+MESSAGE FOR YOU+


いつも,拍手とかブログランキングのクリックとかコメントとかいただきまして,本当にありがとうございます!!大爆笑の記事は大いに笑ってクリック,そうでもない日は温かい気持ちでクリックしていただけると幸いです(笑)


* 更新が途切れ途切れでスミマセン。訪問も途切れ途切れでスミマセン。


*主な登場人物*

長女→高2 長男→中3 末っ子→小6
 
スポンサーサイト  
--/--/--/--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 + トラックバック(-) + コメント(-) + Page top↑
北斗の拳  
2013/09/30/22:02
超テレビっ子の末っ子。暇さえあれば,ひかりテレビで見放題のアニメを見ている。ちょっと前には,「メジャー」「トムとジェリー」「進撃の巨人」などにハマり,現在はなぜか「北斗の拳」にハマっている。「北斗の拳」と言えば,私が中学生の頃にアニメが放送されていて,多分毎週見ていたと思うけど,細かい内容までは覚えていない。



私が人の名前を覚えられないのは年齢的なものだと思うが,末っ子が人の名前を覚えられないのはやはり脳みそ的なものだろうか。



末っ子「あの赤い髪のリズっていう女の子おるじゃん?」



リンならおったと思うが(笑)



末っ子「あの北斗って強いよねぇ

私 「北斗って・・・ケンのこと?」

末っ子「そうそう!」



ケンシロウのことを北斗と呼ぶ人は少ない(爆)



私 「お母さんも,ユリアみたいにラオウ(←シンをラオウだと勘違いしている)に連れて行かれたらどうしよう~」

末っ子「残念~!!誰も助けに行かんよ」

私 「イヤ,きっとお父さんが来てくれるよ!!『アタタタタタワチャー!!』とか言って敵を倒しながらね」

末っ子「最初の敵で,肉離れ起こしそう




現実は厳しかった(爆)



末っ子とアニメを見ていると,突然あり得ないことを言い出す。全109話(今ひかりテレビで見られるのが)まである「北斗の拳」。12話くらいまで見たところで,いきなり・・・


末っ子「もう109話見ん?」

私 「なんで一気に飛ばすん!?」




13話~108話をぶっ飛ばそうとする(爆)



1話~108話までの色んなエピソードがあっての109話じゃん!!どうせ見るなら全部見ようぜ?ケンシロウ,バット,リンと長い旅を共にしてから最終回見ようぜ?




ひょっとして・・・




もう,飽きた・・・?(汗)




最近,我が家でよくある風景。PCをしたり家事をしたりしていると,ついつい出てしまうのが鼻歌。



私 「盗んだバイクで走り出す~♪タラランランランララ~♪タラランランランララ~♪タラランランランララララルル~♪15の夜~♪(by尾崎豊)」

末っ子「・・・・・」


私 「く~だらねぇとつ~ぶやいてぇ~♪タラララランララララ~ラン♪タラランランランリラ~♪タラランランランララ~♪今宵の月のように~♪(byエレファントカシマシ)」

末っ子「もう,お母さん!!歌詞がわからんなら歌わんで!!




古い曲は歌詞を忘れているし・・・



そうかと言って,




新しい曲は歌詞が覚えられない(爆)



 
↑やっぱり末っ子も「北斗の服は毎回破れるのに,また同じの着とるね~」と不思議がっていた(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
スポンサーサイト
子育て + Trackback(0) + Comment(14) + Page top↑
3人でミニテニス  
2013/09/29/21:13
とりあえず,末っ子はハマるとしつこい。今日もスポーツセンターで,私と末っ子にだんなまで加わって,3人でミニテニスをして来た。最初は,末っ子vsだんなと私。1対1だとすぐに疲れるけど,2人で相手をすると疲労感も半分。ある程度打ち合った後は,やはり1対1の勝負開始!!



私vs末っ子。審判はだんな。


末っ子にポイントが入ると・・・

だんな「サービスタイム♪只今,得点は2倍!!


私にポイントが入ると・・・

だんな「残念タイム♪只今,得点は2分の1!!




審判が敵!!(爆)



今日も1時間半くらい遊んだら,だんなも私も汗だくのヘトヘトになったので,帰ることにした。試合となると,ちょっと無理してでもボールを走って取りに行ってしまうので,疲れ方が尋常じゃない。私とだんなが交互に末っ子と対戦したけど,やっぱり小6は元気いっぱい!!


20130929.jpg


自販機でジュースを買わずに,ウォータークーラーで我慢したので,今日こそきっとガリガリに痩せたはず(笑)



帰りの車の中で,


末っ子「やっぱりオレが一番上手かった。お母さんが一番下手!」

私 「イーヤ,今日は本気出さんかったけぇ。やっぱりお母さんが一番上手いよね」

だんな「そうやって,人と比べて上手いとか下手とか言うけぇ,喧嘩になるんよ!!」

私 「そうよ,そうよ!昨日の自分に勝てばええんよ!!」

だんな「お前に言っとるんよ!!




・・・アラ,ヤダ(爆)



昨日,今日と本来なら長男たちサッカー部が出場し,そして本来なら優勝するはずだった県総体が行われていた。本当は,今日笑顔で引退するはずだったのに・・・1ヶ月も早く引退しやがって。


さて,長男たちサッカー部が市総体の2回戦で敗れた相手=広島市立O中学校は,昨日県総体の1回戦で負けていた。


ヒヒヒ…


だから,あのとき無理しないで勝ちを譲ってくれていたら,県大会2連覇していたかもしれないのに。あっさりと1回戦で負けたりなんかして。


ヒヒヒ…


私 「県総体,福山市立J中学校が優勝しとったよ!」

長男「知っとる」


自分たちが負けたら,もう興味がないのかと思ったら,長男(反抗期)もしっかり結果をチェックしていた。でも,やっと県総体が終わったので,これで親も子も総体の呪縛から解放される。O中も1回戦で負けたことだし。


ヒヒヒ…




最近,性格の悪さが前面に出て来て困る(爆)



 
↑試合で負けても受験で勝てばいい!!でも・・・なんかそれが一番無理っぽい~(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
子育て + Trackback(0) + Comment(13) + Page top↑
ミニテニス再び  
2013/09/28/21:31
先週,末っ子と一緒にスポーツセンターでミニテニスをやった。末っ子,えらく気に入ったみたいで,また今日2人で行くことになった。他に行くところはないのか。他にやることはないのか。


なんせ,数日前にメマイでグルングルン頭が回ったばかりなので,今日もやってる最中に目が回ったらどうしようという不安はあった。でも,メマイが起こるのは気分的なものもあるので,「自分が好きなことをするときは大丈夫」と言い聞かせて,思い切って行くことにした。


スポーツセンターの目の前にある,私立の甲子園常連K高校は,本日体育祭で盛り上がっていた。


長男(反抗期)が来年ここに入学することになりませんように・・・



今日は,大体育館でバドミントンの大会が行われていたため,小体育館しか使えなかった。1回打つごとに,天井が回ってないか確認。無理して走って取るのは止めておいた。


硬式テニスのようにサーブを思いっきり上から打ったり,ボレーやスマッシュを決めたりして,いつものように2人でワイワイやっていると・・・どこからともなく,スポーツセンターの女性が現れて・・・



女性「ミニテニスのサーブは,ワンバウンドさせてから打つんですよ。全てのボールをワンバウンドさせてから打ちます。後のルールは,硬式テニスと同じです」

私 「そうなんですか!?」

女性「ボレーやスマッシュも直接打つのはダメなんです」



全然,知らなかった(爆)



2人が好き放題やってるのを見るに見かねて教えてくださったんだろうか。お恥ずかしい。



私が打っている場所の後ろが卓球場になっていて,末っ子がビヨ~~ンと大きく打つと,仕切りとして立ててある低いフェンスを越えて,簡単に卓球場の方にボールが入ってしまう。その度にいちいちフェンスをズラして取りに行かないといけない。私が入ろうとしてフェンスの隙間に挟まっていると・・・



末っ子「お母さん,デブいけぇ入れんの?




おめぇが取りに行け~!



待っている人がいるときは,1時間で次の順番の人と交代することになっている。途中で給水タイムにしようかと思ったけど,限られた時間なら続けてやって一気に休んだ方がいい。ところが,1時間経っても放送もかからないし,誰も呼びに来ない。いくら涼しくなって,体育館の中だからと言って,さすがに疲れて来たので,休憩を取ることに。



出入り口付近のコートでは,本格的なママさんたちが,バドミントンのダブルスの試合をしていた。コートの側を歩きながら・・・


私 「真剣勝負っぽいけぇ,絶対邪魔したらダメよ」

末っ子「わかった」


卓球場との仕切りのフェンスの側を邪魔にならないように通り過ぎる。その瞬間,


ガツッ!!!


末っ子「あいたー!!


末っ子がフェンスの足につまづいた。


私 「あはははははは。何やっとるん~」


この直後,体育館を出たところの受付の前を通り過ぎるとき,


ガツッ!!!


私 「あいたー!!


今度は私が,受付のところのフェンスの足につまづいた。


末っ子「わははははははは。人のこと笑えんじゃん」



こういうのを『バチが当たる』と言う(爆)



フェンスの足,どんだけ高さがあるかと思えばほんの数cm。足をどんだけあげて歩いてないんだって話。バドミントンをしたときには,両足親指の皮がむけて痛かったけど,今回はこのとき打った足の裏がいつまでもヒリヒリして痛かった。



私 「そろそろ終わる?」

末っ子「じゃ,最後1回ね」

私 「失敗して終わったら,明日に繋がらんけぇもう1回!」

末っ子「オレだってそうだし」



今日もまた,こんな会話を20回くらい繰り返してやっと終わった。1時間半くらいミニテニスをしたけど,グルグルと頭が回ることもなく,いい汗を流してスポーツセンターを後にした。



スポーツセンターを出ると,目の前にある私立の甲子園常連K高校は,まだまだ体育祭で盛り上がっていた。


長男(反抗期)が来年ここに入学することになりませんように・・・



我が家がお金持ちなら私立でも全然いいのだけど,ひたすら経済的な理由から,なんとか公立に入って欲しい。その長男,昨日はテストがいくらか戻って来たようで・・・


私 「テストはできたん?」

長男「数学がヤバかったんだって。みんなできんかったって」

私 「それは,みんなできんかったのに,長男だけできたけぇヤバいっていう話?」

長男「なわけないじゃん」

私 「とりあえず,テスト終わった後が大事よ!テレビばっかり見んで,勉強せんと~!!」

長男「まだ時間あるじゃん・・・。母さんは一体何を求めとるん?」



全教科100点(爆)



長男「オレさ~,家庭科頑張っとったじゃん?『新生児の体重』書くところで,3000kgって書いて三角だった



重っっっ(爆)



で,長男は夕方から塾を休んで優雅にお祭りに行っている。人が勉強しているときに勉強しないんだから,人が勉強しないときにこそ勉強すればいいのに,それができたら勉強ができないわけがないわけで,それができないから勉強ができないわけで・・・って長い(爆)



 
↑ちょこちょこ他のことしながらやけど,ブログ書くのに2時間くらいかかる。こんな暇な人他におる?(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
子育て + Trackback(0) + Comment(3) + Page top↑
気まずい相手  
2013/09/27/21:33
* 完全に悪口です。苦手な方は読まないでください。





誰にでも1人や2人,イヤ・・・3人や4人くらいは,気まずい相手がいるものだ。私なんて気まずい相手を作らないように作らないように生きて来たつもりが,気が付けば1人増え2人増え・・・。そういう気まずい相手に限って,買い物に行けば会い,病院に行っても会い,もうどこに行っても会える気がする(笑)



今日は,そんな私にとっての天敵=Oさんの話。



まだ末っ子が幼稚園に入る前のこと。色々あって,Oさんとかなり気まずい状況になった。私は最初気まずいなんて思っていなくて,陽気に手を振ったりしていたのだけど,完全に無視されるようになって初めて,これは気まずい状況だと気付いた。この数年後,末っ子が小学校に入学すると,なんとOさんの息子と5分の1の確率で同じクラスに。しかも,出席番号が前後っていうオプション付き。



末っ子が1年生の年は,給食試食会がPTCとして行われることになった。文化部の行事として行われていた年は,参加者はそんなに多くなかったのだけど,PTCともなると親はほぼ全員が参加する。最初は,給食関連のビデオを見て,後半は親子で一緒に給食を食べる。



先生「今から給食を食べますが,ここの教室では狭いので,半分は別教室に移動していただきます」



確か6年生の修学旅行と日程が重なっていたので,クラスの半分は6年生の空いている教室に移動することになった。



先生「前に席順を貼りますので,その席に座って食べてください」



黒板に貼られた座席表を見て,思わず白目になって気を失いそうになった。




Oさんの真ん前(爆)



座席が班の形になっていて,親子が隣りに座って,親同士・子ども同士がお向かいに。口も利かない,目も合わさない相手が目の前に座っていて,給食が美味しく食べられるかっつうの!!



私の人生で一番気まずいひと時。




なんでこんな話題を出したかというと,今日末っ子が帰って来て・・・


末っ子「Oがチクッたせいで,オレらのクラス,ボール禁止になった」


と言ったから。



このO,普段から真面目にしているならわかるけど,自分はいつも好き放題して叱られているくせに,友達のことはすぐチクるっていう・・・いわゆるみんなの嫌われ者。末っ子が3年生の頃には,クラスが違うのにOに上靴を隠されたこともあるし,先日末っ子が救急車で運ばれたときには,クラスが違うのに「末っ子の母さんが運ばれた」とガセネタまで流してくれた。よくお母さん同士の会話でもこのOが話題になる,もちろんいつも悪い内容で。黙って聞いて密かに・・・



親が親なら子も子よね,と思う(笑)



更に,我が家は今年環境の役員に当たっているのだが,班長とか役員になると,年に3回パトロールの当番が回って来る。10月にその2回目が行われるのが,我が家がリーダーになっているので,一緒に回るメンバーに連絡して,日時の確認をしなければならない。


さっき,何気に当番表を見ていて,また白目になって気絶しそうになった。


C-5 環境部(リーダー)
C-6 文化部 
C-7 体育部


誰かな~と思って調べたら,C-6の文化部はOさんのだんなの両親だった。Oさんの家自体は近くないけど,だんなの両親の家はうちの隣の班。




このご縁ってどうよ(爆)



 
↑まぁ・・・OさんにはOさんの思いがあって,私にはわからない何かがあったのだろうけど,一方的に無視するってのは,やっぱり大人としてどうなんだろう。ぶちクソ嫌いな相手でも,挨拶くらいはできるよ,私は。でも,世間話は無理(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
子育て + Trackback(0) + Comment(12) + Page top↑
妙なスイッチ  
2013/09/26/21:39
昨日は,朝からやたら調子が悪かったけれど,薬を飲んでグッスリと眠ったら,夕方からは何事もなかったかのように元気になった。私がメマイを起こすのは今回が初めてではないので,最初はすごく心配してくれた家族も,回数を重ねるごとに,私の扱いがだんだんザツになって来た。



1日中寝ていたせいで,夜に寝ようと思ったら,今度は腰が痛くてたまらない。



なのに・・・



グッスリ眠れるのが不思議(笑)



一夜明けた今日,私に妙なスイッチが入った。お昼前に,チョコバナナパウンドケーキを作る気になった。ホットケーキミックスを使った簡単なヤツだけど,子どもたちは「美味しい」と言ってくれる。


20130926.jpg



間違っても,長男(反抗期)の期末試験が今日までなので,「お疲れ様」という意味を込めて作ったわけではない。それだけは絶対ない。1000%ない。



そして夕方。たまには長女のお弁当にも違ったものを入れてあげたいと思い,「はんぺんとエビのフライ」を作ることにした。新しいメニューに挑戦するなんて,やっぱりぐうたらを自負する私らしくない。



今日は,末っ子のテニス教室の日だったので,いつもより早めに夕飯の準備をした。長男は18時から塾(強化授業で自由参加)の日だったので,17時半には帰って来るかと思いきや・・・


帰って来ない。


末っ子を送って行って,18時前になっても・・・


帰って来ない。


今度は,末っ子を迎えに行って,19時過ぎても・・・


帰って来ない。




イライラMAX!!!



学校から直接塾に行ったことは今までなかったので,試験が終わってどこかでパ~~ッと遊んでいるのか・・・居残りで提出物を必死にやっているのか・・・でも,こんな時間まで学校に残ることはまずない。



長男「○○んちで遊んどった~」


なんて言った日には,もうギッタンギッタンの,バッタンバッタンにして・・・と思っていたら,長男がや~~~っと帰って来た。



長男「学校から直接塾行って来た

私 「塾のテキスト,家に置いとったやろ?」

長男「コピーしてもらった」

私 「(鬼のような顔が一瞬で天使に)そうなん~?ご飯お食べになる?(←上機嫌)」

長男「おぉ」



親は子どもが塾に行ってれば安心。例え塾で寝ていたとしても,とりあえず行っているだけで安心。



テニス教室から帰って,初の試みの「はんぺんとエビのフライ」を末っ子と一緒に食べた。ケチャップを付けて。



私 「どう?美味しい?」

末っ子「美味しい~!!」

私 「ホント?」

末っ子「ケチャップが!!



・・・・・(爆)



夕飯後,長女がチョコバナナパウンドケーキにバニラアイスを乗せて食べていた。



私 「どう?美味しい?」

長女「美味しいよ~!!」

私 「ホント?」

長女「アイスが!!



・・・・・(爆)



もう,スイッチ切れた(爆)



 
↑長男にスイッチが入らない代わりに,私の方に妙なスイッチが入ってしまった。あっという間に切れたけど(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
子育て + Trackback(0) + Comment(15) + Page top↑
お茶会のはずの日  
2013/09/25/21:40
今日は,10時からお隣のMさんとご近所のR母を招待して,我が家でお茶会をすることになっていた。昨日は,夕飯を食べた後に,マクバでアイスコーヒーとお菓子を買い,ダイソーで秋らしいグラスまで買った。



気合は十分!!



Mさんはお子さんもいないし,口では「散らかっとる」と言いながらも,我が家ほどではないはず。少なくとも壁に穴は開いてないはず。問題は,R母。前回家にお邪魔した日には,カルチャーショックを受けるほどキレイに片付いていて,ホコリひとつ,塵ひとつないお宅だった。



我が家に来たために,アレルギーを発動してもらっては困るので,朝から一心不乱に片付けた。R母さんを迎えるレベルにしようと思ったら,リフォームしないと無理だけど,自分で気がつくところは片っ端から片付けた。



そこは見んだろう~



という洗面所まで。朝洗面台を見ると,我が家の学習能力のない男(反抗期)がまたもや髪を切ったらしく,内蓋は短い髪の毛であふれていた。洗面台の前のマットも水浸しで,上にはやっぱり髪の毛が散らばっていた。何回洗面台を詰まらせたら気が済むんだ!!この忙しい日に!!もはや殺意しか浮かばない。



9時過ぎ頃,洗面台やトイレを掃除をしているとき,ふと自分の体調が悪いことに気が付いた。やたら吐き気がするし,動く度に頭がフラフラする。



なんかイヤ~な予感・・・



一生懸命,気のせいだと思おうとした。でも一旦体調が悪いことに気が付くと,耳元でブラックスワンが囁く。

ブ 「もう,断っちゃえよ~。無理無理!


私の中のホワイトスワンも頑張る。

ホ 「せっかく掃除もしたし,お菓子もコーヒーも準備したじゃん。おしゃべりも楽しいよ~!頑張れ!!



結果,ブラックスワンの勝利。メマイ止めの薬を飲んだものの,9時半を過ぎた頃には,完全にソファに横になったまま,立ち上がれなくなった。頭をちょっと動かしただけで世界がグルングルン回る。吐き気も酷い。冷や汗まで出て来た。横になったままMさんにキャンセルとお詫びの電話を入れた。



電話を切った後が地獄だった。薬はすぐには効かない。人間,苦しいときには,グルングルン回る頭で色々と悪いことを考えてしまう。


「こんなに苦しいのに死なないってことは,死ぬってどんだけ苦しいんだろう」

とか。

「私,このままソファの上で,儚くなってしまうのかな」

とか。


藁にもすがる思いで,だんなにメールをした。

9:56 メマイ死ぬ。



そのままソファで意識が遠のくこと3時間,13時。Mさんから電話がかかって来た。



Mさん「大丈夫?寝とった?」

私 「ごめんね,寝とった~」

Mさん「雨よ!!寝とるとは思ったけど,洗濯物出しとるやろ?」

私 「ああ!ありがとう~!すぐ入れる」



立ちあがって,フラフラしながら2階のベランダへ。まだ降り始めたばかりのようで,洗濯物に被害はなかった。急に動いたので,また一層激しいメマイが・・・。



そのまま2階のベッドに行き倒れた。



多分,16時頃。誰かが帰って来た音で目が覚めた。シャワーの音。ドライヤーの音。長男(反抗期)に間違いない。ちなみに長男とは,また2・3日口を利いていない。その後,16時半頃,末っ子が帰って来た。


末っ子「お母さん~!」


と言いながら,2階に上がって来た。


末っ子「どうしたん?」

私 「今日,メマイが起きてずっと寝とった。朝から何も食べてない」

末っ子「え!?メマイ?ふ~ん,朝から食べてないん?じゃ,遊びに行って来ます~!!」



・・・・・(爆)



目覚めたら頭のグルングルンもよくなっていた。1階に降りて,洗面台を見てビックリ!!今朝,髪の毛を捨てて,水浸しになった洗面台の前を拭いて,キレイに掃除したはずの洗面台。私が寝ている間に,今朝と同じ状況に。長男は,優雅にリビングで録画したテレビを見ていた。


私 「洗面台の髪,朝キレイにしたのに。きちんと掃除して来て


手に持っていた鍋で,長男の後ろ頭をカコーンと一発殴りたい衝動に駆られた。消え入りそうな声で3回言ったら,さすがに掃除機をかけに行った。



そういや,だんなからは電話もなかったなと思い,携帯をチェックしたところ・・・


だんなからのメール返信。

12:30 死んだ?


私からのメール。

16:35 今まで寝とった。あの世の門をくぐりかけた。




ホント,どいつもこいつも(爆)



 
↑掃除してメマイ起こす専業主婦ってどうなん?(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
子育て + Trackback(0) + Comment(18) + Page top↑
立ち話の罠  
2013/09/24/22:19
*本日の記事は,大変デリケートな内容です。中には,読まれて嫌な気持ちになる方もいらっしゃるかもしれません。特に,「マルチ」という言葉で暴動を起こしそうな方は,絶対に読まないでください。




今日は,中学校の下校指導の当番に当たっていたので,15時10分から約30分,子どもたちの帰り道にスタンバって,お母さんたちとしゃべりまくって来た。中学校の当番活動,何年か前までは全員参加だったけど,いつの間にか希望者のみの参加でよくなった。



やってもやらなくてもいい場合,私は迷わずやらない方を選んで来た。



でも今年は,4月の時点でなんとな~く下校指導ならできるかなと思い,「下校指導」の欄に○を付けてみたところ,長男(反抗期)が「9月24日に当番をお願いします」というプリントを持ち帰って来た。




そりゃ,そうなるよね,○付けたんだから(笑)



集合場所に行ってみると,長女と同じ高校で同じクラスの男の子のK母(弟は長男と同級生)と,長男と同じクラスのY母が来ていた。3人で同じ場所に立って,子どもたちが通り過ぎる度に,



母たち「おかえり~」



と声をかけるのはついでみたいなもんで,大部分は子どもの反抗期話で盛り上がっていた。



30分後,担当の先生の挨拶があって,お母さんたちは気付きを言って解散。色々しゃべっていたから,私は特に何も気付かなかったけど(笑)




その帰り道,後数歩で家!というところで,近所のH母が家の前の道路で,お客さんを見送っている場面に遭遇した。とりあえず挨拶をして,通り過ぎようとしたけど,何かのはずみでまた立ち話へ。このH母,マルチ商法で売られている商品を,純粋な気持ちでススメて来る人。



実は家を出る前,お隣のMさんから電話がかかって来て,話しているうちに明日我が家に招待することになった。Mさんが「R母も誘う?」とか言い出した。私的にはMさんは大歓迎なのだけど,モデルハウス並みにキレイなお宅のR母を呼ぶのにはかなり抵抗があった。が,話の流れ上呼ばざるを得なくなった。ただそれなら,H母の家にも以前お邪魔したので,今回誘うかどうするか悩むところだ。会わなければスル―しようと思っていたのに,ばったり出会ってしまった。Mさんによると,H母は仕事を始めたらしく,月・水・金が仕事なので,明日は多分断られるだろうということ。後でバレて気まずくなるより,誘っておいて都合が悪かったという方が角が立たない気がする。



頭の中で色々考えた結果,とりあえず都合を聞いてみて「仕事だから」と断られることを選んだ。



私 「H母,明日は仕事?」

H母「ううん,明日は仕事休みになったんよ

私 「そっか~(内心,えええええ!?)」



仕事じゃないことを確認だけして,まさかの・・・




誘わないっていう選択(爆)



この後,更に面倒臭い展開に。H母と話しているところに,自転車でS母が通りかかった。S母と言えば,H母が尊敬するマルチ商法の幹部のニオイがする人。前回のお茶会以来,ずっと会うこともなかった。挨拶だけすると,私の存在を完全にスルーして,2人でマルチ商法で売られている商品について話し始めた。


S母「あの○○さんには,毎日240ml飲ませてあげて(この商品配合のジュースの話らしい)。奥さんは120mlでいいよ」

H母「注文,今6本しとるけど足りんかも」

私 「????(おもむろに立ち去りたいけど,立ち去りがたい雰囲気)」

S母「とりあえず,3ヶ月続けてみて」

私 「ジュースか何か・・・?」

S母「そう!!何年か前にある人から相談を受けてね。難病で薬漬けになっとった人なんやけど,このジュース飲み始めたら,薬なしでもみるみる元気になってね。一時は,自殺未遂までした人なんよ」

私 「・・・・・」

S母「最初に私の話を聞く人は,たいてい『値段が高いんやろ?』って言うけど,こういうのは値段じゃないよね?




イヤ,値段やけど(爆)



S母「その人は,飲み始めて5ヶ月なんやけど・・・そうそう!!来月結婚するんて」

H母「メールに書いてあった『めでたいこといっぱい』ってこのことやったん?」




早く家に帰りてぇ~(涙)



この2人に長く関わっていたら,完全にジュース注文させられてしまう!!そして,押し入れの中に怪しげな祭壇,玄関に100万円の壺が設置されてしまう(爆)



私 「あの,私はこれで。お先に~」



逃げるように家に帰った。



2時間半立ち話して,またもやマルチ商法に巻き込まれそうになった上に,




日焼けと筋肉痛のオプション付き(爆)



 
↑あれ以来,完全に消滅したお茶会。気がつけば,なんであっさり我が家に招待することになっとるんやろ?私,どこで間違えた?(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
子育て + Trackback(0) + Comment(9) + Page top↑
3人で買い物  
2013/09/23/22:32
長女の修学旅行が10月にある。長女が,「パジャマ代わりのジャージが欲しい」と言うので,だんなと私と長女の3人で買い物に行った。末っ子も誘ったけど,頑なに拒否られた。買い物よりモンハン4を取った。出る前に行くとか行かないとかで,揉めていると・・・


だんな「末っ子も中1くらいになったら,反抗期来るで~」

私 「イーヤ,末っ子はビビリやけぇ,反抗期はないよ~」

だんな「ビビりながら反抗するで。『お化け怖い~~』『でも,お前には言ってない』とか言い出すで~」




末っ子に反抗期が来たら気絶する(爆)



長女は普通のJKと比べると,ちょっと一風変わっている。車の中での会話。



長女「うちは,世界遺産を見て回りたいんよね~」

だんな「あ!わしも!!」

私 「世界を回るんだったら,英語くらいはできんと。1年くらい留学する?」

長女「うちは,世界遺産がただ見たいだけで,そこに住んどる人との交流とかはどうでもええんよ」

だんな「わしも~」

長女「マチュピチュとか行ってみたい」

だんな「わしも~」

私 「あんな高いところに,どうやって都市を作ったんかねぇ?」

長女「頑張って(作った)!!




そういう精神的なことじゃなくて,方法を聞きたいんやけど(爆)



だんな「でもまぁ,そこが基本にはなっとるよね。頑張らんとできんやろうし」




じゃ,頑張って作ったってことで(爆)




長女は誰かさんと違って,あまりモノを欲しがらないので,買い物をしていても「やっぱり要らんわー」とか言って,結局買わなかったりする。何でもかんでも欲しがるのも困るけど,買うつもりで来ているのに,「要らん」とか言われると・・・それはそれで,



テンションが下がる。




今日も最初に行ったスポーツ用品店では,気に入ったものがなく何も買わず。そしてユニクロで,スエットのパンツと下着を買った。自分のものだけ買うのは悪いと思ったのか・・・


長女「母さんも何か買ってもらえば?」

私 「お母さんは別に買わんでいい。買ってもらう価値もないけぇ」


長女「わかっとるんじゃ~
だんな「わかっとるじゃん




イヤなハモり方するよね



この後,別のスポーツ用品店で長女のジャージ上下も買った。だんな,愛する長女のためならいくらでもお店をはしごする。買ってもらう価値もない私は,疲労感だけが残った(爆)



夜。末っ子とふざけ合っていたら,急にこんなことを言い出した。


末っ子「お前の母さん,デ・べ・ソ♪




何,おばあちゃんの悪口?(爆)



 
↑だんなと長女と3人でいると,心なしかアウェー感が(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
子育て + Trackback(0) + Comment(9) + Page top↑
末っ子とミニテニス  
2013/09/22/23:33
だんなは「そよ風になって来る」と言って,四国をバイクでツーリング中。長男(反抗期)は「試験範囲と関係ないのに,何で受けんといけんのか・・・」とかブツブツ言いながら,塾で模試。長女は「うちは家でゆっくりする」と言って,ロフトベッドの上でまったりときどき勉強。



結局暇人は,負けず嫌いの小学生と大人げない大人の2人。



この2人が暇になると,スポーツセンターに行くことになる。スポーツセンターと言えば,たいていは卓球をするのだが,今日は前々から気になっていたミニテニスをしてみることにした。


20130922-1.jpg


ミニとはいえ,テニスと名がつくだけあって,なかなかハード。ルールとかは全然わからないので,その辺は適当に。隣りのコートでは,高校生らしき爽やか男子3人組がバドミントンをやっていた。3人が交代で真剣勝負をしていたようなので,ボールをそっちに打たないように気をつければ気をつけるほど・・・




なんでそっちに行くんでしょう?(汗)



30分くらい打った頃,末っ子が打って来るボールが3重に見えるようになったので,一旦休憩をすることにした。甘い炭酸飲料を買って2人で交互に飲みまくる。



私 「ちょっとは痩せたかねぇ?」

末っ子「あれだけ動いたら痩せるに決まっとるじゃん。痩せんかったら,お母さんの身体おかしいよ!」




私の身体,おかしいみたい(爆)



ちょっとくらい汗をかいたくらいでは痩せないのに,炭酸飲料をガブ飲みしとったら元通り以上だわ。飲み物を飲んだら最後,残念だった動きがますます鈍くなる。すぐにボールが3重に見えて,今度は足までガクガクし始めた。




私 「そろそろ止める?」

末っ子「うん,じゃ~これが最後の1回ね」


末っ子がミス。


私 「ハイ,終わりね~」

末っ子「もう1回!!


私がミス。


末っ子「ハイ,帰ろう~」

私 「もう1回!!




負けず嫌いの小学生と大人げない大人が戦うと・・・




「止める」と言ってから,早くも15分経過(笑)



今度は,私がサーブミス。



末っ子「もう,終わろう!」

私 「イヤ,サーブミスで終わったら,明日に繋がらんけぇ,もう1回!!」




今更明日に繋げてどうする(笑)



最後の最後は,ラリーが続いた後,末っ子にスマッシュを決められて終わった。もう私には「もう1回!」という元気も残っていなかったので,末っ子がモップをかけて終了。


20130922-2.jpg


3連休の真ん中の日,スポーツセンターを利用する人は思ったより少なかった。私はというと,ヘトヘトに疲れてしまい,家に帰ってお昼を食べた後は,14時半くらいからベッドで爆睡してしまった。



そして夕方,長男が塾から帰って来た。



私 「模試どうやった?」

長男「できんやった」




でしょうね(爆)




模試で1日つぶれて,本来の期末試験の勉強は全然できていないのに,またテレビを見始めた。



私 「今度は期末試験の勉強せんと!」

長男「もう勉強することがないんよね~」

私 「バッチリなん?」

長男「やらんといけんことが多すぎて,何もする気がせん




もはや,お手上げ状態(爆)



 
↑別にスポーツが大好きなわけではない。行けるものなら旅行に行きたい。暇な貧乏人が行けるところが,スポーツセンターなだけ(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
子育て + Trackback(0) + Comment(6) + Page top↑
試験期間中  
2013/09/21/22:22
只今,試験期間中の長男(反抗期)。この連休明けから期末試験が始まる。つい先日・・・



iPod touchとPSPは箱に入れて封印した



と宣言し,一瞬やる気スイッチが入ったのかと期待したのも束の間,おおかたの人の予想通り,その翌日には階段のところでコッソリiPod touchを触っていた。まぁ,堂々とやらないだけマシか・・・。



昨日。夕方学校から帰って来た長男,おやつを食べながら迷わずテレビのスイッチをオン。そして録画したバラエティを見始めた。ここのところスペシャル番組が多いので,一度見始めたら3時間!?


長男「これ見たら,勉強する

私 「テレビは試験が終わってからにして,とりあえず勉強しろ~~」



という言葉が,喉を通り過ぎて,舌も通り過ぎて,歯の裏も通り過ぎて,唇の先まで出かかったけど,グッと我慢した。私がだんごの粉を買って来たことを知っていた長男,テレビを散々見て挙げ句の果てにはこんなことを・・・



長男「団子食ったら,勉強する




殴っていいですか?(笑)



この後,中秋の名月からは1日遅れたけど,長女と一緒にお団子を作った。だんごの粉に水入れて,こねて,まるめて,ゆでて,きな粉をまぶしただけ。そして,一応お月さまを見ながら,お団子を食べようとしたところ・・・カーテンを開けてお月さまを見た長男・・・



長男「なんか,ソワソワする~!母さん!!なんかオレ,ソワソワする~!!



丸い月を見てソワソワするって,




お前は狼男かー!!(爆)



夕飯が済み,団子も食べて,私がお風呂に入っている間に,長男は2階へ上がったもんだと思っていた。長男の部屋に向かって「適当にお風呂入ってや~」と声をかけて,リビングに戻ったら・・・長男・・・ソファの上で・・・




スヤスヤ寝とるじゃねぇか(爆)



しかも,その長男がスヤスヤと寝ている横で,仕事から帰って来ただんなが,何事もなかったかのように洋画を見始めた。




何とか言ってくれよ~~



これが,学校から帰って来て,ずっとテレビを見て,団子を食うだけ食って,挙げ句ソファで寝とる状況を横で見ていた母親と,仕事から帰って来て状況を何も知らない父親との温度差。




そして,今日。朝,長男が階段を降りる音がしたかと思ったら,リビングに入る前に・・・



ブ~~~~~~ン(ドライヤーの音)



朝ご飯を食べた後・・・



ブ~~~~~~ン(ドライヤーの音)



出かける前・・・



ブ~~~~~~ン(ドライヤーの音)




もう,どんだけ~!!(爆)



お昼前になって,「友達と一緒に塾に行って自習をする」とか言って,お昼代を請求された。もうちょっとでお昼なんだから,いっそのこと食べて出てくれればいいのに・・・。しかも長男には前科があるので,言うことを丸々信用もできない。「本当に塾に行くのか?」と疑いつつ,尾行するわけにもいかないし。



10月の半ばに2回目の三者懇談が行われる。ちょっと前に,進路希望調査を提出することになっていた。長男が「印鑑押して」と言うので見てみたら,第一希望が「サッカー部が坊主の高校」から,「サッカー部が坊主でない高校」に変わっていた。長男の学力ではかなり厳しい。



こりゃ,三者懇談で・・・



先生「気は確かですか?自分の学力わかってますか?舐めてますか?



とか言われるに違いない。前回は勉強の話はほとんどなかったけど,さすがに今回はそういうわけにはいかないだろう。今から胃が痛い。



 
↑だんな,四国へバイクでツーリング中。小さめのバイクでそよ風になっているメタボな男性がいたらだんなです(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
子育て + Trackback(0) + Comment(10) + Page top↑
末っ子の悩み  
2013/09/20/23:07
修学旅行に行く前,末っ子がこんなことを言っていた。



末っ子「もう,Sがめっちゃウザイんだって!修学旅行の前にグループ決めるとき,オレとKとUと3人で一緒になる約束しとったら,SがUに『ねぇ一緒なろ,一緒なろ』ってストーカーみたいに言って来るけぇ,結局一緒のグループになってしまった。最悪~!!」



KとUは末っ子と同じクラスで,デュエマ仲間でもあり,たいてい毎日学校から帰って来た後,一緒に遊んでいる2人。Kは4人兄弟の4番目で夏休みの宿題も最後の日に必死にやる,限りなく末っ子に近いタイプ。Uはいつもニコニコしていてみんなから好かれるタイプ。



私 「そんなこと言わんと,みんなで仲良くすればええじゃん~」




親の模範解答(笑)



修学旅行から帰って来て・・・



末っ子「Sが最悪なんよ!修学旅行の夜,みんなが寝とるのを確認してから,KとUと3人で好きな人の言い合いしたんやけど,そのときKが『Mさんのこと好き』って言ったんよ。好きっていうより,ちょっといいなぁくらいの感じで言ったらしいんやけど,Sが寝たフリしてその話聞いとって,クラスのみんなにバラしたんよ!




S~~,卑怯者(笑)



末っ子「そしたら,クラスのOがMさんのこと本気で好きだったみたいで,Kに意地悪なこと言い出してから,すごく迷惑しとるんよ」




複雑な小学6年生(爆)



それから,しばらくして・・・



末っ子「オレ,ホント最悪!!今までSと同じ班じゃったんやけど,席替えして絶対離れられると思ったら,また同じ班になった・・・。しかも席が隣よ!!」



末っ子「あいつ,絶対カンニングしとるんだって!テストのとき,椅子をわざと後ろに引いて,前に出すとき立ち上がって,オレの反対側の席のヤツの答え見とったんよ」


末っ子「オレが『カンニングすんなや!』って言ったら,『してない』って言っとったけど絶対見とるって。あいつ全員に嫌われとる!」




カンニングしとるSの一部始終を見ている末っ子もどうかと思うが・・・




ここでちょっと,最近の末っ子の自主勉強から。


20130920-1.jpg

⑥ 体がちょうにうく。



20130920-2.jpg

⑩ うちょう旅行をしたい。



あくまでも「ちょう」(爆)




20130920-3.jpg

⑥ やさしそうなかんごくしさんが,手早くわるぐちを消毒してくれた。



わるぐちを消毒(爆)



20130920-4.jpg

⑦ 足をせつだんしたのではないかとのよまいがあるので,急いで病院に行った。




切断したらわかるやろ




S・・・カンニングすることは間違っているが,する相手は間違っていない(笑)



今は落ち着いたクラスだから,のけものとかイジメとかそういうレベルには発展していないけど,やっぱり嫌われるにはワケがある。本人が「このままじゃ,オレヤバイ」と思って改心しないと,いずれどこかで痛い目に遭うんじゃないかと。


ズルさなんて誰にでもある。でも,平気で友達の信頼を裏切ったり,平気で嘘をついたりはやっぱりよくない。よくないとは思うけど,私にできることは末っ子の話を聞くことくらいだ。ここのところ,Sのことで悩んでいる末っ子だが,自分の漢字力についても少し悩んだ方がよさそうだ。



 
↑末っ子,自分には関係なくても,友達が困っているととりあえず首を突っ込む。そして解決するんじゃなくて,余計にゴタゴタする(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
子育て + Trackback(0) + Comment(6) + Page top↑
食器洗浄機  
2013/09/19/22:17
月曜日に購入した食器洗浄機,2日後(昨日)の16時半~19時の間に届く予定になっていた。こういう業者さんに設置してもらう必要のある家電を購入すると,必然的に家の中を片付けないといけなくなる。しかも台所は,確実に我が家の「身内以外立ち入り禁止場所ベスト3」に入っている。



火曜日は,「まぁ,まだ後1日あるし



と片付けられず,



昨日の朝は,「まぁ,まだ夕方まで時間あるし



と余裕をぶちかましていた。



10時頃,いつものようにコスモス&マクバに買い物に行ったのだが,マクバで買い物をしているとき,サッカー部のお母さんに出会った。だいたいサッカー部のどのお母さんに会っても,最近の話の流れは決まっている。



総体,負けて悔しいねぇ



急に引退決まって寂しいよねぇ



中国大会で完全燃焼したんやろうね



引退しても全然勉強せん



それにしても,総体,負けて悔しいねぇ(最後はここに戻って来る



こんな果てしない会話をしている間に,1時間半くらい軽く経ってしまうわけで。買い物を終えて家に帰ると,すでに11時半になっていた。買い物袋をバサバサッと置いたところで,1本の電話が・・・



私 「ハイ,もしもし」

男性「エディオンと申します。今,近くまで来てまして,予定では16時半からとなってますが,今から20分後くらいにお伺いしてもよろしいですか?」




キャーーーー!!絶対,ムリ!


私 「えええ&%#$!?20分後ですか?まだ掃除が・・・」

男性「ああ,掃除ですか」

私 「でも,ついでにここに来られた方が都合がいいんですよね?・・・わかりました!!今から20分後でよろしくお願いします」




自分,相当な悪人やけど,人からはいい人だと思われたい(爆)



電話を切った後は,急いで買って来たものを冷蔵庫にブチ込んで・・・いると,玄関が散らかっているのが気になり,玄関に行って10人家族分くらいの量の靴を片付けて・・・いると,今度は落ちている小さなゴミが気になり,業者さんの通り道に掃除機をかけて・・・いると,ダイニングのテーブルの上が気になり・・・



どこか1ヶ所でも徹底的に片付ければいいものを・・・次から次へ手を出して,結果どこもかしこも中途半端っていう。




B型的掃除の仕方(爆)



そして,12時前。ピンポ~ン。




何かが吹っ切れた(爆)



男性「お邪魔します」

私 「よろしくお願いします」


ダイニングを通って,台所へ案内しようと思ったら,ダイニングに入った途端,「掃除機の先っぽ」が置きっ放しに。コッソーリ(←完全にバレてるけど)持ち上げて,死角になる場所に置いた。先に入った男性が,古い食器洗浄機を取り外していると・・・


男性2「お邪魔します」


敵はもう1人いた。新しい食器洗浄機を持って入って来て,床の上に置いてすぐに設置できるように,準備を始められた。


古い食器洗浄機が外に運び出され,新しい食器洗浄機が設置されて,いよいよ試運転というとき。男性がカウンター上の延長コードにコンセントを差し込もうとしていた。そこには,なぜか・・・




ホコリまみれの年賀状の束が



こんなことになるなら,朝から必死に片付ければよかった。ホント,マクバでの無駄話が悔やまれる。



20130919.jpg
設置完了。




最後はいつも,もう2度と会わない人たちだろうし,数ある配達箇所の中で,我が家の汚さだけ覚えとるわけないよね・・・と開き直る。



 
↑突然の訪問でも,笑顔で「どうぞおあがりになって」とか言って,リビングに通せる感じ憧れる~!我が家の場合,玄関がすでにNG(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
ひとりごと + Trackback(0) + Comment(11) + Page top↑
真のぐうたらとは  
2013/09/18/22:31
*今日の記事を読んでも,「ゆかピンの友達はやめない」という強い意思をお持ちの方だけ読んでください(笑)




ぐうたらな私にとって,今一番痛いことは,「食器洗浄機が壊れたこと」。人差し指1本で事足りていたことが,全指を総動員して時間と水道代までかけて洗った上に,拭くというプラスアルファまで加わった。




ぶち面倒臭ぇ~!!



拭くというプラスアルファの部分は,無理矢理長女に手伝ってもらっているけど,これを1人でするってことになると,面倒臭さに孤独感まで加わるわけで。そんなことをしたら,寂しくて泣いてしまう(笑)



私に得意なものがないというのは前にも書いたが,ドラマなんかに出て来る「専業主婦=家事が好きで,お料理と掃除が得意,おまけに子育てが生き甲斐」みたいな公式,あれホントやめて欲しい。世の中には,キャリアウーマンにもなれず,家事も苦手で,子育ても残念というおばさんが確実に存在する。



これだけ家事が苦手だと,換気扇の掃除をしたり,シーツを洗って布団を干したり,一生懸命トイレ掃除をしただけで,家族へのアピールの仕方がえげつない。



私 「今日さ~,トイレ掃除して,トイレめちゃめちゃキレイになったけぇ・・・」



大事なのはこの後の台詞。



私 「トイレキレイになったけぇ,次からキレイに使ってね~




ブッブーー!!



こんなありきたりなことは言わない。ぐうたらも私くらいのレベルになると,



私 「トイレキレイになったけぇ,もうトイレ使わんで!!




ピンポン~(爆)



色んな人のブログを見ると,結構「ぐうたら」とか「手抜き」とか「ズボラ」とかブログタイトルに入れている人もいれば,ブログの説明文のところに書いている人もいる。でも,本文を読んでみたら,



手の込んだ美味しそうな夕飯・・・



バラエティに富んだお弁当・・・



本当にぐうたらで手抜きをしていてズボラな人は,そもそもブログの記事に凝った料理の写真は載せない。そんな話題には触れない。私だって,お弁当なら長女のために毎朝作っている。でも,決して写真を載せないのは,




間違い探しになるから(爆)



食器洗浄機もなければないで,ないなりの生活を送るのだけど,月曜日の午前中にだんなが「買いに行こう」と言い出した。今週末,だんなはバイクでツーリングに行く予定。私に文句を言われず,気持ちよく出発するための作戦とも取れなくもないが・・・そこは素直に喜んだ。



早速,家から一番近いエディオンへ。食器洗浄機の扱いが少なく,パナソニックの5人用or6人用のどちらかの選択肢しかなかった。ちなみに5人用は58000円,6人用は78000円。食器洗浄機ってこんなに高かったっけ?我が家は,5人家族なので5人用を買うことに決めた。



いつもなら全身全霊をかけて値切るのだけど,この日の私は調子が悪かった。生理2日目ダルダルで,テンションは地を這っていた。とりあえず,だんなが・・・


だんな「もう少し下がりませんか」

店員「もうギリギリのお値段なので,申し訳ありません。水道の分岐水栓の工事分は値引きさせていただきます」

私 「もう5万円ちょうどでええんじゃないです?」

店員「申し訳ありません・・・」




それ以上言うのも面倒臭い



さて,届け先の住所を書いて,支払方法を翌月一括にして,だんながカードを渡すと,店員が支払いの手続きのため席を立った。その間にだんなはトイレへ。だんながトイレへ行っている間に,店員が戻って来た。



店員「(レシートなど渡しながら)21日~23日の間に,お楽しみに抽選会を行います。この参加券をお店に持って来ていただくと参加できます」

私 「お店まで来ないといけないんですか?面倒臭いですね

店員「それと今,5000円以上お買い上げの方に,抽選でプレゼント企画もやっています。こちらのはがきに記入して,50円切手を貼って投函してください」

私 「え~!50円切手要るんですか・・・面倒臭いですね

店員「あ!!ウェブからでも応募できますよ」

私 「でも,会員登録が要るんですよね?」

店員「そうなりますね」

私 「それもまた,面倒臭いです



店員さん,顔は笑っていたけど・・・




「お前なんか,もう応募せんでええわ~ボケェ!!」って思っていると思う(爆)




 
↑ロンドンブーツ淳のお嫁さんみたいになりたかった。完璧な女性っておるんやねぇ。・・・っていうか,むしろ嫁にしたい(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
子育て + Trackback(0) + Comment(14) + Page top↑
体育祭後のゴタゴタ  
2013/09/17/21:29
昨日は,敬老の日で子どもたちは学校がお休みだった。最近,どうも遅くまで勉強している雰囲気の長男(反抗期)。前日の夜も,一生懸命家庭科のノートまとめをしていたようだ。



長男「オレ,iPod touchとPSP,今箱に入れて封印しとる

私 「そうなん,スゴイじゃん」

長男「期末テストが終わるまではやらん」

私 「それはそれは・・・お,おりこうさん




ものすごく不自然な褒め方に(笑)



先日,おばあちゃんからの誕生日プレゼントでモンハン4が届いた末っ子。寝ても覚めても狩りをしていたのだが,この私と長男のやり取りを聞いていて・・・



末っ子「オレは,ゲームも頑張るけど,勉強も頑張る!!




兄弟で「やる気スイッチ」押し合った?(笑)



こんな立派な台詞を吐いたにも関わらず,自主勉強の後ぶっ続けでゲームをしている末っ子のことは,ひとまず置いといて・・・長男はお昼から友達と一緒に塾へ行って自習をすると言う。私はそりゃもう,大喜びで送り出した。



ところが・・・



夕方16時半頃,1本の電話が・・・。同じサッカー部のH母からだった。


H母「長男くん,帰っとる?」

私 「まだやけど。何かあった??」

H母「今日,塾で自習するって言っとった?」

私 「うん」

H母「これからおばあちゃん家に行く予定なんやけど,『仕事帰りに塾に迎えに来て』って言われとったけぇ,今迎えに行ったらおらんのんよ。どうやら塾には行ってないみたいで,マックとかコスモスとか,行きそうなところ探してもおらんけぇ,どこに行ったんかと思って。確か長男くんと一緒に行くとか言っとったけぇ,電話してみたんやけど」

私 「え?・・・ってことは,うちの長男も塾には行ってないんかねぇ?」

H母「多分・・・




なぁにぃ~~~!!!



私 「Sちゃん家とか,よくお邪魔して勉強しよるみたいやけどね」

H母「ごめんごめん,他を当たってみるわー」

私 「何かわかったら連絡するね~」



そして18時。またもたH母から電話が。



H母「やっと見つかった~!あれからずっとあちこち探し回って,やっとお姉ちゃんが見つけてくれた」

私 「結局,どこにおったん?」

H母「なんか,ダムの辺りで遊んどったみたいで」



ハァ?遊んどっただと!?



私 「えええ~?結局,勉強はしてないん?」

H母「最初,公民館で勉強しようと思ったら閉まっとって,その後マックで勉強しよったけど,長くおられんけぇって途中でダムの方に遊びに行ったみたいよ」

私 「Hと長男と2人で?」

H母「他にも,JとかAとかNくんとかもおったらしい」

私 「なんなんー!!うちのお坊ちゃんは,きちんと塾に行って真面目に勉強しよると思いきや,何をやっとるんやろうね!!!多分,うちのがそそのかしとるよ。『落ちるなら1人で落ちろ』って言っとるんやけどね。次から,長男に誘われたら断るように言っとって~」

H母「うちの子が断るわけないじゃん~。楽な方へ,楽な方へよ!」



電話をもらわなかったら,長男が帰って来たとき「お・つ・か・れ・さ・ま♪」なんつって,




チヤホヤするところだったわ!!



私 「もう,帰って来たらギッタンギッタンに・・・



その瞬間,長男が涼しい顔で帰って来た。電話を切って・・・



私 「で,ダムは楽しかった?」

長男「ダム行ってないし」

私 「ダムのところにある公園は楽しかった?結局,塾には行ってないし,勉強もしてないんやろ?」

長男「公民館で勉強しようと思ったら閉まっとったけぇ。マックでちょっとやった」

私 「だいたい,Jが一緒って。一緒の塾じゃないじゃん」

長男「そういや,ダムのところの公園に『寿人』がおった




佐藤寿人ーーー!?



私 「親子で?」

長男「イヤ,家族で遊んどったよ」

私 「サインもらった??」

長男「イヤ,もらってない」

私 「まぁ家族で遊びよるの邪魔できんよね」



・・・って,寿人に流された!!(爆)



長男が今第一志望にしている高校は,サッカー部が坊主頭。髪型命,ドライヤーラブの長男にとって,坊主は致命的。それが理由かどうかはわからないが,少し前からレベルがグーンと上の高校に行きたいと言い出した。行きたいから行けるってものでもなく,死ぬ気で勉強しても先生から「お前,気は確かか?」とか言われそうな勢いなのに,ダム(正確にはダムの近くの公園)で遊んでたらダメだろ~。



体育祭の前とか後とかに関係なく,長男のせいで我が家はいつだって・・・




ゴタゴタしている(爆)



 
↑私の「おりこうさん」返せ~!!勉強してないなら,せめて佐藤寿人に『小さくても勝てる』(著書)方法とか聞いて来いやーー!!(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
子育て + Trackback(0) + Comment(6) + Page top↑
長男の体育祭  
2013/09/16/23:34
土曜日は,長女の高校と長男(反抗期)の中学校の体育祭だった。



午前中で長女の出番は全て終了したので,高校を後にしてショッピングモールまで歩いて戻った。家に帰ると,急激な眠気に襲われた。長男とは,前日あんなことがあったので,長男のために応援に行くのも気が進まなかったし,寝室のベッドで本格的に寝る気だった。ちょうどあっちの世界に片足を突っ込んで,気持ちよ~くなっているところに,



だんな「母さんーー!!今なら部活リレー,間に合うよ!!行く?」



一瞬で,現実世界に戻された。



長男は,部活対抗リレーには出ないけど,一番盛り上がるのがこの部活対抗リレー。長男はイヤだけど,サッカー部のみんなが走るところは見たい。眠気を振り払って,出かける準備した。



そう言えば・・・



昨年は,応援団にも立候補し,リレーも2種類(クラス・色別)出場したので,なかなか見ごたえのある体育祭だった。中学生は人数が多いので,全員が同じ種目に出るわけではない。しかも,今年から体育祭の内容が大きく変わったと聞いていた。



体育祭の1週間くらい前に,


私 「長男,体育祭は何に出るん?」

長男「オレは,個人で走るリレーとかには出んよ

私 「今年は,クラス対抗リレー,全員で走るんやろ?」

長男「それは出るけど」

私 「他には何に出るん?」

長男「さぁ~」

私 「あんたが教えてくれんと,お母さんの情報網を駆使して調べんといけんけぇ面倒なんよね。素直に教えて」

長男「知らん~」



反抗期,マジ面倒臭い



というわけで,私の情報網を駆使して調べてみたけど,結局「棒奪い」に出ることしかわからなかった。




だんなと2人で中学校に到着すると,ちょうど部活対抗リレーが始まるところだった。まずは文化部。技術部は,5トンと書いた段ボールで作ったハンマー,家庭科部はエプロン姿にお玉,美術部はクロッキー帳,吹奏楽部はトランペット,バトンにそれぞれの部活らしさが出ていて面白い。


女子運動部の次は,いよいよ男子運動部。選手はみんな試合用のユニフォームを着ていた。サッカー部の緑のユニフォーム姿を見ただけで泣きそうになった。ああ,ホントはリレーじゃなくて試合が見たい・・・。



私 「キャーーー!!K,頑張れ~!速い!!次は,Y?イヤ,Tちゃんじゃ~。頑張れ~!!S,頑張れ~!!キャー!!Y~~!頑張れ!!T,速い速い!!ヤッタ~♪サッカー部,ダントツで1位じゃん~スゲェ~」



という私の黄色い声が,左斜め前の人が撮影しているビデオに,全部入っている自信がある(爆)



何気に見ていると,3年生の学年種目が始まった。クラス対抗競技で,「ムカデ競走で全員がゴールした後に,大縄跳びで10回跳ぶ」というハードな競技。残念ながら見ていた場所からは,長男のクラスだけテントが邪魔で1つも見えなかった。



この後は,色別対抗リレー。今年は青組がなくなったので,赤白対抗リレー。


だんな「手前に出て来た中に,長男がおるよ」

私 「ハァ?長男は『リレーには出ん』っつっとったけぇ,多分長男に見せかけた別人よ」

だんな「アレ,長男よ」

私 「ウソ~。違うって」


とか言いながら,なんだんかドキドキしてきた。長男は,ごぼう抜きされることはあっても,ごぼう抜きするほど足は速くない。1年生から順番にバトンが繋がって行く。そして,いよいよ3年生。この辺りになると,だいたい順位は決まってしまっている。


だんな「ホラ!!今走っとるの長男!!」

私 「マジで?出んっつっとったのに・・・ホントに長男?」


その長男かもしれない男の子は,5位くらいでバトンを受け取って,5位くらいでバトンを渡していた。そして,走り終わって列に並んだ瞬間,その男の子は・・・



髪の毛を触った。



私 「長男じゃーー!!」
だんな「長男やろー!!」



リレー,出とるじゃねぇか!(爆)

20130916-2.jpg


そして,最後の最後は3年生の最大の見せ場「グランド・フィナーレ・ソーラン」!!三部構成になっていて,一部は和太鼓部の演奏。二部は30人くらいの子がソーランを披露。そして,三部は全部が出て来てSMAPの曲に合わせてダンス!!



完全にその他大勢だった長男は・・・ニコニコではなく・・・




ニヤニヤして踊っていた(爆)



「ソーラン」なんてもんは,全員で踊ってなんぼだと思うのだけど,今年は一部の子だけが目立っていて,感動もクソもなかった。クラス対抗リレーを全員参加にした分,ソーランは一部の子だけになったんだろうか。モヤッとした感じで中学校最後の体育祭は終わった。


20130916-1.jpg
どっちが優勝したのかは謎(笑)


 
↑嘘つきで反抗期の長男健在。何に出るかくらい教えろっつうの(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
子育て + Trackback(0) + Comment(8) + Page top↑
長女の体育祭  
2013/09/15/22:22
昨日,長女たちの高校と長男(反抗期)たちの中学校の体育祭が行われた。



午前中は,長女の体育祭を見に行くことに。とにかく長女の高校は家から遠い。車で高校まで行ったものの,正門に怖い役員さんが仁王立ちになっていて,とてもじゃないけど一般ピープルが応援のためだけに車で入れるような雰囲気ではなかった(←当たり前)。とりあえず素通りして,向きを変えて・・・結局,一番近いショッピングモールに停めて歩くことにした。



ここから高校まで徒歩20分。遠い,暑い,辛い。



だんな「どうする?もう行ったことにして帰る?」




悪魔のささやき(爆)



歩き始めて間もなく・・・



私 「今ならまだ引き返せるよ・・・」




2人とも歩きたくない(爆)



最後の坂道を上っていると・・・



私 「ハーックション!!ハーックション!!」

だんな「どうしたん?風邪?」

私 「イヤ・・・お父さん(だんな)と10分以上一緒におったけぇ,アレルギーが出た


だんな「・・・・・」

私 「・・・・・」




気まずい雰囲気に(爆)



やっとのことで長女の高校に到着。残念ながら,すでに長女が最初に出る予定だった「ザ・バーゲン」という名のタイや奪いは終わっていて,その次の次の順番の競技が行われていた。


20130915-1.jpg
高校に行ったという証拠写真。



見ているだけなのにダラダラ流れて来るおじさん,おばさんの汗は全然爽やかじゃない。それに引き換え,高校生たちの流す汗の爽やかなこと!!リレーでアンカーがゴールした直後,仲間が駆け寄って来て抱き合って喜ぶ男子。「先輩~♪」と黄色い声援を送る女子。



午前中の最後の競技は,長女たち2年生によるマスゲーム。大勢いる同じ格好の女子の中から,だんながいち早く長女を見つけた。長女がポンポンを持って,AKBの「カチュ~シャ~♪」を踊っている姿に違和感を覚えながらも,貴重な2つの出番のうちの1つが見られて本当によかった。

20130915-2.jpg
2年男子の組体操。



長女が帰って来てからの会話。



私 「高校生,めちゃめちゃカッコええねぇ。あれだけ男子がおって,恋が芽生えんかったらウソよね」

長女「言うけど,男子と一緒に練習することないんよ?」

私 「えーーー!でも,好きな人くらいはできるやろ?お母さん,体育祭を見とる間に5人くらい好きになったよ」

長女「どんだけ惚れやすいん?」

私 「そういや,どこが優勝した?」

長女「うちら青組が優勝したんよ~!!最後,団長から『青組が優勝したら,せーので「フライングゲット」やって』って指示が出たんやけど,まず「フライングゲット」の動きを教えてって感じやった




JKとして色々残念(爆)



そして今日。長女の歩き方がやけにゆっくりでおかしい。


私 「どうしたん?」

長女「全身筋肉痛・・・

私 「ハァ?どんだけ運動不足なん?」



と長女のことを笑いながら,身体のあちこちが痛く,おかしな歩き方をしている自分がいた。




40過ぎると,いつもよりちょっと長く歩いただけで筋肉痛になれる(爆)



 
↑携帯によると,この日歩いた歩数は11225歩!!ちなみに今日歩いた歩数は34歩(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
子育て + Trackback(0) + Comment(9) + Page top↑
体育祭前のゴタゴタ  
2013/09/14/23:24
今日は,長女と長男(反抗期)の体育祭だった。



その前に,ちょっと昨日の夜の話から。末っ子が修学旅行のお土産で買って来たおみくじキーホルダーを貸してもらって,見事に『凶』を引いた直後,中学校から一斉メールが送られてきた。



中学校「遅くから失礼いたします。昨日配布しましたゼッケンを体操服の前面に縫い付けてください(プリント配布)(以下省略)」



ゼッケン??縫う??プリント??


昨日配布???





ハァァァァ???



このメールが来たのが21時。肝心の長男に確認しようにも,「走りに行く」と言って出て行ったっきり,まだ家に戻っていなかった。しかも,先週の金曜日に「走りに行く」と言って21時を回って帰って来たので,めちゃめちゃキレて怒鳴りつけたばかりだ。今日だって「受験生なんやけぇ,走りに行ってもええけど,帰る時間はきちんとしなさい」と言って送り出したというのに。



21時半,長男が帰って来た。



私 「今,何時だと思っとるん?で,また汗かいてないじゃん!それと,ゼッケンって何?聞いてないんやけど。昨日配布されて,縫い付けるとか書いてあったけど,まさか体育祭前日の夜21時過ぎてから言わんよね?

長男「コレのこと?ハイ」

私 「ハァ?昨日言っとって―や!夕方でもいくらでも言えたじゃん!なんでこんな遅くなってから言うん?しかも,あんたは受験生なのに,なんで毎回21時過ぎて帰って来るん?夜遊びもたいがいにしろー!!約束が守れんなら,ゼッケンも自分で縫えー!!



これがもし末っ子なら,しばらく経ってから私のところに来て,「お母さん,ごめん。やって♪」とかわいく謝って来るところだけど,長男は違った。自分で裁縫セットを持って来て,自分で縫い始めた。さすがに気になったので覗こうとすると,ゼッケンと体操服を持って「フンッ」と言わんばかりに私を避ける。




もう,勝手にしろ~!(怒)



だいたい,私が長男の応援に行こうとすると,前日にこういう大きなバトルが勃発する。このバトルを引きずりつつ,体育祭の朝を迎えた。


数日前の予行練習の日,「サッカー部3年生は,準備があるので7時40分までに集合」となっていた。今日は早く行かなくていいのかなと一瞬思ったけど,長男に腹を立てていた私は,いつもの時間(7時)にだんなから長男に声をかけて起こしてもらうことにした。



案の定,7時23分。Yが迎えに来た。



当然,まだ長男は準備ができていない。この後,急いで準備をして慌てて家を出るのかと思ったら・・・諦めて自分の部屋にこもってしまった。すぐにだんなに・・・


私 「今,Yが迎えに来て,長男急いで準備して行くんかと思ったら,まだ部屋におるんやけど。予行のとき準備があったけぇ,今日もあるんじゃないかねぇ?遅れてでも行かせた方がええんじゃない?」

だんな「わかった(長男に話をしに行った)」



しばらくすると,



だんな「準備はないけぇ,いつも通りの時間(8時)に出るって」

私 「でも,Yが7時23分に迎えに来たんよ?サッカー部は,準備があるってことやろ?サッカーの朝練のときもそうやったけど,長男遅れたら怒られるけぇって,行くのを諦めるんだって」

だんな「でも,本人がないって言っとるけぇ」

私 「じゃ,Yが早めに迎えに来たのはなんで?いつもは8時過ぎに来るのに。体育祭が楽しみで楽しみで早起きしたけぇ,たまたま早く迎えに来たん?




・・・なわけあるかー!(怒)



私 「なんですぐ長男にまるめ込まれるん?遅れて怒られてもええけぇ行かせるべきやろ?」

だんな「わかった。もう1回言って来る」



この後,ドンドンドンドンッ!!と激しく階段を下りる音がして,ドライヤーの音が聞こえた後,玄関を開けて出て行く音がした。すかさず,だんなのところへ行き,



私 「ちょっと来て」


だんなを長男の部屋に引っ張って行って,おもむろに机の引き出しを開けて,前回の大バトルの原因にもなったBBクリームを取り出してだんなに見せた。



私 「コレ,見て。あれだけ『使ってない』って否定して,私を殴った原因のBBクリームがここにあるんよ!!長男がどれだけ嘘つきかわかった?」



悲しいかな,長男は平気で嘘をつく。小さい頃から,嘘をついてバレる度に,厳しく叱って来た。何度も何度も繰り返し叱って来た。いつかはわかってくれると信じていた・・・のに,見事に裏切られた。しかも,長男のつく嘘はいつだって中途半端。誰も嘘と気付かない嘘なら,むしろ誰も傷つかなくて済むのに。




体育祭は雨の心配もなく,予定通り行われた。長くなるので,体育祭の話はまた次回。



長女と長男は「体育祭,お疲れ様」,だんなと私は「応援,お疲れ様」という意味で,夜は回るお寿司を食べに行った。美味しいものを食べると,怒りでガチガチになっていた心が少しずつ溶けて来て,いつの間にか長男とも和解していた。


家に帰ってから,


私 「ゼッケン,洗ってからアイロンかけて返さんといけんのやろ?」

長男「昨日,オレ自分で縫ったじゃん?朝学校に行って,体操服着ようと思ったら,背中まで一緒に縫っとって着られんかった(笑)

私 「アハハハハ」
だんな「アハハハハ。それで,どうしたん?」

長男「K先生に言って縫い直してもらった」




お裁縫,あるある(爆)



 
↑おみくじキーホルダーの『凶』の威力を侮るなかれ。下手すると,家庭が崩壊する(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
子育て + Trackback(0) + Comment(7) + Page top↑
末っ子のいる夜  
2013/09/13/22:57
20時半前,元気いっぱい末っ子が修学旅行から帰って来た。高速道路の事故で渋滞していたらしく,バスが予定時刻より遅れに遅れて,学校に到着したのが予定より1時間以上も遅い20時。そこから解散式があったので,家に帰って来たのが20時半前になった。


20時半と言ったらもう真っ暗。お友達と一緒に歩いて帰るように言ってあったけど,さすがに心配になったので家の前に立って,末っ子が帰って来る方向を凝視して待っていた。はるか遠くにそれらしき影が・・・。



少しずつ歩いてその影に近寄って行く。やっぱり末っ子だった。


私 「おかえり~」

末っ子「オレ,お母さんのキーホルダーは買えんかった」


ガラガラになった声で,最初に言った言葉がコレ。


私 「ええよ,ええよ,そんなの。自分のもの買いって言ったじゃん。楽しかった?」

末っ子「うん!オレ,自分のキーホルダーは買った。みんなにはお菓子買ったけぇ」



家に帰って,夕飯を食べながら,末っ子が嬉しそうに話してくれた。



私 「何が一番楽しかった?」

末っ子「KとUと一緒に寝たこと!!」

私 「やっぱり夜は,みんなで順番に好きな人言ったん?

末っ子「・・・(ニヤリ)



言ったんかい~!!(笑)



末っ子「お風呂入っとるとき,Kが鼻血出したんよ。じゃけぇ『変態なことでも考えとったん?』って言ったら,『ダイビングして打った』って言っとった」

私 「大丈夫だったん?」

末っ子「すぐに先生呼びに行った。それでね~,KとUの毛はオレと同じくらいだった。Nの毛がヤバかったんだって!




どこ見てんのよ(爆)



末っ子「すげぇボウボウだった!!



何はなくとも毛の話(爆)



他にも色んな話をしてくれた。キッザニアでは消防士,ロッククライミング,売店?などを体験したとか,ホテルの部屋でテレビを見たとか,11時頃に3人で一緒に寝たとか・・・。でも,私が主に覚えているのは毛の話(笑)



末っ子の弾丸トークが止まらない。最初のうちは,「そうなん~」「すごいね~」「よかったね~」なんて相槌を打っていたけど,だんだんうっとおしくなって来た。でも,どんなにうっとおしくても,末っ子がいなくてシーンとしているよりはいい。ずっといい。



最後に,末っ子が買ってきた来たお土産は・・・


20130913.jpg

どこででも買えそうな剣のキーホルダーと,これ見よがしに『姫路城』と書いてあるおみくじのキーホルダーと,お菓子3種。キーホルダーは両方自分のだそうだ。



おみくじキーホルダーを貸してもらって早速引いてみた。




『凶』ってあるんだ(爆)




この30分後,この『凶』にふさわしい出来事が起こることになる。その話はまた次回。



 
↑絶対どうでもいいキーホルダー買って帰るだろうなとは思っていたけど,その期待は裏切らなかった。しかも2個(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
子育て + Trackback(0) + Comment(5) + Page top↑
末っ子のいない夜  
2013/09/12/22:07
今朝,末っ子は修学旅行に旅立って行った。修学旅行の説明会は,ちょうど末っ子が救急車で運ばれた日に行われたので,私は参加していない。修学旅行実施要項を後からもらって来たのだけど,「持ち物」のところしか見ていなくて,どこへ行くのかは最近まで知らなかった。


友達のお母さんから,


母 「4組(末っ子のクラス)は,担任の先生が学年主任だから,1号車に乗れてキッザニアに最初に到着するからラッキーって言ってたよ」


というのだけ聞いていた。



キッザニアが「子どもたちが職業を体験できるテーマパーク」というのは漠然と知っていたけど,どこにあるのかまでは知らなかった。



知人「末っ子くんたち,修学旅行どこに行くん?」


と何度か聞かれて,


私 「うーん,多分京都とか大阪だと思う。なんか東の方(←アバウト)」


と最低でも3,4人に答えてしまった。修学旅行のしおりを見てビックリ!!



1日目 岡山県備前市 備前焼陶芸体験→兵庫県姫路市 姫路城他

2日目 兵庫県神戸市 キッザニア甲子園





まさかの兵庫県!!(爆)





さて,昨日の夜。修学旅行の準備を始めた末っ子。末っ子の残念なところは,持ち物の最後の1つがバッグの外に出ているところ。いつもは大抵筆箱がランドセルの外に出しっ放しになっているのだが,今回は寝巻用の体操服がポツンと外に・・・。これ,忘れるパターンのヤツじゃん。



そして,今朝。上の2人のときはあまりこういうことはしなかったけど,末っ子はとにかく忘れ物をしていないか心配なので・・・


私 「持ち物,一緒に確認しとく?」

末っ子「うん!!」

私 「じゃ,お母さんがしおりを見ながら言うけぇ,末っ子はちゃんとバッグに入っとるか見て?」

末っ子「わかった」


私 「名札!」

末っ子「もう服に付けとる」

私 「タオル!」

末っ子「(バッグの中から出しながら)ある~!」

私 「ビニール袋」

末っ子「(バッグの中から出しながら)ある~!」

私 「雨具」

末っ子「(バッグの中から出しながら)ある~!」



・・・こうして,全ての確認が終わったとき,持ち物は全部・・・



バッグの外に出ていた。




普通,逆だ!!逆!!(爆)



こんなやり取りをしつつ,末っ子は元気に旅立って行った。修学旅行は,6年生にとって小学校最後の大きなイベント。素晴らしい仲間たちと最高の思い出を!!




さて,夜。18時頃,長男(反抗期)は塾へ行った。長女はまだ帰って来ていない。



リビングには私1人。



いつもならこの時間,末っ子が宿題をしたり,テレビを見たり,ゲームをしたりしているので,リビングには何かしらの音がある。



シーーーーン。



・・・・。



何この泣きなくなるような寂しい感じ。末っ子のいないリビングは,いつものように散らかっているけど,いつもと違ってとても静かだ。



19時頃,やっと長女が帰って来た。体育祭の予行練習だった長女に,今私がハマっているフレーズでお出迎え。



私 「もしかしてだけど~♪もしかしてだけど~♪長女は,お風呂に入りたいんじゃないの?」

長女「ウザイ・・・



20時過ぎ,今度は長男が塾から帰って来た。今私がハマっているフレーズでお出迎え。



私 「もしかしてだけど~♪もしかしてだけど~♪長男は,ご飯が食べたいんじゃないの?」

長男「ウザイ・・・



≪結論≫


中高生には使わない方がよい(爆)



末っ子だったら超ノリノリで一緒に歌ってくれるのに・・・。末っ子の存在の大きさを知った末っ子のいない夜。




 
↑もしかしてだけど~♪もしかしてだけど~♪私はウザすぎる母親なんじゃないの?(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
子育て + Trackback(0) + Comment(14) + Page top↑
老後の心配  
2013/09/11/21:37
義父が亡くなる1年くらい前から幻聴に悩まされている義母。現在,1人暮らしをしているが,近くに義姉が住んでいるので,夜だけは義姉の家で過ごしている。離れたところに住んでいる長男夫婦(だんなと私)は,義母が自分の家に戻る日中,毎日電話をかけることくらいしかできない。



義母の調子は日によって,よかったり悪かったり。一応,だんなが帰って来たときに,「今日はお義母さんどうだった?」と確認する。



私は午前中に電話をかけるのだが,私がかけたときには調子がいいように見えても,だんながお昼前にかけたときには調子が全然よくなかったりして・・・




本当にあった怖い話を聞くことになる。




こういう話を連日聞いていると,断然心配になって来るのが自分の老後。だんなとの年齢差や男女の平均寿命から考えても,おそらくだんなが先に逝ってしまうだろうから,私が後に1人残されるのは避けられそうもない。・・・となると,待っているのはやはり孤独死か。そんなことを考えるとすごく怖くなる。40に毛が生えたくらいの年齢で,早くも老後の心配をして胃が痛くなるっていう。同居もしてないのに(爆)



私が毎日義母に電話をかけているのを知っている長女。


長女「うちはねぇ,お父さんが先に死んで,お母さんが1人になっても,絶対に毎日電話せんけぇ~!




ホント,優しい娘に育って(涙)



実は先日,お友達のブログのコメント欄に,「将来孤独死をしないために,老後は友達と一緒にシェアハウスに住む」というような会話をしていると書いてあった。



私 「ええも~ん。お母さんは,友達と一緒にシェアハウスに住むけぇ。でもアレかね?『冷蔵庫に入れとったジュースを○○さんが勝手に飲んだ』とか言って揉めるんかねぇ?」

長女「それって,お母さんがボケて自分が飲んだの忘れて,『勝手に飲んだ~』とか騒いで刺したりするんじゃないん?




私の老後は・・・



孤独死か刑務所か・・・



なんかもう




究極の選択(爆)



 
↑どなたか私と一緒に「老後はシェアハウスに住んでもいいよ~」という方,挙手!!でも,ジュース勝手に飲んだら刺すよ?(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
子育て + Trackback(0) + Comment(10) + Page top↑
正しいバス酔いのしかた  
2013/09/10/22:18
明後日12日(木),末っ子は修学旅行に出発する。1泊2日の旅。小学校最後にして最高のイベントだ。詳しい話はまた後日するとして・・・



末っ子が持ち帰った修学旅行のしおりを眺めていると・・・こんな刺激的なページが!!


20130910.jpg



正しいバス酔いのしかた



①旅行の前の日は,夜ふかしをおもいきりしましょう。


②朝は,ゆでたまごなど消化に悪いものをどんどん食べましょう。


③「酔うんだ,酔うんだ」と思えば思うほど酔えます。「酔わない,酔わない」と思っているとなかなか酔えません。


④「よい止めの薬」は,飲んでから1時間後くらいから効き目が表れます。バスに乗る1時間くらい前に飲まないようにしましょう。


⑤バスの中では本を読んだり,下を向いたりしてすごしましょう。窓の外の遠くの景色をみると,酔えませんから気をつけましょう。


⑥バスの中では,ゲームや歌などに参加せずだまっておきましょう。友達と楽しくすごすと,上手に酔えません。


⑦前を向かず,後ろを向いてすごすと,けっこう酔えます。


⑧万が一,酔っても先生や友達には知らせず,ないしょにしておきましょう。


⑨気分が悪くなっても,ビニール袋などの用意をしないようにしましょう。




*以上のことを守って,激しいバス酔いの世界を味わいましょう。




あえて止めませんので,体験してみたい方はどうぞ(爆)



 
↑食器洗浄機が壊れて最悪~!かろうじて壊れてはないけど,今にも壊れそうなものが我が家にはたくさんある(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
子育て + Trackback(0) + Comment(13) + Page top↑
得意なもの  
2013/09/09/22:30
世の中の親たちは,子どものよりよい将来を願って,塾へ行かせたり,習い事に行かせたりする。色々とチャレンジしているうちに,何か1つでも得意なものを見つけられたら自信にもなるし,あわよくばそれを将来の職業に活かせるかもしれない。



実は私には,得意なものがない。一般的に専業主婦が得意だと思われている掃除,料理・・・家事はいずれも残念。背は低いし,幼児体型のままおばさん体型に進化してしまったし,子育てをすればブレまくりだし,仕事をすれば病気になるし,本当に生きにくい世の中だ。だからこそ,子どもたちには何か1つくらい自信の持てる何かを見つけて欲しいと思っている。



数日前,末っ子が25m泳げなかったことに対して激怒した私。勉強も運動もいまいちな末っ子なので,水泳くらい努力して人並みに泳げて欲しかった。その夜,さすがに言い過ぎたかなと反省し・・・


私 「ねぇ末っ子?お母さんもね,小学生の頃,何も得意なことがなくてね」

末っ子「ふ~ん,じゃったらオレと同じじゃん

私 「教室でどういうことしとったかわかる?」

末っ子「・・・・・??」

私 「席の端っこの子から1人ずつ,この子は何が得意かなぁって考えたんよ。あの子は足が速いとか,頭がいいとか,絵が上手とか,習字が上手とかね。みんな得意なものがあるのに,お母さんには何もなかったんよ」

末っ子「ふ~ん」


なんでこんなことをしたのかはよく覚えていないけど,おそらく自分よりダメ人間を探すため??


私 「末っ子には得意なものある?」



末っ子「カッコいい!!




自分で言う!!(爆)




末っ子のいいところは,優しくて社交的なところ。優しくて社交的でカッコいい人がつく職業と言えば・・・




ホ○トしか思いつかない(笑)



私 「末っ子って,自分のことカッコいいと思っとるんじゃ~?」

末っ子「冗談だって~~」



確かに末っ子は,小学校低学年くらいまでは,「福山雅治とかウエンツ瑛士に似ている」とか言われたりして,わりとかわいい顔をしていた。でも残念ながら,年齢とともに確実に劣化している。



勉強ができなくても,運動ができなくても,将来がイコール不幸せとは限らない。得意なものがなくても,毎日を元気に笑って過ごせている。それだけで十分。ふとそんな気持ちになることもある。



私 「ナンバ~ワンにならなくてもいい~♪」

末っ子「お母さん,うるさい・・・」



子どもは,親にとってもともと特別なオンリーワンなのだから。でも,優しさと社交性だけでは高校に入れない。我が家の特別なオンリーワンが中卒でニートになりそうだとしたら・・・



やっぱり勉強も運動もできるに越したことはないし,ナンバーワンにもなれるものならなれるに越したことはない。




という結論に達する(爆)




私 「小学校の頃は,得意なことがなかったけど,中学校になってテニス部に入って・・・」



私 「・・・って,ねぇ聞いとる?」



末っ子,すでにゲームに夢中。




とりあえずおめぇは・・・




人の話を最後まで聞け!!(爆)




 
↑子育てだけじゃなく,文章もブレまくりで,わかりにくくてスミマセン。要は「私には得意なものがないから,子どもには得意なものを見つけて欲しい」って1行で済む感じの・・・アレ?(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
子育て + Trackback(0) + Comment(14) + Page top↑
末っ子と卓球  
2013/09/08/22:05
昨日,だんなは最近調子の悪い義母に会いに山口へ。1泊すると言う。最初は末っ子を連れて行くとか行かないとか言っていたけど,末っ子は結局,午前中ずっと寝ていたので,マツダのイベントから帰ると,だんなは1人で山口へ旅立って行った。


お昼から,末っ子と2人で暇になった。そこで,恒例の卓球をしに,スポーツセンターへ行ってみることにした。本当は水泳をさせたかったけど,私の水着姿は公の場では完全NGの逮捕レベル!!さすがに「1人で泳ぐのはイヤ」だと言うので,卓球をすることにした。



・・・が,考えが甘かった。午後から雨が降って来たせいもあるのか,すでに15時を過ぎていると言うのに,スポーツセンターの駐車場は満員御礼。空いたスペースを探して,グルグル運転して回ったけど,待つ車は増える一方,帰る車はほとんどなく,私の運転技術では停められないと判断して卓球は断念した。




そこで今日はリベンジ!!



スポーツセンターではなく,春に通いつめていた運動公園で卓球をすることにした。運動公園は,車で約30分かかる。でも,電話で予約を入れてから行けるので待つ必要もなく,完全個室なので球が飛んで行って他人に迷惑をかける心配もない。


20130908.jpg
↑運動公園からの眺め


卓球のラケットは2種類ある。シェークハンドとペンホルダー。私が今まで使っていたのはペンホルダー。でも今日は,シェークハンドに挑戦してみることにした。速い球はこちらの方が打ちやすそうだ。いつも,最初のうちは和気あいあいと楽しく打ち合っているのだが,時間とともにどのように険悪になるのか見てみよう。



「負けず嫌いの小学生」と「大人げない大人」がする卓球が険悪になる流れ。



末っ子「勝負しようや!」

私 「ええよ~」


で,私の方が徐々に差をつけて勝ってくると・・・いつしかスコアを言わなくなって来て,最後には・・・



末っ子「勝負はもうええよね~




もうええんかい~!!(爆)



さらに,



私 「じゃ,100回続けようや!」

末っ子「イヤ,オレは続けん


ここで,私は続けんのんなら・・・と思って,スマッシュを打ったりすると・・・


末っ子「あら??続けるんじゃなかったん!?




おめぇが「続けん」っつったんだろ!!



このスマッシュを決めたとき,うっかりガッツポーズをしたりすると,



末っ子「それやめてくれん?ムカツクけぇ!喧嘩売っとるやろ?」



そして,次に末っ子がスマッシュを打って来て,私が取れなかったりすると,すかさずガッツポーズでどや顔をして来る。しかも何度も,何度も・・・マジでムカツク。



これが今流行りの・・・



10倍返しか!(爆)




こんなしょーもないことを繰り返しているので,今までにラリーが100回続いたことはない。そして,時間が経つにつれて徐々に険悪なムードになる。



お昼過ぎに家に帰ると,山口からだんなが戻っていた。「末っ子と卓球に行ったら,こんなことがあったんよ~」なんて報告して,



私 「ホント末っ子は大人げないよね」

だんな「末っ子はまだ子どもやけぇ,大人げはなくてええんじゃないか?」

私 「そっか。逆に子どもらしいってことか~」

だんな「そう!大人げないのはお前の方!!




険悪の原因は私かー!(爆)




今回,運動公園の駐車場が今までと少し様子が違っていた。駐車場に入る道と出る道が決まって,全て一方通行になっていた。でも,環境の変化にすぐに順応できないのがおばさん。「前はどこを通ってもよかったのに」という思いはそう簡単には捨てられない。


卓球を終えて車に乗り発車させた。道路に描いてある矢印を思いっきり無視して,いつものように来た道の方へ向かって進んでしまった。


私 「あああ~。コレ,逆走しとる!?」



だんなの助手席に乗っているとき,よく「急に横から飛び出して来たり,車線を変更したり,そういう無謀な運転をするのは大抵おばさん,ホラ!!危ないのぅ~」というセリフを聞く。「そんなのおばさんに対する偏見じゃん~」とか思っていたけど・・・



私がまさに逆走して駐車場を出ようとしたとき,前から運転して来た車の男性の顔が・・・



男性「このおばさん,どこから出て来とんかい!・・・危ないのぅ~



と言っていた(爆)



 
↑全国の同性の同世代へ 思わずシュッと近い方に出てしまったけど,こんな運転をしてるとホントに危ないよ(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
子育て + Trackback(0) + Comment(9) + Page top↑
確率  
2013/09/07/21:58
マツダからイベントの案内が送られて来た。年に3回(1月・3月・9月)行われるのだが,豪華賞品が当たる大抽選会があるのと,行くだけで卵30個もらえるということになれば,これはもう行くしかない。上の2人は誘っても無駄なので,とりあえず末っ子を誘ったけど,10時の時点ではまだ眠っていて「行かん~」と断られた。



だんなと2人というのは,あまり気が進まないけど,iPadやロボットクリーナーが当たると思えば我慢もできる。




男性「今日は当たりがよく出てますよ~!3本に1本くらいの確率で」

私 「おおおお!!iPad!!iPad!!」



私の半分くらい脅しの入った声援の中,だんなはゆっくりとガラガラくじの取っ手を回した。



コロンッ




白(ハズレ)~~~!!(爆)



多分,当たる人は千分の1だろうが,万分の1だろうが当たる。当たらない人は3分の1でも当たらない。私のiPadが~~!!私のロボットクリーナーが~~!!私のホームべカリーが~~!!私の布団クリーナーが~~!!豪華賞品が,一瞬で夢と消えた。




チッ!!私が回しておけば!!(悔)



このマツダのイベント,以前は末っ子がグリル鍋(確か2等)や発泡酒1ケース(3等)を当てたことがあり,「毎回参加していれば,いつか必ず何かいいものが当たりますよ」と言われてから毎回参加している。ここ最近当たっていないので,そろそろ大当たりが来てもいいはずなんだけど・・・。




昨日,夕飯を食べた後,長男(反抗期)が「走りに行って来る」と言って家を出て行った。21時を過ぎても帰って来ないので,玄関の鍵を閉めて差し上げた。19時過ぎに家を出てから約2時間,受験生にしてはちょっと走り過ぎだ。



昨日はテレビで日本代表×グラテマラのサッカーの試合が行われていた。長男が帰って来たのは,試合が終わるか終わらないかといったそんな時間。鍵がかかっているとわかると,とりあえず「ピンポ~ン」とチャイムを鳴らす。でも,すぐには開けない。そうは言っても,いつまでも閉め出しておくわけにもいかないので,試合が終わった頃に玄関の鍵を開けた。



私 「2時間もどこを走っとったん?あんた,受験生やろ!?1日中遊んだ(朝の8時半から18時過ぎまでバスで街へ繰り出していた)後に,何をやっとるん!!」

長男「・・・・・」


テレビでは90分走りっ放しで汗だくになった日本代表の選手たちが,インタビューを受けていた。



待てよ・・・。




2時間走りっ放しのはずの長男は,1滴たりとも汗をかいていない。


私 「2時間も走って汗をかいてないってどういうこと?」

長男「汗かいとるし」

私 「ちょっと,テレビ観てみ?90分走ったら,ポタポタ汗がたれるくらいに汗だくになるよね?あんた一体どこで誰と何しよったん?もしかして逢引きとか?落ちるんなら友達を巻き込むな!1人で落ちろ~~!!」



私の話を聞いているのか,聞いていないのか,長男は下唇をウーーッと突き出して,目はテレビの画面に向けて日本代表のインタビューを見つめていた。長男は受験を舐めている。ついでに私のことも舐めている。ついこの前も,



長男「塾の先生が,評価がオール3の子が,的中ゼミを受けたら,Y高校(偏差値62)に受かったって言っとった。オレは,的中ゼミに賭ける!




そりゃ,毎年何百人,何千人もいる塾生の中には,的中ゼミを受けてたまたま本番で試験問題が的中して,偏差値の高い高校に受かった子が1人くらいはおるかもしれん。でも,その1人に自分がなれると思っている神経がまずおかしい。そんなミラクルが起きるのは,きっと何百人に1人,何千人に1人の確率だろう。



でも,現実は・・・




3分の1でもハズれるんだよ!!



受験はクジとは違う。内申点と当日の試験の点数が全てだ。だから・・・




1倍でも落ちるんだよ!!




受験と母親を舐めるなー!!



 
↑塾ってさ,月額○○円って謳ってるわりに,「ヤレ,模試代じゃ~」「ヤレ,テキスト代じゃ~」「ヤレ,的中ゼミ代じゃ~」と言って,次から次へと貧乏人からお金を絞りとる。下衆の極み(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
子育て + Trackback(0) + Comment(2) + Page top↑
諦めたら,そこで・・・  
2013/09/06/22:58
月曜日に雨で中止になった末っ子の水泳の記録会。後にも先にもこの1回が勝負。25m泳げるか,泳げないかで人生は決まらないけど,体育の成績くらいは決まってしまう。


私 「大丈夫よ!!1回泳げたんやけぇ,死ぬ気で泳げばなんとかなる!!」

末っ子「ムリよ~。泳げんかもしれん

私 「諦めたら,そこで終わりよ!!」

末っ子「もう終わっとるし!!




勝手に終わるんじゃねぇ!!(笑)



夕方,ドキドキして末っ子の帰りを待っていた。そして,16時半頃末っ子が帰って来た。



私 「どうやった?泳げた?」

末っ子「ううん」

私 「ハァ??何mだったん?」

末っ子「知らん」



この瞬間,ブチ切れた。



私 「途中で溺れそうになって先生に助けられた?」

末っ子「そんなわけないじゃん」

私 「だったらなんで立ったん?途中でちょっと水が入ったとか,ゴーグルが外れたとか?」

末っ子「ゴーグル,もう壊れとる」

私 「大事に使わんからだろうが!!」

末っ子「大事に使ったし!!」

私 「あんた,悔しくないん?お母さんは悔しいよ!!溺れそうになりながらでも,根性のある子は25m泳ぐよね?あんた,すぐ諦めるじゃん。『オレ,もう無理~』って。勉強のときだってそう。人に『やれ,やれ』って言われて,仕方なくやらされとるけぇ,全然力がつかんのんよ!!自分がね,友達より遅れとると思ったら,みんながやっとる宿題の2倍勉強するんよ!



これができる人は,そもそも友達より遅れない(爆)



私 「勉強で勝てんかったら,他のことで勝とうとか思わんの?何でも途中で諦めて。いっつも負け犬じゃん!勉強もダメ,水泳もダメ,走っても大したことないし,1つくらい自信を持ってできることがないと,これから先やっていけんよ!!困ったときは,自分で頑張らんでも,誰かが助けてくれるって思っとるやろ!!夏休みの宿題だってそう。税の絵はがきを描くときも,『わからん,わからん』って言って,自分で調べようともせんかったよね?



誰か~止めて~(爆)



私 「中学校に入ったらね,教科によって先生が違うけぇ,宿題も締め切りがそれぞれあるんよ!自分でちゃんとしとかんと,いちいちお母さんが見るのは無理なんよ!!今から自分でできるようにしとかんと!あんたの全ての姿勢が,今日の水泳に繋がって来るんよ。死ぬ気で泳げばよかったのに。結局のところ,なんで泳げんかったかわかる?

末っ子「・・・・・」

私 「あんたは,夏休みの間に,泳ごうという努力をしてないけぇよ!何回かお母さんが『スポーツセンターに泳ぐ練習しに行く?』って聞いたのに,『オレは行かん』とか言って全然練習してないよね?そんなんで泳げるわけないじゃん!!そりゃ,すごく頑張って頑張って,それでもできんこともあるよ。でも,努力もせんで諦めたら,そこで終わるんよ!!っつうか,諦めたけぇ終わってしもーたじゃん!!

末っ子「・・・・・」



一方的に怒鳴りつけたけど,末っ子を甘やかして育ててしまった私も悪い。言い方も嫌味100%で,決していいとは思わない。でも,一度火がついてしまうと,なかなか気持ちに収拾がつかない。イライラしたまま夕飯の支度を始めた。


今日は久しぶりにオムレツを作ることに。玉ねぎ,人参をみじん切りにして,合挽ミンチと一緒に炒めて塩コショウ。一旦取り出し,卵を溶いて塩コショウと牛乳を少々入れて,フライパンで焼き,具を美しく包む・・・はずだった。


1つ目と2つ目が超見た目が変な仕上がりになった頃,長男(反抗期)が2階から下りて来た。


長男「今日のご飯,何?」

私 「イヤ,見ての通りオムレツやけど?」

長男「なんか,オレの思うオムレツと違う」



ちょうど3つ目が出来上がった。



私 「コレが一番上手にできた」

長男「オレ,それにするー!早い者勝ちよね?」

私 「ええよ~」


しばらくして,


長男「お茶取ってー!」

私 「今,4つ目作りよるけぇ無理!!子どもで言うと,1歳半くらいで一番目が離せんところ」

長男「1つ目と2つ目は目を離したん?

私 「イーヤ!!ジ~~ッと見つめとったんやけどね」



・・・って,失礼か!!(爆)



長男「お!味は美味しい」

私 「やろやろ~。見た目より味重視」

長男「見た目が怪し過ぎて,美味しさとギャップがある



・・・って,失礼か!!(爆)



長男「このオムレツって,全然ふんわりしてないね」

私 「説明書に『ふんわりさせるな』って書いてあったんよ」

長男「オレの知っとるオムレツは,大抵ふんわりしとるよ



・・・って,失礼か!!(爆)



夕飯を食べ終わった後,ソファに座っていたら末っ子が来た。


私 「おいで」

末っ子「(控えめにギュ~~ッと握手)」

私 「末っ子,頑張ろうね!」

末っ子「うん」

私 「泳ぐ練習しに行く?」

末っ子「うん,行く!」



こういう素直さが,末っ子のかわいいところ。立ち直り,切り替え,いずれも早い。ただ,決心したことをすぐに忘れてしまうのが問題なだけ(爆)



 
↑私って,主婦歴長いのに,主婦力は至って低い(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
子育て + Trackback(0) + Comment(7) + Page top↑
とある平日の夕方  
2013/09/05/22:03
長男(反抗期)にとって,「時間」はあってないようなもの。さすがに部活を引退してからは,疲れる要因がなくなったおかげで,朝は順調に起きて来るようにはなった。・・・が,塾には遅れて行くことが多い。


長男の塾は,水・木・土の週3日。


水・・・19時半~21時半(理・数)
木・・・18時~19時20分(英・国)
土・・・19時半~21時半(社・英)



木曜日は英・国の強化授業なので,基本的には自由参加。でも,国語は木曜日にしかないので,私としてはぜひ参加して欲しい。そして,今日は木曜日。長男は17時40分頃,家に帰って来た。



私 「今日,塾やろ?」

長男「オレ,国語の18時40分から行く」

私 「ねぇ,18時から参加するなら,コレ(私が最近ハマっている琉球ドーナツ)あげるけど?」

長男「オレ,それ嫌い!!もっちりあんドーナツだったら行っとったのに」




痛恨のチョイスミス!(爆)



こんなやりとりの後,長男は自分の部屋へ。18時20分になっても下りて来る気配がないので,


私 「長男ーーー!!遅れるよーーー?」


声をかけたら,2階からドタバタと下りて来た。そして・・・家を出て行くのかと思いきや,



お風呂からシャワーの音が




このタイミングで風呂!?(爆)



そして,ドライヤーの音が聞こえたりしているうちに,あっという間に18時38分。



私 「ねぇ,国語って18時40分からよね?間に合うん?」

長男「おう」




マッハ2で行けやーー!!



遊びに行っていた末っ子が18時前に帰って来た。リビングでテレビを見始めると,なんだか異様なニオイが立ち込めた。


私 「末っ子?足臭くない?」

末っ子「オレじゃないし。お母さんじゃない?」



レディの足が臭いなんて,あってはならないことだけど,万が一ということもある。そう思って,自分の足を臭ってみようと思ったけど,私は身体が硬いので自分の足が鼻まで届かない(笑)でも,よく考えると末っ子が帰って来るまで,部屋は臭くなかった。


私 「やっぱり末っ子の足じゃない?」

末っ子「オレじゃないって~」


ちょうどそこに長女が帰って来た。


私 「おお,長女!!末っ子の足とお母さんの足と,どっちが臭いか臭ってみて?」

長女「ヤダしーーー!!!

私 「今,どっちの足が臭いかで揉めとるんやけど,第3者に臭ってもらわんと公平じゃないけぇ」

長女「まだ死にたくありませんので,遠慮させていただきます




確かに,あのニオイは生命の危険を感じる(爆)



末っ子「K(←末っ子のマブダチ)が早口言葉教えてくれた。お母さん言える?」

私 「どんなの?」

末っ子「ゲス・ゲリ・ゲロ・ゲボ




ゲスの極み(爆)



 
↑この早口言葉,ちょっと練習したけど意外と難しい(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
子育て + Trackback(0) + Comment(12) + Page top↑
子どものいる平日  
2013/09/04/22:03
昨日のお昼くらいに発令された大雨警報が,解除されないまま朝を迎えた。雨は激しく降っている。いつものようにお弁当を作って,6時40分に長女を送り出した。長女の高校は,警報が2つ以上出ていないと自宅待機にはならない。



長女が家を出て,わずか7分後。




洪水警報発令(爆)



交通情報を見ていたら,長女が利用しているJR線が運転見合わせになっていたので,今日はいつもと違うルートで学校へ行くと言っていた。


私 「ああ!!警報が後7分早く出とったら,自宅待機できとったのに・・・」

だんな「今ならまだ○○のバス停(←最初の乗り換え)におるんじゃない?メールしてみたら?」


というわけで,メールしてみることに。


私 「47分に大雨洪水警報出たよ」

長女「○○駅なう。もう行くし!!」

私 「午前は解除されんと思うよ。帰って来る?」

長女「遅い・・・アストラムなう。マジで解除されん?(11時)」

私 「多分,解除されんて」

長女「警報解除されたら教えて!改札出る前まで行ってみる・・・」



ここで,長女から電話が入った。友達と2人で,行くべきか帰るべきか悩んでいる様子。でも,学校まで歩くのも大変なので,帰って来そうな雰囲気だった。



約30分後。


私 「件名:解除     本文:されてないーん

長女「ウザッ!!


そして,更に30分が経った頃,ビッチャビチャになって家に帰って来た。



このとき,すでに小学校と中学校は休校が決まっていた。高校の休校が決まるのは11時。10時半ごろ,末っ子が嬉しそうに・・・


末っ子「長女~!!なんか雨止んだよ~~。警報が解除されるんじゃない?」

長女 「マジーー?」

末っ子「もうすぐ解除されるでぇ~。10時53分に解除されたらええのに



この意地悪な性格・・・




誰に似たのか見当もつかない(爆)



小学校は結構早い時間に休校が決まっていたので,朝から勉強する時間はたくさんあった。なのに,ずーーーっと「メジャー」というアニメを見続けている末っ子。休校になったため,いつもより少し多めの「自主勉強3ページ」という宿題が出ているのに,一向にやり始める気配がない。



私 「そろそろ,宿題やったら?」

末っ子「オレ,寝るーーー!!」



テレビの後は寝るんかい!



こんなことを繰り返していたら,あっという間にお昼を過ぎてしまった。どうせやらなきゃいけないことなんだから,早目早目にやっといた方が楽なのに。嫌なことは常に後回し。



このギリにならないとできない性格・・・




誰に似たのか見当もつかない(爆)



その頃,長男(反抗期)は・・・一度も起きて来ることなく昼前まで寝て,起きて来て食うだけ食ったら,やけに念入りにドライヤーをかけて,やっと勉強を始めるのかと思いきや,


長男「ちょっと走って来る」



おいおい,警報が出て休校の日に,外出してええんかい!



と突っ込む間もなく出て行った。・・・っつうか,私の記憶が正しければ,長男は受験生だったような・・・?




走るより他に,やることがあるだろ!!



このやりたいことしかやらない性格・・・




誰に似たのか見当もつかない(爆)



その頃,長女は・・・休校が決まったと思ったら,80%はベッドで昼寝,18%はノートパソコンでゲーム,2%は勉強の割合で過ごしていた。なので,私が部屋を覗くと,たいていはベッドで寝ていた。



このひたすらぐうたらな性格・・・




誰に似たのか見当もつかない(爆)



 
↑子どもって,ちょいちょい自分に似て欲しくないところばっかり似るよね(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
子育て + Trackback(0) + Comment(8) + Page top↑
本当にあった怖い話  
2013/09/03/21:10
* もっと暑いときに書きたかったのに,気がつけば秋のように涼しくなっている今日この頃。霊感ゼロの私に起こった不思議な体験を書こうと思います。あまり怖くなるとは思えないけど,苦手な方は読まないで下さい。




短大を卒業した後,仲のよい友達のYちゃんと2人で貸家に住むことになった。この貸家,玄関を入ると2階への階段と地下へ降りられる階段があった。(斜面に建っている家なので,反対側から見ると3階建て)私は1階の部屋,Yちゃんは2階の部屋を使うことになった。地下には,お風呂と開かずの部屋が1つ。



この開かずの部屋,窓がないので湿気が多くカビだらけだったからなのかは不明だけど,使用不可になっていた。引き戸は固定してあり,ガラス部分には1枚1枚に白い紙が貼ってあって,中が見えないようになっていた。




この時点で,かなり怪しい物件(笑)



4月に住み始めて,どのくらいが経った頃だったか。お風呂に入ろうとして,すぐそばの壁に何かが浮かび上がっていることに気付いた。最初は気のせいだと思い込んで,気付かないフリをしていたけど,日数が経ってYちゃんに話してみたら,Yちゃんもしっかり気付いていた。




壁に浮かび上がっていたもの・・・





それは,「顔」だった!!




木目に沿って,顔の輪郭・目・口とわかるように白く浮かび上がっている。しかも,笑っているような穏やかな顔ではなく,ムンクの叫びのような苦しそうな顔。でも,これを「顔」だと認めてしまうとあまりにも怖すぎるので,1人でお風呂に入る前は「木目,木目」と言い聞かせていた。あるとき,



私 「ねぇ,これってやっぱり顔に見えるよね?」

Y 「うん,しかも笑ってないよね。苦しんでいるような」

私 「これって・・・『君のことが好きだよ』とか言ったら赤くなったりして

Y 「アハハハハ。前でヒゲダンスでも踊ってみる?

私 「アハハハハ」




緊張感のない2人(爆)



この貸家の斜め前に,古くからやっている小さな商店があった。そこの親子と仲良くなったので,「昔,この貸家で何か変わったことがなかったですか?」なんて聞いてみた。多分,家の中に入ってもらって「顔」も確認してもらった(と思う)。特に変わったことはないと言う。



実母や友達も何人か泊まりに来てくれた。誰に聞いても,やはりあれは「顔やね」と言う。でも,「怖いからお風呂に入らない」とは誰も言わなかった。




ちょうどこの時期,貸家のポストにあるものが入っていた。



「生活の不安をなくす」ワンダーシール!!(1箱 1000円)


のチラシ(笑)



本気で注文しようかと思ったけど,私とYちゃんが興味を持ったのは,「心身の悩みを解消、安らぎをもたらす」エスパーシールの方!!身体の一部分に貼ると,彼氏ができるらしい(笑)だいたい1000円のシールを貼ったくらいで,生活の不安がなくなったり,彼氏ができたりしたら苦労はしない。何はともあれ怪しすぎるので,買うのはやめておいた。



結局,壁に浮かび上がった「顔」によって,「何か不幸が起きたか?」と言われれば特に何もなかったし,「彼氏がいなくて仕事が安定していないことが不幸だったのでは?」と言われれば,確かにそうだったのかもしれない。私とYちゃんは1年でその貸家を出た。その後,別の人が住んでいたようだが,あの「顔」がどうなったのかはわからない。



一応やっとく?


「五字切り!!」(爆)



 
↑これは全て,本当にあった話です。怖かった?(笑)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
ひとりごと + Trackback(0) + Comment(12) + Page top↑
ビックリした出来事  
2013/09/02/21:25
ちょっと前の話だけど,ものすごくビックリする出来事があった。1人暮らしになった義母は,幻聴と被害妄想があり,離れて暮らしているだんなは(あ,私も)とても心配している。せめてもの救いは,義母の家に義姉の家が近いこと。




こういう状況で,離れたところに住む暇人の嫁が出来ることは何か。



それは,電話。



義父の四十九日の2週間前くらいから,とりあえず毎日義母に電話をかけるようにした。その頃,心療内科にかかっていた義母は,安定剤を飲むと夜グッスリ眠れると言っていた。でも,朝起きたときにフラフラするとも。義母の幻聴には必ず「あの人」が登場する。近所に住んでいるけど,名前もわからない,姿も見せないあの人。義母の幻聴は,自分の考えたことが,あの人の声となって聞こえて来るというものだ。



その日も,いつもと同じように10時頃,義母に電話をかけた。安定剤を飲むようになってから,ろれつが回っていなかったり,しゃべり方が若干ゆっくりになったなぁと感じていた。毎日電話をしていると話題がない。いつものように・・・


私 「今日も暑いですねぇ~」

義母「暑いねぇ」



しばらく話していると・・・


私 「・・・・ですよね?」

義母「・・・・」

私 「アレ?お義母さん!?もしかして例の『声』が聞こえてますか?」

義母「イヤイヤ,聞こえりゃーせんよ」



更に話していると・・・


私 「・・・・なんですよ~」

義母「・・・・・」

私 「アレ?お義母さん?」

義母「・・・・・」

私 「もしもーし!!

義母「・・・・・」

私 「もしもーーーーーし!!!



返事がなくなった。とりあえず一旦電話を切って,かけ直してみたけど「ツーツーツー」と話中。しばらく時間をおいてもう1度電話。やはり話中。



電話の途中で倒れてないよね?



ものすごく不安になった。私は(あえて)義母の携帯の電話番号は登録していない。だんなの携帯に電話をして,簡単に事情を説明し,携帯の方にかけてもらうように頼んだ。が,携帯にも出ないという。



少しずつ間を空けて,家の電話にかけること数回。1時間が経った頃,やっと「プルルルルプルルルル~」と呼び出し音が鳴った。



義母「もしもし?」

私 「お義母さん,大丈夫ですか??」

義母「今,眠っちょったみたい。ふと目が覚めたら,電話が落ちちょったからね。戻したところ」




寝てたとかーーー!!(爆)



私 「寝てただけならよかったです。また電話しますね~」



慌ててだんなに大丈夫だったと電話をした。マジでビビった。ビビり過ぎて,思わず部屋にいた長女のところに行って,



私 「おばあちゃんさ,お母さんと電話で話しとる途中で寝とったんよ。倒れたんかと思って,マジでビックリした」

長女「ねぇ・・・お母さんの話ってどんだけ退屈なん?




どんだけ退屈なんでしょう(爆)



私 「一緒に買い物行かん?」

長女「イヤー,寝るほど退屈な話をする人とは一緒に買い物行けんわぁ~。寝てしまうかもしれん

私 「イヤイヤイヤイヤ,大爆笑トークを繰り広げるけぇ行こう!!」

長女「イヤーー,ごめん~。無理!!」




会話が退屈過ぎて,一緒に買い物に行ってもらえない人(爆)



安定剤を飲み始めてから,義母の調子がどんどん悪くなったので,義姉が脳外科に連れて行ってくれることになった。そこで認知症の検査もしてもらい,新たに認知症の進行を遅らせる薬と漢方が処方されたようだ。最近では,幻聴は聞こえるものの,電話の声も元気になって,会話中に眠ることもなくなった。



 
↑義母には薬がキツすぎただけで,決して私の話が退屈だったわけではない。私の得意なもの「爆笑トーク」だから(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
子育て + Trackback(0) + Comment(7) + Page top↑
恵みの雨  
2013/09/01/22:25
今日は,先週の日曜日に雨で順延になった地域清掃の日。今年度は環境の役員に当たっているので,地域清掃では主役中の主役。「ワールド・ウォーZ」で言えば,ブラッド・ピットくらい。地域清掃で何が大変って,掃除が終わった後の作業。少ないもの同士をまとめて,可燃ごみ・不燃ごみ○袋と数えて,余った袋を数えて(←絶対数が合わない),余ったジュースをお店に返品しに行く。これをやりたくないがために,天気予報を何度確認したか知れない。



テレビの天気予報を見て,降水確率100%で大喜びしては,ヤフーの天気予報を見て,雨が降るのは9時頃からになっていて凹んでみたり。



昨日からだんなとの会話は・・・



だんな「明日,中止にならんかのぅ」

私 「雨,降らんかねぇ」




限りなく後ろ向きなヤツ(爆)



今朝,6時くらいに目が覚めた。外は雨が降っている気配はない。携帯のアラームが7時に鳴って目覚めたとき,ちょうどだんなが2階に上がって来た。



私 「土砂降りやろ?」

だんな「掃除,今中止ってメールが来た

私 「マジで?降ってないかと思ったのに」

だんな「さっき降り出した」



OHHHH!!ラッキー!


未だかつて地域清掃が雨で順延になった記憶もあまりないけど,2週続けて雨が降り,結局中止になったというのは初めてかも。



こりゃ,雨女も悪くない(爆)



この後,私は安心して二度寝してしまった。その隙に,だんなが350本のジュースをお店に返品しに行ってくれて,そのまま仕事に行ったようだ。私が起きたときには,全てが終わっていた(笑)リビングの片隅に積み上げてあったジュース。




340本とかに減ってなかったかな(笑)



雨と言えば,明日は雨の予報になっている。末っ子は明日プールの授業があるらしい。さっきからずっと心配している。


末っ子「オレ,25m泳げるかねぇ」


夏休みの間,全く泳ぐ練習をしなかった末っ子。


私 「最後の記録会やけぇ,死ぬ気で泳がんと!1回泳げたんやけぇ泳げるよ」

末っ子「えーーー!ムリ~。途中で立ったらどうしようか」

私 「ちょっとくらい足がついても,『ついてない』フリして乗り切ったら?」

末っ子「足がつかんかったらええん?じゃオレ,ボート使う




水泳の授業・・・ですよね?(笑)



末っ子は恵みの雨を期待しているけど,どうせ順延になるなら早く終わらせた方が早く楽になれる。25m泳げて中学生になるのか,25m泳げないまま中学生になるか,この記録会の1回にかかっている。




 
↑一応『マリオ』に例えると,2面あたりで土管の中に入ったら,一気に4面にワープできた感じ。地域清掃も残すところあと2回!どうせなら8面までワープしたい(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
子育て + Trackback(0) + Comment(5) + Page top↑
+ home +
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。