2017/09← 12345678910111213141516171819202122232425262728293031→2017/11
 +MESSAGE FOR YOU+


いつも,拍手とかブログランキングのクリックとかコメントとかいただきまして,本当にありがとうございます!!大爆笑の記事は大いに笑ってクリック,そうでもない日は温かい気持ちでクリックしていただけると幸いです(笑)


* 更新が途切れ途切れでスミマセン。訪問も途切れ途切れでスミマセン。


*主な登場人物*

長女→高2 長男→中3 末っ子→小6
 
スポンサーサイト  
--/--/--/--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 + トラックバック(-) + コメント(-) + Page top↑
備北丘陵公園 ~前編~  
2013/05/04/21:43
今日は,だんなの仕事が休みだったので,少し遠出をして遊びに行こうという話になった。尾道ラーメン,ワッフルの旅や松江の旅など,大人目線で色々と考えたけれど,子どもたちはと言うと・・・



長女 美術館や歴史資料館希望

長男 ショッピングモールで買い物希望

末っ子 スポーツ希望




見事にバラバラ(爆)




色々考えた結果,本日入園無料・駐車無料の備北丘陵公園に行ってみることになった。お花の写真を撮ったり,サイクリングを楽しんだり,バドミントン持参すれば広場でも遊べるかなと。長男にはこの時点で「行かない」と拒否られた。



備北丘陵公園に入る前に,まずはお昼ご飯。だんながネットで調べてランキング1位になっていたという『みのり』というお蕎麦屋さんに入った。

20130503-1.jpg

だんな注文「穴子天ぷら蕎麦」


いよいよ備北丘陵公園へ。お昼前に到着すれば,第1駐車場に停められるかと思ったけど甘かった。さすがに無料の日だけあって,ものすごい車と人!!なんとか第2駐車場には停められた。



「きゅうの丘」に向けて歩くこと520m。高2女子と小6男子が「ジャンボ滑り台を滑って来る~」と張り切って滑りに行った。子どもたちが滑り下りて来るところを写真に撮ろうと,だんなが今か今かとカメラを構えて待っていたけど,いつまで経っても滑って来ない。待つこと10分。なんと後ろから・・・



長女「すごい行列だったけぇ諦めた」

私 「あの低い方の滑り台も?」

長女「あれも結構な人が並んどったけぇ無理。高いところからみると,『ウォーリーを探せ』状態・・・




諦めたんかい~!!(笑)




そうこうしているうちに,雨が降り出した。雨の中,長女と2人で花の写真を撮りに行ったけど,傘と言えば小さな日傘しかないし,とにかく寒い,寒い。


20130503-3.jpg
↑アラフォー,携帯で撮影


20130503-2.jpg
↑高2写真部,デジカメで撮影



この後,あまりの寒さに車に戻ることにした。何の達成感もなく,ただただ寒さと疲労感の中,車に乗って助手席から外を見ると,車の真横に男の子が立っていた。その男の子が振り向いた瞬間,窓越しに目が合った。男の子は,泣いていた。



私 「あの子,泣いとるけど・・・迷子かね?」

だんな「さぁ~(すでにシートを倒して寝る態勢)」

私 「ちょっと見て来る」


車を降りて,男の子のところへ。


私 「ボク,どうしたの?」

男の子「ヒック,お父さんとお母さんがいない。ヒック」

私 「ここの駐車場でいなくなった?」

男の子「かき氷を買いに行って・・・いなくなった,ヒック」



話を聞いていると,どうやらかき氷を買いに行く間に待っているように言われて,戻って来ないので動きまわった挙句,両親とはぐれてしまったらしい。



私 「かき氷ってこの駐車場で売っとるん?」

男の子「ううん」

私 「もしかして,芝生のところ??」

男の子「うん」

私 「芝生のところから1人で歩いて来たん?」

男の子「うん・・・かき氷のところにおらんかったけぇ,車のところにおるかと思って」

私 「自分の家の車わかる?」

男の子「わからない・・・」



駐車場まで1人で戻って来たものの,自分の家の車は見つけることができなかったようだ。ものすごい数の車だもんね。とりあえず,芝生のところではぐれたのなら,はぐれた場所に戻ってみるに限る。


私 「かき氷のところに行ってみようか」


2人で「きゅうの丘」まで行ってみることにした。今そこから戻って来たところだけど。おまけに,距離は520m(汗)2人で歩きながら・・・


私 「もしかして,お父さんやお母さんとすれ違うかもしれんけぇ,よく見とってね~」

男の子「僕,4人家族

私 「(聞いてないけど 笑)そうなん~。お父さんとお母さんとボクともう1人は?」

男の子「ゆめちゃん」

私 「妹?」

男の子「そう。ゆめちゃんは,5歳。僕はカープの帽子かぶっとって,ゆめちゃんはピンクの帽子をかぶっとる

私 「(聞いてないけど 笑)ボクは何年生?1年生?」

男の子「ううん,2年生。誕生日は10月4日。じゃけぇまだ7歳やけど

私 「(聞いてないけど 笑)そっか~。よく1人で駐車場まで行けたねぇ~」



さっきまで泣いてた割に,




意外とおしゃべり(爆)




そして,かき氷売り場に着いた。・・・が,お父さんもお母さんもやはりいない。そのまま「きゅうの丘」の遊具の側に「迷子預かり所」が設置されていたのでそこに連れて行った。そこには,おじさんと若い女の子が数人。


私 「スミマセン~。迷子みたいなんですけど」

おじ「ハイハイ。ちょっと名前聞いて」

女子「お名前は?」

男の子「○○○○○○○」

おじ「さっき来た子じゃないか?」

女子「先ほどお母さんが探しに来られました」

おじ「この子2度目か!」



ノートにこの男の子の名前があるのを見つけて,このおじさん勝手に2度目だと勘違い。名前が書かれているのは,お母さんが探しに来られたときに書かれたものなのに。



おじ「ブツブツ・・・子どもは迷子になると気が動転するから,ゆっくり話を聞いて・・・」

私 「ハイ??」

おじ「ブツブツ・・・子どもは何を言っているかわからなくなるから・・・」

私 「ハイ・・・」




なんか私軽く怒られてる?



女子「あ,もう大丈夫ですよ~。ありがとうございました」

私 「では,よろしくお願いします」




駐車場までの520mを今度は1人で戻った。戻っている最中に園内アナウンスが流れた。「迷子のお知らせです。○○からお越しの○○○○○○○くんが・・・」あの男の子の名前だった。





それにしても,予定外の520m×2はキツかった。




いい人のフリは疲れるぜ(爆)




~ To Be Continued ~



 
↑あの男の子,無事お父さんとお母さんとゆめちゃんに会えたかな(笑)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
スポンサーサイト
子育て + Trackback(0) + Comment(2) + Page top↑
← back + home + next →
flowerh
2013.05.05 (00:54) + URLEDIT
こんばんは~

お疲れ様でした。

迷子になった子、
いい車の横にいたものですね(^^)

でも、係りの人、
感じ悪いですね。

探す方、探される方は、
かなり必死なのに。

まだ連休、残っているので、
今度は一日中、
楽しめるといいですね(^^)
おさきち
2013.05.05 (18:07) + URL + EDIT
ゆかピンさん、優し~い♪ 神様は きっと見てますよ☆(笑)










トラックバックURL
→http://pocky1226.blog14.fc2.com/tb.php/850-3298a9f1
+ home +
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。