2017/09← 12345678910111213141516171819202122232425262728293031→2017/11
 +MESSAGE FOR YOU+


いつも,拍手とかブログランキングのクリックとかコメントとかいただきまして,本当にありがとうございます!!大爆笑の記事は大いに笑ってクリック,そうでもない日は温かい気持ちでクリックしていただけると幸いです(笑)


* 更新が途切れ途切れでスミマセン。訪問も途切れ途切れでスミマセン。


*主な登場人物*

長女→高2 長男→中3 末っ子→小6
 
スポンサーサイト  
--/--/--/--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 + トラックバック(-) + コメント(-) + Page top↑
楽しいひととき  
2013/11/05/20:09
先週の金曜日,夜7時半過ぎから近くの焼き鳥屋さんで,長男(反抗期)たちサッカー部母による『追っかけお疲れ様会』が行われた。実際,夏の中国大会や市総体で負けた直後は,悔しくて悔しくて愚痴る要素がたくさんあったけど,さすがに2ヶ月以上も経つとそんな気持ちもすっかり冷める。普段から試合の応援に行っていた10名の母たちが集まった。


だいたい,長男(反抗期)の悪事を聞くのは,友達のお母さんからと相場が決まっている。この日も,長男と同じクラスのJ(イケメン)母から早速・・・


J母「子どもたちが『すたみな太郎』に最後の打ち上げ行ったじゃん?あの日,うちの子と長男がシュークリームの投げ合いしたらしいよ



バカヤロウだな・・・


J母「うちの子,夜の12時から手芸しよったんよ。ゾウさん作りよった。長男も何か作りよるって聞いたけど」

私 「ハァ?長男が手芸??やっとるとこ見たことないよ。うちの子はキリンかね?」

J母「多分長男と一緒に作っとるって言っとったと思うけぇ聞いてみて」




長男が手芸,ないわ~(爆)


夏のあの日負けた悔しさも,今となってはすっかり冷めたと思っていたけど,試合の話になるとやっぱり悔しさが蘇って来る。蘇り過ぎてまた火が付いてしまった。




クソ悔しい~~!!!(爆)



そして,受験生の母たちは高校の話へ。選抜Ⅰ(公立高校の推薦)や私立の専願(私立を1つしか受験せず,公立がダメだった場合には必ずそこに行く代わりに,合格のボーダーラインが一般入試より低く設定されるもの)は,長男の成績でも可能であるなら,ぜひともお願いしたいものだが・・・



Y母「校長先生がかなり厳しいらしくて,普段の行いが悪かったり,過去に何か問題を起こしとったりすると,受けさせてもらえんらしいよ。1つ上の学年の子は,私立高校からサッカーの特待生として推薦の話が来て,親もかなり頼んだらしいけど,過去に何かやったらしくて,校長先生がビシッと断ったんて。結局一般で受けて入学したけど,特待生だったら授業料も免除だったのにね」



普段の行いが悪い・・・過去に何か問題・・・



それは,LINEでテスト問題を教えて家庭訪問されたり,美化委員なのに早朝清掃をサボったり,課題テストをバラバラにして捨てたり,シュークリームの投げ合いをしたりとか・・・そういうことだろうか。




心当たりがあり過ぎる(涙)



志を同じくする母たちが集まるとおしゃべりは尽きない。1人21時過ぎに合流した母もいて,結局お開きになったのは深夜0時半を過ぎた頃。こんな夜遊びをしたのは久しぶりだ。


翌日の土曜日は,長女は模試,長男は私立高校のオープンスクール,末っ子は学習発表会。早く寝ないと・・・と思っていた1時半頃,J母からメールが届いた。


J母「今日は楽しかったね!ちなみに長男の手芸は,『ニワトリ』らしい(笑)受験生,何を考えているのやら。遅くにごめんね」




『ニワトリ』って(爆)



で,翌日・・・長男がオープンスクールに出発する前,


私 「ねぇ,Jと一緒に手芸しよるって本当?」

長男「ハァ・・・?」

私 「昨日Jのお母さんに聞いたよ。ニワトリ作ったって本当?見せて~」



最初はしらばっくれようとしていた長男だけど,おもむろにニヤニヤしながら制服のポケットから家の鍵を出した。鍵には長男作の『ニワトリ』が付いていた。



20131105-1.jpg



ギザカワユス(爆)



20131105-2.jpg



背中のオペ痕が痛々しい(爆)



 
↑長男の意外な趣味発見!!イヤイヤイヤイヤ,縫ってないで勉強しようや(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
子育て + Trackback(0) + Comment(5) + Page top↑
目指す場所  
2013/10/30/20:59
長男(反抗期)は,中3で受験生。ちょっと前に塾で受けた模試の結果が返って来た。



長男「英語がクソみたいな点だった



と言っていた英語の点は,なんと!!




衝撃の9点!!(爆)


100点満点で9点て・・・3つしか○がないって・・・偏差値35.3て,こんな低いの初めて見た。クソみたいなんじゃなくて,もはやクソ以下。



長男「でも,1つ前の模試の英語の点はよかったけぇ」

私 「じゃ本番で,今回と同じ問題が出たらどうするん?チーーーンじゃん


長男「チーーーン

末っ子「チーーーン




終わったな(爆)



総評のところに「夏休みに頑張った成果があらわれる頃です(以下省略)」とか書いてあったりして・・・




夏休みに頑張っていない人に,成果があらわれるわけないか(爆)



この間も,長男が部屋にこもって夕飯の時間にも声をかけたけど下りて来ない。22時を過ぎてから下りて来たので,


私 「何?今まで一心不乱に勉強しとったん?」

長男「オレもそのつもりだったんやけど,一心不乱に寝とってビビった~。ベッドで本を読みよったら,いつの間にか寝とった」




ベッドで本て・・・寝る以外の目的が見当たらない(爆)



第1志望の高校のレベルを上げた挙げ句がこのザマだ。公立高校に入って欲しいのは親の都合だけど,「オレは公立も私立も落ちたらどうなるん?」なんていう後ろ向きな発言を聞くと,心の底からガッカリする。



一生懸命頑張った結果,第1志望の高校がダメなら仕方がない。でも,今の長男を見ていると,どうひいき目に見ても頑張っているようには見えないし,落ちるべくして落ちるみたいな。長男の目指す場所はどこにあるんだろう。




その一方で,末っ子と私は無駄にスゴイことを始めた。土日だけでは飽き足らず,平日までスポーツセンターへ卓球をしに行ってたりして。末っ子が学校から帰って来る16時半頃から18時頃まで,火曜日はスポーツセンターがお休みで,木曜日はテニス教室があるので,月・水・金。



末っ子「オレら,世界を目指しとるんかねぇ?



オレらって・・・




私は間に合うかな~(爆)




あんまり頻繁に通っているものだから,スポーツセンターの人に『回数券』や『定期券』の購入を勧められた。回数券は11枚つづりが10回分の値段で買えるというもの。早速購入したのだけど,こういうのって・・・



買った途端に飽きるパターンじゃね?(笑)



今日,受付で回数券を利用してみた。


受付「今日は,何をされますか?」

私 「卓球・・・よね?」

末っ子「えー!!オレ,バドミントンがいい」

私 「卓球で世界を目指すって誓い合ったじゃん!!卓球やろ~,ここは」



受付の人,顔を伏せて大爆笑(爆)



末っ子「でも,オレはバドミントンがしたい」

私 「えー!!バドミントン疲れるって。じゃ,バドミントンで世界目指すん?」

受付「フフフ,今日はバドミントンされて,難しいようでしたら,次回は卓球をされたらどうですか?」

私 「では,バドミントンで・・・」



案の定,卓球の数倍は疲れるバドミントン。汗だくのヘトヘトになって体育館の中心部で大の字になってひっくり返ったとき,ふと隣のコートで4人の中・高校生くらいの男の子たちもバドミントンをやっているのに気付いた。その中の1人が黒いTシャツを着ていて,その背中にはピンクの文字で・・・



私は褒められて伸びるタイプです



と書かれていた。わかるわぁ~,私もそういうタイプだから(笑)



30分も打ち合っていると,末っ子が「疲れた~もう帰ろう」とかふざけたことを言い出した。回数券を購入したので,1回分は無料の計算にはなるけど,30分で帰るなんてもったいない。しかも,思ったように上手く打てなかったようで機嫌も悪くなり,「卓球だったらお母さんに勝てるのに」「やっぱり卓球にしとけばよかった」などとブツブツ言い出す始末。



だからあのとき言ったじゃん!!


黙って18時まで打てやーー!!



末っ子と私の目指す場所はどこにあるんだろう(笑)




 
↑卓球がすごく上手くなったと勝手に思い込んでいたけど,バドミントンをしながら卓球台の方を見ると,ものすごい勢いでラリーをしている年配の人たちがいて,この人たちを差し置いて世界には行けないと気付く(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
子育て + Trackback(0) + Comment(9) + Page top↑
アナログな日々  
2013/10/29/21:31
体調は随分とよくなったものの,やはりパソコンの画面を見ていると,ふと気が遠くなる瞬間がある。そこで最近は,パソコンでブログを読む代わりに読書をしたり,花札や人生ゲームや卓球をして遊ぶようになった。



日曜日の夜,家族で人生ゲーム対決をすることになった。長女だけは頑なに「やりたくない」と拒否ったので,だんなと長男(反抗期)と末っ子と私の4人での対決。ボードゲームなんてホント久しぶりだ。


20131029-1.jpg


だんなの車(コマ)が私と同じマスに止まって追突で1万円とか,あれやこれやと支払いがかさんで,だんなが早々に約束手形を持つ羽目になると・・・



だんな「お前は現実世界だけじゃなくて,ゲームの世界でまでわしの邪魔をするんか~」





どういう意味だ(爆)



我が家にあるのは「人生ゲームEX」なのだけど,ところどころに『しかえし』という恐ろしいマスがある。


20131029-2-1.jpg



自分が止まる分には大歓迎だが・・・もし,自分以外の誰かがこのマスに止まったら,10万ドルを奪われるか,1回休みにされる危険があるという。ただでさえ,仲が良いとは言えない家族なのに,こんな仕打ちをされたらますます・・・




人間関係が悪化する(爆)




この『しかえし』のマスにだんなが止まった。


だんな「(迷わず)母さん,10万ドルちょうだい」




最低(爆)




職業「アイドル」だった私が途中で「今の職業が自分に合っていないと気づく。職業カードを返しフリーターになる」というマスに止まったら,だんなが大爆笑。



20131029-2-2.jpg




だんな「お前,ホント仕事に向いてないんやな~」



その直後,「医者」に転職したばかりのだんなが「職を捨てて旅に出る。フリーターになる」マスに止まった。今度は私が大爆笑。


だんな「散々お前のこと笑ったら,自分がフリーターになってしもうた。神様っておるんやなぁと思った



この後,末っ子までフリーターになって・・・




4人中3人がフリーターという,現実だったら勘弁して欲しい事態に(爆)




いつも思うけど,どうしても納得いかないのが,「隣のよしみで右隣の人と家を交換する」マス。普通,どんなに仲良くなっても,隣の人と家は交換しない。だんな(マンション)と長男(戸建)が,隣のよしみで家を交換していた。



最後の最後のマスで,長男と一緒にバカンスで月に行って25万ドルの支払い。後1つでゴールというところまで来て,なんで月まで行ったかな~(爆)



終わってみれば結構盛り上がって楽しかった。理科の課題を一生懸命やっていた長男を誘った甲斐があった。人生ゲームで遊んだり,卓球で汗を流したり・・・




アナログもなかなか面白い(笑)



 
↑序盤はだんなが借金地獄,私が無実の罪でだんなに仕返しされて,長男が地味に子だくさん,最終的には末っ子が億万長者って,なんか笑える(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
子育て + Trackback(0) + Comment(10) + Page top↑
4時間  
2013/10/28/19:50
日曜日の朝,末っ子がまだ寝ている間にだんなは仕事に出かけた。だんなも卓球に誘う予定だったのに。長女はいつもの場所で,いつものように,まったりすることをこよなく愛しているので誘うだけ無駄。長男(反抗期)は塾なので誘っても無理。・・・っていうか,むしろ受験生を誘ってはいけない。



結局,休日に暇を持て余すのは末っ子と私。



先日卓球に行った際に,昼食や休憩で一旦体育館を出て,再び卓球をする分には別料金がかからないと聞いた。ただし,スポーツセンターの駐車場から出てしまったらアウトだそうな。今までは1時間半くらい遊んだら帰っていたけど,どうせ同じお金を払うならと,この日はパンやおにぎりや飲み物を持参して,1日中卓球をして遊ぶことに決めた。



11時半頃到着。ちょうどスポーツセンターの真ん前にある野球の名門(甲子園の常連)校のグラウンドで,野球ではなくサッカーの試合が行われていた。卓球に飽きたら駐車場から試合観戦もできそうだ。例え長男が出ている試合でなくても,どこの高校が試合をしているのかわからなくても,どちらが勝っているかわからなくても,試合を観ているだけでなんだかワクワクする。



すっかり受付の人に顔を覚えられている末っ子と私。



受付「今日は何をされますか?ミニテニスですか?」

私 「卓球をお願いします」



そして,指定された番号の卓球台へ。試合をしたり,ラリーをしたりすること1時間。



昼休憩。



あまり卓球ばかりしても飽きるので,ここぞとばかりに高校のサッカーの試合を観に行った。が,長男の試合ですら興味が全くなかった末っ子が,黙って試合観戦に付き合ってくれるはずもなく・・・



末っ子「ちょっと,早くして~」

末っ子「卓球せんなら帰ろうや~」

末っ子「緑(ユニフォーム)の方がシュートしたら卓球しに行こう」



と,散々持参したお菓子を食うだけ食って,飲むだけ飲んだ挙げ句に言うから腹立つ。



再び,受付でレシートを見せて卓球台へ。途中で軽く休憩を入れながら2時間。すでに15時半になっていた。





4時間経過(爆)



このくらい続けて打ち合っていると,最初の頃は取れなくて当たり前だった球も,「ソレ,拾っちゃう!?」っていうくらい上手になっている自分たちがいた。そして上手になっていくにつれて痛くなって来るのが・・・




足の裏(爆)



相変わらず,普段着に裸足で罵り合いながら打ち合っている母子。上手くなっているとは言っても,結局は打ち方も自己流,ルールも自己流で,どこまで行っても素人の域を出ない。でも,ひょっとしたら素人の上の方にはいるかも。



ずっと,末っ子に付き合って卓球で遊んであげていると思っていたけど,今となっては私の方が末っ子様に遊んでいただいているのかもしれない。全然勝てないわけではないけど,もう5回に1回くらいしか勝てなくなった。




子どもの成長は嬉しいけど,それ以上にめちゃめちゃ悔しい(爆)



それにしても,足の裏がヒリヒリ,ヒリヒリして痛い。家の中を移動するのにも苦労する。試しにだんなに・・・


私 「今年はサンタさんに,体育館シューズをお願いしようかな~」

だんな「わかった」



ちょっと待ったーーー!!そんなに簡単にOKが出ると思わなかった。




やっぱりもっといいものにする!!(爆)



 
↑もうなんか更新も途切れ途切れで・・・全然ブログ訪問もできてなくてスミマセン。卓球でムキになっている時間だけは,老後の不安も同居の恐怖も忘れられる(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
子育て + Trackback(0) + Comment(5) + Page top↑
それぞれの土曜日  
2013/10/26/22:01
だんなが朝から仕事に行ってしまったので,末っ子と2人でスポーツセンターに行くことにした。最近はホント,近くのマクバ,コスモス,公民館,そしてスポーツセンターしか行っていない気がする。



行動範囲,狭すぎ(爆)


10時半頃からスポーツセンターに行くと,ここのところハマっているミニテニスは,待たないとできないようだったので,久しぶりに卓球をすることにした。



ラケットとボールを借りて,指定された番号の卓球台の前に来て,2人が最初にやることは「靴下を脱ぐこと」。出かける前,末っ子は寒かったようで,靴下を2枚重ねて履いて来たと言っていた。これだけ通っているのに,相変わらず普段着に裸足。



もうね・・・



本気を出しても,全然末っ子に勝てなくなってしまった



途中で自分の調子が悪くなると,ものすごく機嫌が悪くなる末っ子。急にやる気がなくなって,投げやりな打ち方をするもんだから,余計に失敗してテンションも下がるっていう悪循環。一昔前だったら,その態度に逆上して,「速攻帰る」を選択した私だけど,最近はちょっと大人になって,末っ子の機嫌が直るのを気長に待てるようになった。



卓球はやっている人が少なく,お昼前になると急激に卓球台が空き出した。ちょうど壁側から3つ目の8番の台だったのだけど,普通に打つのに飽きて来たので,末っ子が打ったボールを隣の9番の台に打って,次は10番の台に打って,また9番の台に打って,(色んな台を使ってラリーをしながら)8番の台まで戻って来るという大胆かつ意味不明なゲームをした。



単純な末っ子は,大喜び(爆)



卓球は台のあちらとこちらで普通に打ち合っている分には移動距離が少ないのであまり疲れない。でも,このゲームだと台3つ分を行ったり来たりして走り回るようになるので,なかなかハードで汗だくになって来た。



人が多いときは絶対やっちゃダメなヤツ(爆)



12時半くらいまで遊んで,帰りに買い物をしていると,2枚履いていたうちの1枚の靴下をポケットに忍ばせていた末っ子。何かある度に,ポケットから靴下を出して,


末っ子「コレでも食らえ~!


とか言って,靴下(使用済み)を私の鼻にくっつけて来る。


私 「うわーー!!今,ちょうど息吸ってしもーたじゃん!!

末っ子「コレ,オレの足に直接履いとった方のヤツ」



生命の危険を感じる瞬間(爆)



ちょうどその頃,長女はお気に入りのロフトベッドの上でスヤスヤと眠っていたらしい。愛犬のポッキー(ぬいぐるみ)を横に置いて,お気に入りの綿毛布に包まれて,長女が一番好きな時間を過ごしていたようだ。



テレビを観たり,借りて来た本を読んだり,お菓子を食べたりして過ごした午後3時過ぎ。


私 「もう1回卓球する?」

末っ子「行く行く~!!」



末っ子はすぐに食いついて来る(爆)



3時半頃,再びスポーツセンターに行って,今度はバドミントンかミニテニスをしようかとも思っていたけど,人がすごく増えていて待たずにできるのは卓球だけだった。受付でお金を払おうとすると・・・


受付「午前中にも来られてましたよね?」

私 「ハイ」

受付「レシートがあれば,お金いただかなくて大丈夫ですよ~」

私 「そうなんですか?(バッグの中を探る)ああ,レシート捨ててしまったかも。1回家に帰って来たので」

受付「1回帰られるとダメなんですよ~」



キャッ!!そうなの~?


受付「こちらでお昼を食べられたり,休憩されたりしながら,1日中遊ばれるのはOKなんですよ~」


結局,今日1日で410円×2回分払うことになってしまった。なんだかこういう話を聞いてしまうと,もったいない感が否めないけど,せっかく来たので1時間半くらい遊んで帰った。



末っ子と2度目の卓球を楽しんでいた頃,長男(反抗期)はサッカー部の友達4人と一緒に,フットサルの試合に出場していた。卓球から帰ってみると,すでに長男は家に帰って来ていた。今日は2試合あって,両方とも勝つと明日も試合に出られるとか言っていたが・・・


私 「試合,どうだった?」

長男「まず1試合目ね,社会人チームと対戦やったんやけど,まさかの相手チームが来んで不戦勝



・・・・・(爆)


長男「で,練習試合で審判チームと試合したら,5-1(長男2得点)で勝った」

私 「2試合目は?」

長男「相手が大学生チームで7-2(長男1得点)で負けた」

私 「明日は応援に行こうと思ったのに残念~」

長男「最近,全然走ってなかったじゃん?途中でぶち疲れて吐くかと思った」



この前,「夜練(サッカー)とか夜走りに行くのは1時間まで」と制限したら,「それじゃ意味がない」とか言って急に行かなくなった。そして,受験生とは思えない迷言を一言。


長男「オレ,夜練とか走りに行かんでも,結局勉強してないけぇ,ただ睡眠時間が増えただけ



偉そうに言うてる場合か!(爆)



長男,夜は塾。7時15分に友達と待ち合わせをしていて,7時から宿題の数学プリントを解き始めるっていう。



もはや・・・突っ込む言葉が見つからない(爆)



 
↑フットサルの試合で,同じ区内の中学校のサッカー部3年生も見かけたとか。受験生,勉強しろや~(爆)2クリック,いつも応援ありがとうございます♪
子育て + Trackback(0) + Comment(4) + Page top↑
← back + home + next →
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。