+MESSAGE FOR YOU+


いつも,拍手とかブログランキングのクリックとかコメントとかいただきまして,本当にありがとうございます!!大爆笑の記事は大いに笑ってクリック,そうでもない日は温かい気持ちでクリックしていただけると幸いです(笑)


* 更新が途切れ途切れでスミマセン。訪問も途切れ途切れでスミマセン。


*主な登場人物*

長女→高2 長男→中3 末っ子→小6
 
スポンサーサイト  
--/--/--/--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 + トラックバック(-) + コメント(-) + Page top↑
天国から地獄へ  
2013/08/06/22:33
*本日の記事は,子育てに迷ったダメ母の愚痴です。笑えません。笑っている場合ではありません。笑いに来てくださった方は,申し訳ありませんが,またの日の記事をお楽しみに。今日の記事は読まないでください。




昨夜,長男(反抗期)は夕方塾から帰ると,結構機嫌よく中国大会へ向けて荷物の準備をしていた。持ち物に名前を書いたり,「○○はどこにある?」「ハイ,これ買っといたよ」みたいな感じで和やかな時間が過ぎていた。



長男「洗濯用の洗剤は?」

私 「液体洗剤を使っとるけぇ,持って行くのが難しいんよね。ちょっと洗剤の試供品がないか探してみる」



そして,洗剤が置いてある洗面台のところへ行き,どこかに入ってないか探してみることにした。まず洗面台の下の収納。滅多に開けることがないのだけど,そこには・・・



男のメンズビオレが。



横の収納も滅多に開けることがないのだけど,そこには・・・



ストレートヘア用スプレーが。



あちこちの収納から,長男のものらしきオシャレアイテムが見つかった。



最後に,鏡(三面鏡)の後ろの収納を探した。前回実家に帰ったときに,実母からもらって来た「BBクリーム」が箱のまま入れてあった。ふと持ち上げると軽い・・・。シールを剥がした跡があり,慌てて中を確認するも中身が入っていなかった。今使っているクリームを使い切ったら使おうと思っていたのに。


つい先日,四十九日の法要の朝も,お化粧ポーチの中からファンデーションが消えていることに気付いて,「ない,ない」と大騒ぎした。車でお化粧をするつもりで,長男を呼びに行っただんなに「『ファンデーション返して』って伝えて」と言うと,「鏡の後ろにあったよ」と言って持って来てくれた。散々探してなかったのに,そんなはずはない。明らかに誰か(=長男)が,私が騒ぐのを聞いてから戻している。



長男が「ニキビ隠しのためにファンデを使っている疑惑」が随分と前からあって,ここのところまた,私は使っていないのに減るという事態が発生していた。リキッドファンデだったり,パウダーファンデだったり。



今回,実母からもらったBBクリームが箱だけになっているのも,今までのことを考えると絶対に長男が犯人だ。「人のものを勝手に使う」その神経がまずおかしいし,「必要なら長男用のを買ってあげるから,お母さんのを使わんで」と何度も言っている。しかも,使っているのは明らかなのに,その事実を決して認めようとしない。



今までの色んなことが頭を巡って,怒りが頂点に達した。ダイニングで準備をしている長男に・・・


私 「(空箱を見せながら)コレ,中身返して」

長男「知らん」

私 「知らんわけないじゃん。あんたくらいしか使う人おらんし」

長男「知らん」

私 「とにかく今すぐ返せー!!」


と言いながら,手のひら程度の大きさの空箱を長男の背中に向かって投げつけた。




長男が,ブチ切れた。



長男「知らんって言っとるだろうが!!」


と言いながら,私の左の二の腕(肩に近い辺り)を思い切りグーで殴って来た。




痛ーーーーっっっ!!!



あまりの痛さに思わずうずくまって,そして涙が出た。しばらくして,



私 「人のものを勝手に使うのは,あんたしかおらんやろ!!そして,お母さんが『ない』って言ったら,コッソリ戻して人のせいにするんよね?もうあんたのやり方はわかっとるんよ」



同じ場所をグーで殴り返した。お互いにかなりヒートアップしている。



長男「オレが使ったって証拠見せろ!」

私 「じゃ,あんたが使ってないっていう証拠を見せろ!」


ここでしばらく不毛な言い合いが続く。売り言葉に買い言葉,もう誰も止められない。そして,更に怒った長男がスツールを持って投げて来た。その後,アイロン台を蹴って来た。私には当たらなかったが・・・


私 「足をそんなことに使うヤツは,絶対に本番で失敗する!」

長男「もう試合,絶対見に来るな!!




私が一番カチンと来る言葉。



私 「下手クソのくせに!!下手さ加減を笑いに行ってやるわ!!




長男が一番カチンと来る言葉。



そしてついに長男,思い切りダイニングの壁を蹴って・・・穴を開けた。



ここでだんなに電話して,一部始終を説明した。殴られた場所がズキズキして青くなっていた。


だんな「わかった。帰ってから,中国大会に行けんくらいにボコボコにするわ」



23時。だんなが帰って来た。長男は,私との激しいバトルの後,自分の部屋に行っていた。だんなは私の青くなった腕と壁に開いた穴を見て,長男の部屋へ。


だんな「&%$+#$%!!!」


下からでは何を言っているのかわからなかったけど,相当大きな声で怒鳴っていた。20分くらいしてだんなが降りて来た。


だんな「ブチ回したよ。今回は,母さんを殴ったことと,壁に穴をあけたことを怒った。ぶち手が痛い。わしの手のひらが腫れたわー。痛いーー」


だんなの手のひらは真っ赤で,関節がところどころ水ぶくれのようになっていた。




私を殴った長男をブチ回しただんなの手が腫れるっていう。




世間広しと云えども,中国大会出発の前日に,こんな最悪な夜を迎えた中学生が他にいるだろうか。でも,悪いものは悪い。それが中国大会の前日であろうと,全国大会の前日であろうと,世界大会の前日であろうと,悪いものは悪い。今まで悪いことをしても叱られず,反省する機会のなかった長男は,母親をバカにし,父親は聞いているフリをすれば誤魔化せるくらいに思っている。こんな大ごとになる前に,何度も叱るチャンスはあったのに。



叱る力のない母親と,叱って気まずくなりたくない父親。



中1の頃,長男は一生懸命だった。


長男「母さん,オレ今日の練習,すげぇ上手く行った。試合に出してもらえるかもしれん」


と嬉しそうに報告してくれたあの日。レギュラーになるために,朝練に夜練に一生懸命だった。



いつしかレギュラーで試合に出るのが当たり前になり,先日の県大会では全試合得点という奇跡も起こした。周りの先生や友達から「スゴイ」「おめでとう」とチヤホヤされていい気になっている。朝練はサボるし,友達は待たせるし,平気でうそをつき,ルールも破る。背が伸びて,彼女ができて,オシャレにもなったけれど,



ひたむきに頑張っていたあの頃の方が,今より何倍もカッコよかったよ。




今朝。長男はだんなに起こしてもらい,私とは一言も会話することなく,中国大会に向けて出発して行った。




明日の試合(予選リーグ)の対戦相手が決まった。


第1試合 T中学校(鳥取3位)

第2試合 S中学校(岡山2位)



広島1位のプライドに賭けて,絶対に負けるわけにはいかない。・・・なんて,試合への意気込みを普通なら延々書いているはずだけど,もはや長男を応援したいのか,ぎゃふんと言わせたいのか,大好きなのか,大嫌いなのか,愛しているのか,憎んでいるのか,なんだかもうわからなくなって来た。



 
↑ものすごく楽しみにしていた中国大会の観戦,こんなに気まずい状況になろうとは・・・我が家はいつもそう(爆)鳥取旅行のため,1日・2日更新お休みします。次の記事は笑って更新できますように。2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
スポンサーサイト
子育て + Trackback(0) + Comment(21) + Page top↑
+ home +
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。