+MESSAGE FOR YOU+


いつも,拍手とかブログランキングのクリックとかコメントとかいただきまして,本当にありがとうございます!!大爆笑の記事は大いに笑ってクリック,そうでもない日は温かい気持ちでクリックしていただけると幸いです(笑)


* 更新が途切れ途切れでスミマセン。訪問も途切れ途切れでスミマセン。


*主な登場人物*

長女→高2 長男→中3 末っ子→小6
 
スポンサーサイト  
--/--/--/--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 + トラックバック(-) + コメント(-) + Page top↑
得意なもの  
2013/09/09/22:30
世の中の親たちは,子どものよりよい将来を願って,塾へ行かせたり,習い事に行かせたりする。色々とチャレンジしているうちに,何か1つでも得意なものを見つけられたら自信にもなるし,あわよくばそれを将来の職業に活かせるかもしれない。



実は私には,得意なものがない。一般的に専業主婦が得意だと思われている掃除,料理・・・家事はいずれも残念。背は低いし,幼児体型のままおばさん体型に進化してしまったし,子育てをすればブレまくりだし,仕事をすれば病気になるし,本当に生きにくい世の中だ。だからこそ,子どもたちには何か1つくらい自信の持てる何かを見つけて欲しいと思っている。



数日前,末っ子が25m泳げなかったことに対して激怒した私。勉強も運動もいまいちな末っ子なので,水泳くらい努力して人並みに泳げて欲しかった。その夜,さすがに言い過ぎたかなと反省し・・・


私 「ねぇ末っ子?お母さんもね,小学生の頃,何も得意なことがなくてね」

末っ子「ふ~ん,じゃったらオレと同じじゃん

私 「教室でどういうことしとったかわかる?」

末っ子「・・・・・??」

私 「席の端っこの子から1人ずつ,この子は何が得意かなぁって考えたんよ。あの子は足が速いとか,頭がいいとか,絵が上手とか,習字が上手とかね。みんな得意なものがあるのに,お母さんには何もなかったんよ」

末っ子「ふ~ん」


なんでこんなことをしたのかはよく覚えていないけど,おそらく自分よりダメ人間を探すため??


私 「末っ子には得意なものある?」



末っ子「カッコいい!!




自分で言う!!(爆)




末っ子のいいところは,優しくて社交的なところ。優しくて社交的でカッコいい人がつく職業と言えば・・・




ホ○トしか思いつかない(笑)



私 「末っ子って,自分のことカッコいいと思っとるんじゃ~?」

末っ子「冗談だって~~」



確かに末っ子は,小学校低学年くらいまでは,「福山雅治とかウエンツ瑛士に似ている」とか言われたりして,わりとかわいい顔をしていた。でも残念ながら,年齢とともに確実に劣化している。



勉強ができなくても,運動ができなくても,将来がイコール不幸せとは限らない。得意なものがなくても,毎日を元気に笑って過ごせている。それだけで十分。ふとそんな気持ちになることもある。



私 「ナンバ~ワンにならなくてもいい~♪」

末っ子「お母さん,うるさい・・・」



子どもは,親にとってもともと特別なオンリーワンなのだから。でも,優しさと社交性だけでは高校に入れない。我が家の特別なオンリーワンが中卒でニートになりそうだとしたら・・・



やっぱり勉強も運動もできるに越したことはないし,ナンバーワンにもなれるものならなれるに越したことはない。




という結論に達する(爆)




私 「小学校の頃は,得意なことがなかったけど,中学校になってテニス部に入って・・・」



私 「・・・って,ねぇ聞いとる?」



末っ子,すでにゲームに夢中。




とりあえずおめぇは・・・




人の話を最後まで聞け!!(爆)




 
↑子育てだけじゃなく,文章もブレまくりで,わかりにくくてスミマセン。要は「私には得意なものがないから,子どもには得意なものを見つけて欲しい」って1行で済む感じの・・・アレ?(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
スポンサーサイト
子育て + Trackback(0) + Comment(14) + Page top↑
+ home +
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。