+MESSAGE FOR YOU+


いつも,拍手とかブログランキングのクリックとかコメントとかいただきまして,本当にありがとうございます!!大爆笑の記事は大いに笑ってクリック,そうでもない日は温かい気持ちでクリックしていただけると幸いです(笑)


* 更新が途切れ途切れでスミマセン。訪問も途切れ途切れでスミマセン。


*主な登場人物*

長女→高2 長男→中3 末っ子→小6
 
スポンサーサイト  
--/--/--/--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 + トラックバック(-) + コメント(-) + Page top↑
11年目の真実  
2012/11/24/10:14
注意 ≫ 
つぎのじょうけんに1つでもあてはまるおこさんは,このきじをぜったいよまないでね。


* おとうさんやおかあさんといっしょに,おふろにはいっている。

* おきにいりのたおるやぬいぐるみがあって,いっしょにねている。

* しょうらいのゆめが「かめんらいだー」「ぷりきゅあ」「がっちゃまん」。



・・・・・・・・・・・・



ここからは,大人な内容(笑)





我が家では,小学校5年生になったら,サンタさんの正体をバラすことに決めている。長女のときもそうだったし,長男のときもそうだった。ただ,上の2人のときは明らかにもう知っていて,だんなが真実を伝えたときも,

だんな「もう,知っとるとは思うけど・・・」

みたいな話し方だった。もちろん上の2人はすでに知っていた。



末っ子もサンタさんの話になると,疑うような目をして,

末っ子「ホントはお父さんなんでしょ?」

と言ってくることはあった。でも,末っ子の場合,疑いながらも「どこかで絶対信じとるだろ感」が濃厚。昨年も,


末っ子「サンタさんは来る前に眠りの粉をまいて,子どもを寝かせてから来るから,絶対に見れんのんよ」


などと言っていたし。



例年,この時期になると,子どもの欲しいものの値段によって,サンタさんでも買えそうなものに変更を促すのが私の仕事だった。今年は早いうちから末っ子は「iPod touch」をサンタさんにもらうと言っていた。


12月になると,だんなの仕事が忙しくなり,クリスマスプレゼントを買いに行く日がなくなるということで,急きょこの3連休で買いに行くことになった。そこで,いよいよ末っ子に真実を話すときが・・・



だんなと30分くらいどっちが話すか譲り合いをした後,だんなが,


だんな「末っ子・・・?」

末っ子「(ゲームをしながら)なーに?」

だんな「あのね,うすうすは知っとると思うけど,実はサンタさんは・・・」

末っ子「・・・・。・・・・うん?何?」

だんな「サンタさんは,お父さんなんよ」

末っ子「(伏せたまま動かず)・・・・」

だんな「知っとったやろ?」

末っ子「う,うん。し,知っとった・・・。と,友達が言っとったし・・」



動揺隠し切れず(笑)



私 「末っ子,サンタさん信じとったでしょ?」

末っ子「うん・・・」


この後,こっそり私にコソコソ声で・・・


末っ子「長女と長男は?知っとるん?」

私 「うん。知っとるよ。長女も長男も5年生のときに言ったけぇ」

末っ子「えーーーー!!(驚)」

私 「2人とも知っとったけど,末っ子に言わずにずっと黙っとってくれたんよ。だから,末っ子は5年生までサンタさんを信じることができてよかったね♪」

末っ子「ねぇ・・オレがお父さんになったら,子どもに言わんといけんのん?」



その心配,今するー!?(爆)



末っ子「お母さん,オレの友達3人と『サンタさんおると思う人?』って言ったとき,3人ともみんな手を挙げたよ。12月まで言うの待ってくれたらよかったのに・・・次にそんな話になったらどうしよう」


隠し事ができないタイプ(笑)


私 「へ~,友達も信じとるんじゃ~」

末っ子「友達に教えんといけん!!



それは絶対に言っちゃダメなパターンのヤツだろ・・・



真実を知ったときの,末っ子の落ち込み方が半端なかったので,かわいいやらかわいそうやらでちょっと泣きそうになった。サンタさんってやっぱりいるんだね。純粋な子どもの心の中に。



 
↑自分の書いた記事,読み返して涙出てきたけど~(爆)年を取ると涙もろくなっていけねぇな。2クリック,応援よろしくお願いします♪
スポンサーサイト
子育て + Trackback(0) + Comment(25) + Page top↑
+ home +
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。