+MESSAGE FOR YOU+


いつも,拍手とかブログランキングのクリックとかコメントとかいただきまして,本当にありがとうございます!!大爆笑の記事は大いに笑ってクリック,そうでもない日は温かい気持ちでクリックしていただけると幸いです(笑)


* 更新が途切れ途切れでスミマセン。訪問も途切れ途切れでスミマセン。


*主な登場人物*

長女→高2 長男→中3 末っ子→小6
 
スポンサーサイト  
--/--/--/--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 + トラックバック(-) + コメント(-) + Page top↑
選手権大会市大会(第2回戦)  
2013/06/08/21:56
今日は,お昼から長男(反抗期)たちサッカー部の選手権大会市大会第2回戦が行われた。まず今回の問題は,試合会場が車で1時間弱の中学校で,かなり遠いということ。だんなが仕事でいなかったので,私が自力で運転して行かなければならないということ。



市大会からはトーナメントになるので,今日の試合で負けたら,全国大会出場の夢も「市」から出ないままで終わってしまう。市大会は,同点の場合はPKとなる。長男が昨日,「PKの練習をした」と言っていたのを思い出して・・・



私 「どうしよう~!もしPKになったら・・・ああ!!ドキドキする~!」

長女「PKって『パンツ食い込む』?」




違ーーーーう!!!(爆)



私 「なんなん?『パンツ食い込む』って」

長女「女子高生がPKっつったら,『パンツ食い込む』の略なんよ~」




マジかーーー?(爆)




結局,地図をプリントアウトして,末っ子をナビゲーターに雇い(任天堂プリペイドカードを買いに寄るという条件で),自力で運転して応援に行くことにした。


左に曲がりたいのに,直進の車線に入ってしまい,左の車線に割り込んでみたり,意に反してバイバスを途中で降りてみたり,バイパスを途中で降りたせいで道がわからなくなり,2回も3回も曲がる羽目になったり,そんなに難しい道ではないはずなのに,着いたときにはすでに大仕事を終えたような疲労感だった。


20130608.jpg


試合は14時30分に始まった。対戦相手は,市立N中学校。一応スタメンの長男。でも,腰がまだ完全に治っていないようだったので,ちょっと心配はしていた。案の定,試合が始まってから,腰の辺りをずっと手で押さえている。どうやら,腰に貼っていた湿布がはがれそうになって,ゲームパンツを両手で下げて貼り直そうとしている感じ。



そういうことは・・・



試合前にやっとけ!!



大事な試合中に,腰にずっと手を当てて,おまけにゲームパンツを上げたり下げたりしているもんだから,15分くらいであっさり交代。



何をやっとるんだ,一体・・・



そして後半,やっぱり出てないなぁと思ったら,始まってすぐに交代で出て来た。やっと腰の湿布をはがしたらしい(笑)そして後半の途中,相手のゴール付近で,敵味方がもつれあっていたとき,運よく長男の目の前にボールがコロリンと・・・すかさずシュート!!!




ゴ――――ーーール!!




棚ぼたゴールを決めた(爆)



そして,後半も終了間際,また交代で出て行った。世間広しと言えども,こんなに試合に出たり引っ込んだりする選手はいない。


イヤ,正確には長男の他にも1人いた。相手チームの襟足の長い背番号7番もまた,出たり入ったりしていた。



母A「あの7番の子,襟足長いよね」

母B「あんなに伸ばして,校則違反じゃないんかねぇ?」

母C「あ,襟足くん,交代になったね」

私 「アレ?襟足くん,また出て来たよ~」


末っ子「お母さんたち,最低でしょ!!(笑)」




襟足くん,プレーよりも髪型で本日の主役(笑)



≪試合結果≫

vs市立N中学校 4-0(長男得点 勝ち)



明日の3回戦(準々決勝)に勝てば,県大会出場が決まる。負けると,5位決定戦(負けた4チームの中の1チームのみ県大会出場)になるので,更に2回勝たなければならなくなる。


昨日は,試合と試験の狭間で揺れていた私だけど・・・今はやっぱり・・・




試験<試合



クラブ活動で燃え尽きるのもまた青春じゃない?結局,中途半端に燃え尽きて,行く高校がないってパターンは,あまりにも怖すぎるけど(汗)



 
↑何はともあれ,今日の試合はパンツ(P)が食い込ま(K)なくてホントよかった(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
スポンサーサイト
子育て + Trackback(0) + Comment(6) + Page top↑
+ home +
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。