+MESSAGE FOR YOU+


いつも,拍手とかブログランキングのクリックとかコメントとかいただきまして,本当にありがとうございます!!大爆笑の記事は大いに笑ってクリック,そうでもない日は温かい気持ちでクリックしていただけると幸いです(笑)


* 更新が途切れ途切れでスミマセン。訪問も途切れ途切れでスミマセン。


*主な登場人物*

長女→高2 長男→中3 末っ子→小6
 
スポンサーサイト  
--/--/--/--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 + トラックバック(-) + コメント(-) + Page top↑
長男の三者懇談  
2013/10/17/20:49
今朝。


私 「長男?懇談,10時15分からよね?」

長男「おぅ。オレ,今日怒られるけぇ



中3で受験生の長男(反抗期)は,2回目の進路希望調査で第1志望の高校のレベルを上げた。成績は下がっているのに,高校のレベルは上げてみるという暴挙に出た。



っつうか,懇談の順番が来たのに,長男が教室に戻って来ねぇ(笑)



長男が来るまで,先生と2人で話すことに。


先生「どうして志望校を変えたんですかね?」

私 「多分,前に第1志望にしていた高校は,サッカー部が坊主と聞いたからだと思います」


長男が教室に入って来た。


先生「今,お母さんとも話しとったんやけど,どうして志望校を変えたん?」

長男「頭のいい高校に行きたくなったからです




・・・という頭の悪そうな答え(爆)



先生「サッカー部が坊主だからというのは?それは違うんか?」

長男「ハイ」

先生「○○(←長男の彼女の名前)の第1志望なんか?」

長男「イエ,違います」



今,聞き捨てならない名前を聞いたような聞かないような(笑)


先生「そういえば先日,マックスバリュの辺りに夏休みの課題テストが破って捨ててありましてね。バラバラになったテストを拾って歩いて,この筆跡誰のかな・・・ってなりまして,調べてみたら長男くんのだったんですよ」



これかーーー!!!(涙)



先生「そういうことは,外でやるな!家の中でやれ!って言ったんですけどね」

私 「ああ!!今朝,『オレ,怒られるけぇ』って言ってたのは,これのことだったんですね・・・?スミマセン」

先生「イエイエ。(長男に向かって)なんやお前!お母さんに何も話してないんか?○○△△(←長男の彼女のフルネーム)のことも言ってないんか?」

私 「それ,長男の彼女の名前ですか?」

先生「そうです」

私 「家ではほとんど何にも話しませんよ。彼女のことも『いない』ってずっと言ってまして,本人からではなく友達のお母さんから聞きました。後,大抵長男の悪い情報は,よそのお母さんから入って来ます。母親の情報網を舐めるなって感じです」

先生「『彼女おるよ』って言えばええじゃん。お母さんは,そんな根掘り葉掘り聞かんだろう?」


長男「イヤ,聞いて来ます!!
私 「イヤ,聞きます



即答(爆)


先生「なんで隠すんか?隠されると付き合っとる相手にも失礼だぞ」



先生は,むしろオープンすぎ(爆)



先生「塾の模試で,第1志望の判定は何だった?」

長男「Cです」

先生「サッカーの試合でも,負けている試合を何度もひっくり返してますからね。最後の頑張りは期待できると思いますよ。これからどれだけ点数を伸ばせるかですね」

私 「サッカーの試合みたいに行くでしょうか?」

先生「そういう力は持ってる子だと思います」

私 「とりあえず,塾に行っているときしか勉強しませんからね~。いつもJ(←サッカー部のイケメン)とつるんで,遊んでばっかりいます」

先生「長男とJは,サッカーの試合では最強のホットラインなんですけどね~」

私 「受験勉強になると,最悪のホットラインですよ」

先生「クラスのみんなの心をキレイにするために美化委員になりますって言って,長男は早朝清掃活動サボるし,Jは挨拶運動サボりますからね」

私 「2人とも最悪じゃないですか・・・」

先生「教室の後ろの棚がよく散らかっているんですが,『わしが棚を片付ければええんだろ?』って睨むと,長男が『オレがやります』って,慌てて走って行って片付けてます(笑)」




どんな美化委員だ(爆)



長男「母さん,今日昼からサッカーやるけぇ」

先生「(超大きな声で)だから,Cなんじゃろ~が!!

私 「(周りをキョロキョロしながら)先生,シーーー!!みんなに聞こえます(笑)」




ダジャレみたいになった(爆)



まぁ結論からすると,レベルアップした第1志望の高校は,そこまで無謀というわけでもないけど,今のままでは絶対無理という感じ。保健体育の先生だけあって,長男のサッカーでの頑張りをすごく評価してくれているのはありがたいけど,勉強が同じように頑張れるかはまた別の話。



長男と一緒に,帰りは車を停めているマックスバリュで買い物をして帰るつもりだった。マックスバリュの横には,運悪くRight-onがある。運悪く長男が,お店の外のハンガーに『2枚で1500円』という七分丈のシャツが並べてあるのを見つけた。


私 「今,給料日前やけぇお金ない」

長男「頼む,頼む!!」

私 「本当にお金ないけぇ勘弁して」

長男「頼む,頼む!!」


店員さんの前で,こんなやり取りを散々して・・・結局,安くなっていた990円のカーデガンも一緒に買わされた。




これは,課題テストをバラバラにして捨てたご褒美なのか?隠し事をしたご褒美なのか?美化委員をサボッたご褒美なのか?第1志望の高校がC判定のご褒美なのか?




褒める要素が1つもねぇわ!!(爆)



 
↑長男,9教科の中で1つだけ『5』があった。何の教科でしょう?答えは明日のこの時間,この場所で(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
スポンサーサイト
子育て + Trackback(0) + Comment(10) + Page top↑
+ home +
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。