+MESSAGE FOR YOU+


いつも,拍手とかブログランキングのクリックとかコメントとかいただきまして,本当にありがとうございます!!大爆笑の記事は大いに笑ってクリック,そうでもない日は温かい気持ちでクリックしていただけると幸いです(笑)


* 更新が途切れ途切れでスミマセン。訪問も途切れ途切れでスミマセン。


*主な登場人物*

長女→高2 長男→中3 末っ子→小6
 
スポンサーサイト  
--/--/--/--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 + トラックバック(-) + コメント(-) + Page top↑
末っ子の長い1日  
2013/06/14/21:50
6時40分に長女が家を出て,5分が経った頃・・・だんなはダイニングの椅子に座り靴下を履いている,長男(反抗期)はまだ夢の中,私はリビングのソファに座って長男のデイリーノートをコッソリ読んで笑っている,そんな時間に末っ子が2階から降りて来た。


昨日,末っ子は熱を出して早退したので,今日は学校を休ませるつもりだったのに,こんなに早く起きて来るなんて。そんなことを思った次の瞬間!!



だんな「母さん!!末っ子が大変!!倒れた!!救急車!!救急車,呼んで!

私 「は??何???」


慌ててだんなの元へ行く。だんなに抱きかかえられた末っ子。




意識がない!!



私 「何??大丈夫??」

だんな「早く!!電話して!!」

私 「(急いで子機を手に取って)・・・・アレ???何番やったっけ?

だんな「119!!早く!!」



普段から役立たずな私だけど,いざというときはもっと役立たず



女性「消防ですか?救急ですか?」

私 「救急です」

女性「ご住所をお願いします」

私 「広島市○○区・・・」

女性「○○○○さん(←だんなの名前)のお宅で間違いありませんか?」

私 「ハイ」

女性「どうされましたか?」

私 「小6の男の子なんですが,倒れて意識がないんです」


だんなの方を見ると,末っ子は目をパチパチして意識が戻っていた。


私 「あ!意識は戻ったようです」

(この間,もっと詳しく状況を聞かれた気がするけど忘れた)

女性「では,今から向かいますので,玄関を開けてお待ちください」



救急車が到着するまでの15分くらいの間に,急いで保険証を用意して,急いで着替えて,急いで歯を磨いて,急いで顔を洗って・・・髪の毛をなんとかするのを忘れたことに気付いたのは,病院から戻って来てからだった・・・。



ピ~ポ~ピ~ポ~ピ~ポ~



隊員「どうされましたか?」

だんな「起きて来て冷蔵庫を開けて牛乳を注いでいるときに,前側に寄りかかるように倒れました。白目になっていて意識がありませんでした」

隊員「それは何秒くらい?」

だんな「10秒くらいかな・・・」



倒れたときの状況,熱が出た時間,飲んだ薬,持病があるかどうか,とにかくしつこいくらい同じようなことを聞かれた。私が救急車に乗って,だんなは後から車で来ることになった。




人生3度目の救急車!!



交通規則を守って車で行くと,30分以上かかる病院なのに,救急車で行くとおよそ15分で到着。末っ子,救急車の中で,隊員さんの質問に答えられるくらいに回復していた。そして,小児科の先生の診察。



先生「お話を聞いた限りでは,熱性けいれんではなく,貧血や立ちくらみのような症状だと思われます」

私 「関係あるかどうかわかりませんが,4日くらい前に『膝が痛い』と言うので,湿布を貼って寝たらよくなったんです。そしたら今度は,『股関節が痛い』と言って,びっこを引いて歩くので,熱が下がったら外科に連れて行こうと思ってたんです」

先生「稀に股関節の炎症から熱が出ることもありますが,こちらには専門の医師がおりませんので,また整形外科の方で診てもらってください。今日は念のため,心電図と脳のCTと血液検査をして帰られますか?」

私 「では,よろしくお願いします」



心電図が終わり,脳のCTを撮っている間に,だんなが病院に到着。血液採取の後,点滴をしているときに,心電図と脳のCTの検査結果を伝えに来られた。


先生「心電図は問題ありません。脳の方も,腫瘍などもなく綺麗でした。これなんですが,外側が骨,内側が脳味噌・・・」



血液検査の結果が出るまでに1時間かかるというので,点滴をしながら待つことに。このとき,末っ子も随分と元気になっていた。


20130614.jpg


私 「先生がさっき脳のCTの説明に来たじゃん?『外側が骨,その内側が脳味噌・・』って言われたとき,よっぽど『脳味噌,普通より少なめですかね?』って聞こうかと思った」

だんな「・・・バカ!!」

末っ子「お母さん,ちょっと黙って!血圧が上がる



待ち時間がたっぷりあったので,



私 「末っ子のクラスで流行っとる,マジカルバナナやろう!」

末っ子「マジカルバナナ♪バナナと言ったら,黄色♪」

だんな「黄色と言ったら,信号♪」

私 「信号と言ったら,3色♪」


(中略)


末っ子「速いと言ったら,救急車♪

だんな「救急車と言ったら,末っ子♪

私 「末っ子と言ったら,点滴♪




やめようや,この流れ(爆)



末っ子「もう1回行くよ!バナナと言ったら,黄色♪」

私 「黄色と言ったら,たくあん♪」


(中略)


だんな「かわいいと言ったら,アイルー♪」

末っ子「アイルー(←ぬいぐるみの顔が平べったい)と言ったら,ぺちゃん(←ぺったんこという意味)♪」

末っ子「ぺちゃんと言ったら,お母さん♪

末っ子「お母さんと言ったら,ぺちゃん♪




ただの悪口やろーー!(爆)



先生「血液検査の結果ですが,特に問題な数値は出ていませんでした。ただ,股関節の痛みが気になりますので,できれば今日のうちに,お近くの整形外科に行かれた方がいいと思います」

私 「ハイ,この後整形外科に連れて行きます。ありがとうございました」



検査をいっぱいしたので,1万円近くかかった。帰りはだんなの車で。家に帰ると,牛乳を入れながら倒れた末っ子がまき散らした牛乳を拭くという仕事が待っていた。洗濯物を干して,遅めの朝ごはんを食べて,今度は外科へ。



~ To Be Continued ~



 
↑長くなりそうなので,続きは明日のこの時間,この場所で(笑)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
スポンサーサイト
子育て + Trackback(0) + Comment(14) + Page top↑
+ home +
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。