2017/06← 12345678910111213141516171819202122232425262728293031→2017/08
 +MESSAGE FOR YOU+


いつも,拍手とかブログランキングのクリックとかコメントとかいただきまして,本当にありがとうございます!!大爆笑の記事は大いに笑ってクリック,そうでもない日は温かい気持ちでクリックしていただけると幸いです(笑)


* 更新が途切れ途切れでスミマセン。訪問も途切れ途切れでスミマセン。


*主な登場人物*

長女→高2 長男→中3 末っ子→小6
 
スポンサーサイト  
--/--/--/--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 + トラックバック(-) + コメント(-) + Page top↑
得意なもの  
2013/09/09/22:30
世の中の親たちは,子どものよりよい将来を願って,塾へ行かせたり,習い事に行かせたりする。色々とチャレンジしているうちに,何か1つでも得意なものを見つけられたら自信にもなるし,あわよくばそれを将来の職業に活かせるかもしれない。



実は私には,得意なものがない。一般的に専業主婦が得意だと思われている掃除,料理・・・家事はいずれも残念。背は低いし,幼児体型のままおばさん体型に進化してしまったし,子育てをすればブレまくりだし,仕事をすれば病気になるし,本当に生きにくい世の中だ。だからこそ,子どもたちには何か1つくらい自信の持てる何かを見つけて欲しいと思っている。



数日前,末っ子が25m泳げなかったことに対して激怒した私。勉強も運動もいまいちな末っ子なので,水泳くらい努力して人並みに泳げて欲しかった。その夜,さすがに言い過ぎたかなと反省し・・・


私 「ねぇ末っ子?お母さんもね,小学生の頃,何も得意なことがなくてね」

末っ子「ふ~ん,じゃったらオレと同じじゃん

私 「教室でどういうことしとったかわかる?」

末っ子「・・・・・??」

私 「席の端っこの子から1人ずつ,この子は何が得意かなぁって考えたんよ。あの子は足が速いとか,頭がいいとか,絵が上手とか,習字が上手とかね。みんな得意なものがあるのに,お母さんには何もなかったんよ」

末っ子「ふ~ん」


なんでこんなことをしたのかはよく覚えていないけど,おそらく自分よりダメ人間を探すため??


私 「末っ子には得意なものある?」



末っ子「カッコいい!!




自分で言う!!(爆)




末っ子のいいところは,優しくて社交的なところ。優しくて社交的でカッコいい人がつく職業と言えば・・・




ホ○トしか思いつかない(笑)



私 「末っ子って,自分のことカッコいいと思っとるんじゃ~?」

末っ子「冗談だって~~」



確かに末っ子は,小学校低学年くらいまでは,「福山雅治とかウエンツ瑛士に似ている」とか言われたりして,わりとかわいい顔をしていた。でも残念ながら,年齢とともに確実に劣化している。



勉強ができなくても,運動ができなくても,将来がイコール不幸せとは限らない。得意なものがなくても,毎日を元気に笑って過ごせている。それだけで十分。ふとそんな気持ちになることもある。



私 「ナンバ~ワンにならなくてもいい~♪」

末っ子「お母さん,うるさい・・・」



子どもは,親にとってもともと特別なオンリーワンなのだから。でも,優しさと社交性だけでは高校に入れない。我が家の特別なオンリーワンが中卒でニートになりそうだとしたら・・・



やっぱり勉強も運動もできるに越したことはないし,ナンバーワンにもなれるものならなれるに越したことはない。




という結論に達する(爆)




私 「小学校の頃は,得意なことがなかったけど,中学校になってテニス部に入って・・・」



私 「・・・って,ねぇ聞いとる?」



末っ子,すでにゲームに夢中。




とりあえずおめぇは・・・




人の話を最後まで聞け!!(爆)




 
↑子育てだけじゃなく,文章もブレまくりで,わかりにくくてスミマセン。要は「私には得意なものがないから,子どもには得意なものを見つけて欲しい」って1行で済む感じの・・・アレ?(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
スポンサーサイト
子育て + Trackback(0) + Comment(14) + Page top↑
← back + home + next →
ゴッシー
2013.09.09 (22:57) + URLEDIT
いや~ゆかピンさんはオモシロくていいお母さんですよ!
前に末っ子くんの担任の先生も言ってましたよね!

今日は、ホ〇トに爆笑です!!
末っ子くんが優しくて社交的なのはゆかピンさんに似てるからでしょうね!

クラスのお友達の得意なところを考える。
これって、素敵な作業ですよ!

nikolala
2013.09.09 (23:04) + URLEDIT
ヒトの話を最後まで聞かない。それが男子。末っ子君、正しい男子の道まっしぐらですね(--)

ゆかピンさんは「人を楽しい気持ちさせる」ことに関してはかなりの腕前かと思われますが(^^)
私も料理や掃除は大嫌い~ルルル~(T▽T)
とむ
2013.09.10 (00:08) + URL + EDIT
「元気で嫌がらず、学校に通ってくれればそれでいい。」
「学生の本分は勉強。ちゃんとしろ。」
この2つの思いが交互にやってくる。
確かに、生きててくれりゃいいんだけど、
現実問題、受験も切り抜けてもらわんことには…

うーん、難しい。
たか47
2013.09.10 (00:20) + URLEDIT
ブログ毎日更新は超凄いと思いますよ!しかもランキング1位!
超得意以外の何物でもないっすよ!!!!
meadowsage
2013.09.10 (07:48) + URLEDIT
専業主婦で料理も掃除もがんばってますけれど、
お母さんとして1番大事なことは、家の真ん中にいて、
笑っていることだと聞かされて、落ち込んでます(汗)

ゆかぴんさんの雰囲気は
まさに太陽なような母像です。
実にうらやますいです!
A-TOP
2013.09.10 (09:26) + URLEDIT
初めてコメントいたします。
得意なものは何かが出来る!というものでもないかもしれません。
というのも自分がそうでした。
友人に言われたのは「あなたは人の長所短所をよく見ている」と言われたことがあります。
「●●さんのここがいいよね」って本人に話すと、●●さんは「そんなこと今まで誰にも言われたことなかった!w言われてみたらそうだw」と自分の長所を見つけて喜ぶ人を今までたくさん見ました。
そういうのも得意なこととしてカウントできるかと思いますw
きっと末っ子ちゃんも人の目にはわかりにくい素敵な能力があるかもしれませんよ^^
さとちん
2013.09.10 (09:41) + URL + EDIT
え~、ゆかピンさんは絶対作文得意だったでしょ?
だって毎回ブログ、ぐいぐい読ませてドッカンと笑わせてくれるもん。
すごい才能だ!
きっと3人のうち誰か一人は受け継いでいるにちがいない。
小説家とか放送作家とか芸人にしよう!
ツキノワ
2013.09.10 (10:16) + URLEDIT
クラスの友達の得意なことを考えるってなかなか思いつくことじゃないですよ~。
そういうのがゆかピンさんの才能だと思います。
末っ子君もゆかピンさんゆずりの優しくて社交的な所がいいと思います。
得意なこともいいけど、そのうち心からやりたいことが見つかるかも。
kaochachan
2013.09.10 (13:22) + URL + EDIT
子育てぶれてませんよぉ!!

以前、新聞のコラムに
「好きと得意は違う」
「好きは誰に何を言われても好きなこと。得意は誰かと比べてしまうこと。」
以来、得意でなくてもいい。
自分の好きなものを見つけてくれたら・・と思うように母として努力しています(そうです。まだ努力中です!!)
他の人の得意なことを見つけることができるのは、その人を認めていることだと思うので、小学生にしてはかなり人格者だったのでは・・ゆかピンさん人気者だったでしょ??
あすも
2013.09.10 (13:37) + URL + EDIT
ゆかピンさまの文才が詰まった爪の垢を
一気飲みさせていただきたいのですが(笑)
自分の得意なことって自分では
なかなか見つけにくいものかもしれませんよ!

>優しさと社交性だけでは高校に入れない
・・・コレ、娘が受験生の時にリアルに思いました!
現実ってキビシイですよね(T_T)
asmama
2013.09.10 (14:02) + URL + EDIT
末っ子くん 同じ6年生なムスコと比較しても 長所がありまくりで うらやましく読ませてもらってること多いんですけどぉ

そもそも 社交的なのって すんごい特技ってか長所だと思うし
そもそも まっとうに会話をしてくれてるだけでも 素晴らしいですっ
うちなんて 「ふつう」「べつに」など マジメな話になればなるほど ほしい答えは返ってきませんから。。。


うちのムスコは 勉強もスポーツも 可もなく不可もなくって感じで 社交性もないし さぁ 将来どうしましょ
豚肩ロース
2013.09.10 (14:17) + URL + EDIT
私も全く同じ思いで習い事をさせ、朝から晩まであーじゃこーじゃ言い…自信を持って自慢出来る何かに出会える足掛かりになるんじゃないだろうか?きっかけ探しになるんじゃないだろうか?と日々自分に言い聞かせてます。サッカーやめるし…
お?引きずってる訳じゃないですよ…しかもクソ下手じゃったし…今は何でも?2020年東京オリンピック目指して北島康介になるとか言われて…これまた馬鹿親の私は騙され…応援に行くよ!と真面目に答える始末で。子供には夢や希望を託しますね…。あーあ…
SUN太郎
2013.09.10 (14:53) + URLEDIT
得意なもの!と考えると難しいかも?
そんなに自信持って言える人は居ないでしょう、
むしろ”好きな事”と考えた方が楽しいでしょうね!
下手でも好きな事ならやり遂げれるし!
だんだんと上手になれるでしょう?!
おさきち
2013.09.10 (17:24) + URL + EDIT
なんかスゴく分かる気がします。「得意なモノを見つけてほしい」って気持ち。 私の場合は『胸を張って 頑張っていると言える何かを持ってほしい』でした。多分それはででちゃんが小学生の高学年になったばかりの頃だったと思います。当時ででちゃんの友達の間ではサッカーブームだったようで、友達のほとんどはサッカークラブに所属し、みんなサッカーに夢中でした。私はそんなででちゃんの友達が眩しくて仕方なくて、ででちゃんが何をしても中途半端のような気がしちゃったんですよね~~ で、結局たどり着いたのが「バンド」と「漢検」でした。 どちらも今ではサッパリですけどね(泣) バンドは続けて欲しかったな~ 漢検は「漢字力は今や彼の唯一の自慢」です。でも国語には反映されないんですよ(泣)


とても素直で優しい末っ子くん。自分に合うモノがみつかったらスポンジが水を吸収するようにたくさんのことを一気に吸収しだすかもしれませんよ。大事なことは“その子に合うモノ”だと思います。夢中になれるもの、頑張れるもの … きっと直にみつかりますよ☆

ホ○トも いいかも~(笑)












トラックバックURL
→http://pocky1226.blog14.fc2.com/tb.php/963-7330931c
+ home +
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。