+MESSAGE FOR YOU+


いつも,拍手とかブログランキングのクリックとかコメントとかいただきまして,本当にありがとうございます!!大爆笑の記事は大いに笑ってクリック,そうでもない日は温かい気持ちでクリックしていただけると幸いです(笑)


* 更新が途切れ途切れでスミマセン。訪問も途切れ途切れでスミマセン。


*主な登場人物*

長女→高2 長男→中3 末っ子→小6
 
スポンサーサイト  
--/--/--/--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 + トラックバック(-) + コメント(-) + Page top↑
ご近所物語の罠2  
2013/06/21/20:58
*本日の記事は,大変デリケートな内容です。中には,読まれて嫌な気持ちになる方もいらっしゃるかもしれません。特に,「マルチ」とか「宗教」とかいう言葉で暴動を起こしそうな方は,絶対に読まないでください。



ご近所物語の罠の続き。



近所の奥様たちが集まってのお茶会,第1回目は問題なく楽しめたけど,第2回目にしてマルチ商法の商品を勧めてくる母がいて,つくづくご近所付き合いは油断できないと感じた。


第2回目のお茶会は,H母宅で行われたのだが,あのときの参加メンバーは・・・


Mさん(子なし)
R母 (大1男)
私  (高2女・中3男・小6男)
H母 (中1女・小4女・年少男)
S母 (中1女




マルチ商法の商品を勧めて来たのは,H母とS母なのだけど,このH母は本当にS母のことを心から崇拝していて,問題の商品も「自分の子どもに使ってすごくよかったから」と信じ切って,周りの人にも勧めている感じ。H母には悪意がないから,余計に始末が悪い。


S母は,私とはあまり面識がない。だから,お茶会に来ていることにまずビックリした。あのときの会話をちょっと思い出してみた。


H母「○○(←私の名前)さんは,なんで仕事辞めたん?」

私 「去年の1月の終わりに,メマイが起こって入院したの知っとる?」

H母「ええええ!?」

私 「ちょっと仕事がしんどかったんだと思う。私って,本当はいい人じゃないのに,人からはいい人だと思われたいんよね。で,色々我慢しとったら病気になった。ストレスって溜めると病気になるよ」

R母「わかるわかる~。私もそういうタイプ」

S母「私は人からどう思われても気にしない。他人(ひと)は他人(ひと),自分は自分だから



このくらいの強い意思を持っているからこそ,平気でマルチ商法をご近所さんに勧められるわけね



このお茶会の後,H母が私の家に来て,「S母家でこの前の商品の体験会をするから来ない?」と誘われた。体験会の2日前にH母にメールで・・・


私 「体験会は遠慮しておきます。せっかく誘ってくれたのにごめんね」


と断った。その後,H母とは何度も顔を合わせているけど,別に断ったことを気にしている様子もなかった。周りの人の証言によると,この商品の大元であるS母,どうやら幹部のニオイがする。


だんな様以外の男性が家の中に段ボールをいくつも運び込んでいたり,スーツ姿で大きなスーツケースを持って泊まりがけで勉強会に行ったり・・・。



この商品が話題になった第2回のお茶会以来,




お茶会の話は一切なくなった(爆)




さて,同じ班にOさんという人がいた。過去形なのは,何年か前に離婚して出て行かれたから。このOさん,前に一度近くのスーパーで偶然出会ったのだけど,再婚して近所のマンションに住んでいるらしく,4人目(上2人は前のだんなの子)を妊娠しておられた。このときは,当たり障りのない話をして別れた。


今週の月曜日,末っ子のMRI検査から帰って来たのが16時頃。すごく疲れていたので,リビングにいた長男(反抗期)に,


私 「ちょっと30分くらい2階で寝て来る」


と言って,2階のベッドに向かった。そして,横になって3分経ったか経たないうちに,長男が2階にやって来て,


長男「母さん,誰か来た!」

私 「誰かって誰?」

長男「Yって人」

私 「Y??誰ソレ??」


居留守を使うわけにも行かなくなり,超不機嫌な感じで玄関のドアを開けると・・・元Oさんが下2人の子を連れて立っていた。


私 「ええ?久しぶり~!!」

Yさん「Yって言ってもわからんかなぁって思ったんやけど・・・」

私 「そうよ,誰かと思った~!そういや,産まれたんやねぇ?名前は?」

Yさん「Yって言うんよ」

私 「(男の子でも女の子でも通用する名前だったのでつい・・)え?男の子??」

Yさん「女の子なんよ~」

私 「なんか,ごめん・・・。よく見たら,かわいい花柄の服着とるね。色が青だったけぇ・・・ごめんね




謝れば謝るほどドツボ(爆)



私 「で,今日はどうしたん?」

Yさん「ねぇ,○○(←私の名前)さん,選挙行かん?

私 「ハァ~??」

Yさん「次の参議院選挙で,××党から比例代表で▽▽▽▽って人が出るんやけど,投票お願いできんかね?」

私 「××党ってことは,Yさん▼▼▼▼(←宗教)なん?」

Yさん「そうなんよ~」




ヒィィィ~!!怖すぎる!!



この後,ものすごくどうでもいい話を30分くらいして帰られた。


Yさん「また,選挙の前に来るねぇ~


と言い残して。




イヤ,絶対来んでええわ!!(爆)



私のところに訪ねて来るご近所さん,こんな人ばっかり。私はそんなに簡単に高額な商品を買ったり,宗教どうでもええのに××党に票を入れたり,怪しげな祭壇を買ったり,100万円の壺を買ったりせんっつうの!(爆)



 
↑末っ子の熱がうつったのか,私にしては珍しく38.2度の熱が出た。ブログは更新できても,家事はできないっていう状態(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
スポンサーサイト
ひとりごと + Trackback(0) + Comment(16) + Page top↑
+ home +
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。