + Comment(4) + Page top↑
楽しいひととき  
2013/11/05/20:09
先週の金曜日,夜7時半過ぎから近くの焼き鳥屋さんで,長男(反抗期)たちサッカー部母による『追っかけお疲れ様会』が行われた。実際,夏の中国大会や市総体で負けた直後は,悔しくて悔しくて愚痴る要素がたくさんあったけど,さすがに2ヶ月以上も経つとそんな気持ちもすっかり冷める。普段から試合の応援に行っていた10名の母たちが集まった。


だいたい,長男(反抗期)の悪事を聞くのは,友達のお母さんからと相場が決まっている。この日も,長男と同じクラスのJ(イケメン)母から早速・・・


J母「子どもたちが『すたみな太郎』に最後の打ち上げ行ったじゃん?あの日,うちの子と長男がシュークリームの投げ合いしたらしいよ



バカヤロウだな・・・


J母「うちの子,夜の12時から手芸しよったんよ。ゾウさん作りよった。長男も何か作りよるって聞いたけど」

私 「ハァ?長男が手芸??やっとるとこ見たことないよ。うちの子はキリンかね?」

J母「多分長男と一緒に作っとるって言っとったと思うけぇ聞いてみて」




長男が手芸,ないわ~(爆)


夏のあの日負けた悔しさも,今となってはすっかり冷めたと思っていたけど,試合の話になるとやっぱり悔しさが蘇って来る。蘇り過ぎてまた火が付いてしまった。




クソ悔しい~~!!!(爆)



そして,受験生の母たちは高校の話へ。選抜Ⅰ(公立高校の推薦)や私立の専願(私立を1つしか受験せず,公立がダメだった場合には必ずそこに行く代わりに,合格のボーダーラインが一般入試より低く設定されるもの)は,長男の成績でも可能であるなら,ぜひともお願いしたいものだが・・・



Y母「校長先生がかなり厳しいらしくて,普段の行いが悪かったり,過去に何か問題を起こしとったりすると,受けさせてもらえんらしいよ。1つ上の学年の子は,私立高校からサッカーの特待生として推薦の話が来て,親もかなり頼んだらしいけど,過去に何かやったらしくて,校長先生がビシッと断ったんて。結局一般で受けて入学したけど,特待生だったら授業料も免除だったのにね」



普段の行いが悪い・・・過去に何か問題・・・



それは,LINEでテスト問題を教えて家庭訪問されたり,美化委員なのに早朝清掃をサボったり,課題テストをバラバラにして捨てたり,シュークリームの投げ合いをしたりとか・・・そういうことだろうか。




心当たりがあり過ぎる(涙)



志を同じくする母たちが集まるとおしゃべりは尽きない。1人21時過ぎに合流した母もいて,結局お開きになったのは深夜0時半を過ぎた頃。こんな夜遊びをしたのは久しぶりだ。


翌日の土曜日は,長女は模試,長男は私立高校のオープンスクール,末っ子は学習発表会。早く寝ないと・・・と思っていた1時半頃,J母からメールが届いた。


J母「今日は楽しかったね!ちなみに長男の手芸は,『ニワトリ』らしい(笑)受験生,何を考えているのやら。遅くにごめんね」




『ニワトリ』って(爆)



で,翌日・・・長男がオープンスクールに出発する前,


私 「ねぇ,Jと一緒に手芸しよるって本当?」

長男「ハァ・・・?」

私 「昨日Jのお母さんに聞いたよ。ニワトリ作ったって本当?見せて~」



最初はしらばっくれようとしていた長男だけど,おもむろにニヤニヤしながら制服のポケットから家の鍵を出した。鍵には長男作の『ニワトリ』が付いていた。



20131105-1.jpg



ギザカワユス(爆)



20131105-2.jpg



背中のオペ痕が痛々しい(爆)



 
↑長男の意外な趣味発見!!イヤイヤイヤイヤ,縫ってないで勉強しようや(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
子育て + Trackback(0) + Comment(5) + Page top↑
目指す場所  
2013/10/30/20:59
長男(反抗期)は,中3で受験生。ちょっと前に塾で受けた模試の結果が返って来た。



長男「英語がクソみたいな点だった



と言っていた英語の点は,なんと!!




衝撃の9点!!(爆)


100点満点で9点て・・・3つしか○がないって・・・偏差値35.3て,こんな低いの初めて見た。クソみたいなんじゃなくて,もはやクソ以下。



長男「でも,1つ前の模試の英語の点はよかったけぇ」

私 「じゃ本番で,今回と同じ問題が出たらどうするん?チーーーンじゃん


長男「チーーーン

末っ子「チーーーン




終わったな(爆)



総評のところに「夏休みに頑張った成果があらわれる頃です(以下省略)」とか書いてあったりして・・・




夏休みに頑張っていない人に,成果があらわれるわけないか(爆)



この間も,長男が部屋にこもって夕飯の時間にも声をかけたけど下りて来ない。22時を過ぎてから下りて来たので,


私 「何?今まで一心不乱に勉強しとったん?」

長男「オレもそのつもりだったんやけど,一心不乱に寝とってビビった~。ベッドで本を読みよったら,いつの間にか寝とった」




ベッドで本て・・・寝る以外の目的が見当たらない(爆)



第1志望の高校のレベルを上げた挙げ句がこのザマだ。公立高校に入って欲しいのは親の都合だけど,「オレは公立も私立も落ちたらどうなるん?」なんていう後ろ向きな発言を聞くと,心の底からガッカリする。



一生懸命頑張った結果,第1志望の高校がダメなら仕方がない。でも,今の長男を見ていると,どうひいき目に見ても頑張っているようには見えないし,落ちるべくして落ちるみたいな。長男の目指す場所はどこにあるんだろう。




その一方で,末っ子と私は無駄にスゴイことを始めた。土日だけでは飽き足らず,平日までスポーツセンターへ卓球をしに行ってたりして。末っ子が学校から帰って来る16時半頃から18時頃まで,火曜日はスポーツセンターがお休みで,木曜日はテニス教室があるので,月・水・金。



末っ子「オレら,世界を目指しとるんかねぇ?



オレらって・・・




私は間に合うかな~(爆)




あんまり頻繁に通っているものだから,スポーツセンターの人に『回数券』や『定期券』の購入を勧められた。回数券は11枚つづりが10回分の値段で買えるというもの。早速購入したのだけど,こういうのって・・・



買った途端に飽きるパターンじゃね?(笑)



今日,受付で回数券を利用してみた。


受付「今日は,何をされますか?」

私 「卓球・・・よね?」

末っ子「えー!!オレ,バドミントンがいい」

私 「卓球で世界を目指すって誓い合ったじゃん!!卓球やろ~,ここは」



受付の人,顔を伏せて大爆笑(爆)



末っ子「でも,オレはバドミントンがしたい」

私 「えー!!バドミントン疲れるって。じゃ,バドミントンで世界目指すん?」

受付「フフフ,今日はバドミントンされて,難しいようでしたら,次回は卓球をされたらどうですか?」

私 「では,バドミントンで・・・」



案の定,卓球の数倍は疲れるバドミントン。汗だくのヘトヘトになって体育館の中心部で大の字になってひっくり返ったとき,ふと隣のコートで4人の中・高校生くらいの男の子たちもバドミントンをやっているのに気付いた。その中の1人が黒いTシャツを着ていて,その背中にはピンクの文字で・・・



私は褒められて伸びるタイプです



と書かれていた。わかるわぁ~,私もそういうタイプだから(笑)



30分も打ち合っていると,末っ子が「疲れた~もう帰ろう」とかふざけたことを言い出した。回数券を購入したので,1回分は無料の計算にはなるけど,30分で帰るなんてもったいない。しかも,思ったように上手く打てなかったようで機嫌も悪くなり,「卓球だったらお母さんに勝てるのに」「やっぱり卓球にしとけばよかった」などとブツブツ言い出す始末。



だからあのとき言ったじゃん!!


黙って18時まで打てやーー!!



末っ子と私の目指す場所はどこにあるんだろう(笑)




 
↑卓球がすごく上手くなったと勝手に思い込んでいたけど,バドミントンをしながら卓球台の方を見ると,ものすごい勢いでラリーをしている年配の人たちがいて,この人たちを差し置いて世界には行けないと気付く(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
子育て + Trackback(0) + Comment(9) + Page top↑
アナログな日々  
2013/10/29/21:31
体調は随分とよくなったものの,やはりパソコンの画面を見ていると,ふと気が遠くなる瞬間がある。そこで最近は,パソコンでブログを読む代わりに読書をしたり,花札や人生ゲームや卓球をして遊ぶようになった。



日曜日の夜,家族で人生ゲーム対決をすることになった。長女だけは頑なに「やりたくない」と拒否ったので,だんなと長男(反抗期)と末っ子と私の4人での対決。ボードゲームなんてホント久しぶりだ。


20131029-1.jpg


だんなの車(コマ)が私と同じマスに止まって追突で1万円とか,あれやこれやと支払いがかさんで,だんなが早々に約束手形を持つ羽目になると・・・



だんな「お前は現実世界だけじゃなくて,ゲームの世界でまでわしの邪魔をするんか~」





どういう意味だ(爆)



我が家にあるのは「人生ゲームEX」なのだけど,ところどころに『しかえし』という恐ろしいマスがある。


20131029-2-1.jpg



自分が止まる分には大歓迎だが・・・もし,自分以外の誰かがこのマスに止まったら,10万ドルを奪われるか,1回休みにされる危険があるという。ただでさえ,仲が良いとは言えない家族なのに,こんな仕打ちをされたらますます・・・




人間関係が悪化する(爆)




この『しかえし』のマスにだんなが止まった。


だんな「(迷わず)母さん,10万ドルちょうだい」




最低(爆)




職業「アイドル」だった私が途中で「今の職業が自分に合っていないと気づく。職業カードを返しフリーターになる」というマスに止まったら,だんなが大爆笑。



20131029-2-2.jpg




だんな「お前,ホント仕事に向いてないんやな~」



その直後,「医者」に転職したばかりのだんなが「職を捨てて旅に出る。フリーターになる」マスに止まった。今度は私が大爆笑。


だんな「散々お前のこと笑ったら,自分がフリーターになってしもうた。神様っておるんやなぁと思った



この後,末っ子までフリーターになって・・・




4人中3人がフリーターという,現実だったら勘弁して欲しい事態に(爆)




いつも思うけど,どうしても納得いかないのが,「隣のよしみで右隣の人と家を交換する」マス。普通,どんなに仲良くなっても,隣の人と家は交換しない。だんな(マンション)と長男(戸建)が,隣のよしみで家を交換していた。



最後の最後のマスで,長男と一緒にバカンスで月に行って25万ドルの支払い。後1つでゴールというところまで来て,なんで月まで行ったかな~(爆)



終わってみれば結構盛り上がって楽しかった。理科の課題を一生懸命やっていた長男を誘った甲斐があった。人生ゲームで遊んだり,卓球で汗を流したり・・・




アナログもなかなか面白い(笑)



 
↑序盤はだんなが借金地獄,私が無実の罪でだんなに仕返しされて,長男が地味に子だくさん,最終的には末っ子が億万長者って,なんか笑える(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
子育て + Trackback(0) + Comment(10) + Page top↑
4時間  
2013/10/28/19:50
日曜日の朝,末っ子がまだ寝ている間にだんなは仕事に出かけた。だんなも卓球に誘う予定だったのに。長女はいつもの場所で,いつものように,まったりすることをこよなく愛しているので誘うだけ無駄。長男(反抗期)は塾なので誘っても無理。・・・っていうか,むしろ受験生を誘ってはいけない。



結局,休日に暇を持て余すのは末っ子と私。



先日卓球に行った際に,昼食や休憩で一旦体育館を出て,再び卓球をする分には別料金がかからないと聞いた。ただし,スポーツセンターの駐車場から出てしまったらアウトだそうな。今までは1時間半くらい遊んだら帰っていたけど,どうせ同じお金を払うならと,この日はパンやおにぎりや飲み物を持参して,1日中卓球をして遊ぶことに決めた。



11時半頃到着。ちょうどスポーツセンターの真ん前にある野球の名門(甲子園の常連)校のグラウンドで,野球ではなくサッカーの試合が行われていた。卓球に飽きたら駐車場から試合観戦もできそうだ。例え長男が出ている試合でなくても,どこの高校が試合をしているのかわからなくても,どちらが勝っているかわからなくても,試合を観ているだけでなんだかワクワクする。



すっかり受付の人に顔を覚えられている末っ子と私。



受付「今日は何をされますか?ミニテニスですか?」

私 「卓球をお願いします」



そして,指定された番号の卓球台へ。試合をしたり,ラリーをしたりすること1時間。



昼休憩。



あまり卓球ばかりしても飽きるので,ここぞとばかりに高校のサッカーの試合を観に行った。が,長男の試合ですら興味が全くなかった末っ子が,黙って試合観戦に付き合ってくれるはずもなく・・・



末っ子「ちょっと,早くして~」

末っ子「卓球せんなら帰ろうや~」

末っ子「緑(ユニフォーム)の方がシュートしたら卓球しに行こう」



と,散々持参したお菓子を食うだけ食って,飲むだけ飲んだ挙げ句に言うから腹立つ。



再び,受付でレシートを見せて卓球台へ。途中で軽く休憩を入れながら2時間。すでに15時半になっていた。





4時間経過(爆)



このくらい続けて打ち合っていると,最初の頃は取れなくて当たり前だった球も,「ソレ,拾っちゃう!?」っていうくらい上手になっている自分たちがいた。そして上手になっていくにつれて痛くなって来るのが・・・




足の裏(爆)



相変わらず,普段着に裸足で罵り合いながら打ち合っている母子。上手くなっているとは言っても,結局は打ち方も自己流,ルールも自己流で,どこまで行っても素人の域を出ない。でも,ひょっとしたら素人の上の方にはいるかも。



ずっと,末っ子に付き合って卓球で遊んであげていると思っていたけど,今となっては私の方が末っ子様に遊んでいただいているのかもしれない。全然勝てないわけではないけど,もう5回に1回くらいしか勝てなくなった。




子どもの成長は嬉しいけど,それ以上にめちゃめちゃ悔しい(爆)



それにしても,足の裏がヒリヒリ,ヒリヒリして痛い。家の中を移動するのにも苦労する。試しにだんなに・・・


私 「今年はサンタさんに,体育館シューズをお願いしようかな~」

だんな「わかった」



ちょっと待ったーーー!!そんなに簡単にOKが出ると思わなかった。




やっぱりもっといいものにする!!(爆)



 
↑もうなんか更新も途切れ途切れで・・・全然ブログ訪問もできてなくてスミマセン。卓球でムキになっている時間だけは,老後の不安も同居の恐怖も忘れられる(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
子育て + Trackback(0) + Comment(5) + Page top↑
+ home + next →
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。